カテゴリー(平和•文化.芸術)

児童文学作家の漆原智良先生作「三月の空を見上げて」の紹介文を読ませて頂くだけでも、熱い想いが伝わって来ます。

52436995_1531365963674808_4446316080880680960_n

こんにちは

46855642_1458511787626893_5252193318753796096_n-1
お花の中で踊っている女性の絵、素敵ですよね。
何で出来ているといると思いますか?
実は押し花なんですよ〜!
本物のお花なんです。世界大会で入選された方の作品を見せて頂き、魅了されました。押し花の先生の人生ドラマも、まるで小説のように、時を忘れて聴き入ってしまいました。

46388982_1452289988249073_8954832775790198784_n朝の9時から、チューリップの球根を植えるボランティアを。短い時間でも一生懸命取り組んで、良い汗を。

10時市民相談への対応、

14時から市民パトロール隊員の研修会へ。パトロール隊員としての心得など勉強になりました。

16時から、キルギス共和国の男子柔道チームの皆様が現在羽村市に事前キャンプの誘致でお見えになっています。
本日は、その歓迎セレモニーが開催されました。

46489428_1452290048249067_2954164581628379136_n

46482007_1452290074915731_8859299917009518592_n歓迎ダンスが披露されたり、歌手の三田りょうさんへ羽村市とキルギス共和国の友好親善ボランティア大使として委嘱状が手渡されました。

その後の歌の披露は、1番はロシア語で2番を日本語で。

46457921_1452290108249061_648180740437049344_n

とても素敵な歌で、キルギス共和国にも親しみを感じました。今後も今回のご縁を大切に、選手の皆様のご活躍を祈ります。

多くの皆様から、本日誕生日のメッセージを頂きました。大変ありがとうございました。

45043791_1437624549715617_6502777418984456192_n午前中は、羽村西小学校にて、きらりコンサートが開催されました。4年生、5年生は、リコーダーで、透き通った音色、きびきびした動き、都道府県が全て出てくる珍しい合唱。

6年生は、小学校最後ということで、一生懸命練習している様子が伝わってきました。

どの学年も退場する際、前を見ながら手を振って退場。どれも感動しました❗️

ゆとろぎでは、文化祭の第三期を迎え、陶芸、華道、刺繍、デジカメ写真など、様々な44857175_1437068816437857_2943605297156980736_n文化に触れて花の高貴な香りとともに、心が何とも言えず豊かさを感じました。44762087_1437068789771193_3994132457849880576_n

夜は文化祭特別企画の映画「クボ 二本の弦の秘密」を鑑賞。豊かな発想、人形のような顔なのに豊かな表情、楽しませて頂きました❗️

44643389_1433866256758113_3102771455092326400_n昨日土曜日は、母の様々な手続きで、人にお会いし、介護施設へ伺ったり。
また、マミーショッピングセンター商店会では、ハロウィン フェスタが開催され、コンサートやマジックショーが行われていました。
多くの人で賑わっていて、私も野菜など沢山買い物をしました。
44602315_1433866283424777_2934453185705672704_n
 
44641832_1433866353424770_4966373334083174400_n日曜日午前中は 福祉センターにて「ふれあい福祉まつり」のオープニングに参加。
その後、我が家での会合、そして再び友人と福祉まつりで、お昼を共に。
14時から第49回市文化祭文化講演 「羽村市民の健康寿命延伸を願って」と題し、膵臓専門外科医 跡見裕先生より
−人生100歳時代に送るメッセージ– のお話は、会場が満席で、皆さんの関心の高さを感じました。
44772682_1433866373424768_209138750964367360_n
 
日本は長寿国といっても、寝たきり状態が平均女性は12年、男性9年では、喜んでばかりもいられません。如何に健康寿命を延ばすのか。予防の大切さや、1人1人の取り組みや努力も重要であることなど実感しました!

本日午前中は、平和の文化フォーラムへ。
感動的な内容でした。

午後から、夜の会合のための書類作成、印刷等事務仕事を。
夜は我が家で会合を持たせて頂きました。

====

43400880_1422462321231840_8378742176653246464_n昨日の5日は「第49回羽村市文化祭」の開会式・オープニングパーティーへ。

文化祭の期間は11月3日まで開催されます。展示、ホール発表、体験教室、特別企画などが沢山予定されています。

開会式では、羽村市の中学校3年生の学生さんが、素敵な音色のクラシックギター演奏を披露してくれました。43354638_1422462351231837_9083466973290954752_n
彼女は過去に全国大会小学生の部で優勝。小中高大の学生の部の全国大会でも優勝の、未来が楽しみな経歴の持ち主です。今後のご活躍をお祈り致します。

オープニングパーティに参加された皆様との交流も楽しかったです。

文化祭の期間を多くの才能が開花し、多くの交流があり、沢山の文化芸術を楽しんで頂く機会となりますよう願っております。

 

29541781_1251670014977739_2388721484072027731_n今日はオーストリア・リンツ市にお住まいで、世界中でご活躍されているピアニストの

滑川真希さんとデニス・ラッセル・ディビス氏御夫妻のピアノ演奏が那須塩原市で開催され、妹と足を運ばせて頂きました。

29793055_1251670338311040_7863632356421387643_n

29571346_1251670038311070_2879556038456482680_nこれは那須塩原市とリンツ市の姉妹都市文化事業で、羽村市にお住まいの真希さんのお母様よりご招待を頂きました。

また、この事業は東京2020オリンピック・パラリンピック事前キャンプ地誘致の取り組みの「ホストタウン交流事業」の一環としても実施されました。

主催者の那須塩原市の教育委員会、英語の先生や関係者の皆様、市議の方ともご挨拶を。

会場で同市の市長さんのご挨拶とリンツ市の市長さんからのメッセージ紹介もありました。

真希さんのご主人様は世界的指揮者としても有名な方ですが、今回はご夫妻で同じピアノの連打。呼吸がピッタリ。

29541538_1251670084977732_2726328358156906666_n

お二人の生のピアノ演奏を聴かせて頂き、その音の軽やかさ、ピアノの音でお月さまの形が頭に浮かぶなんて初めての経験で感動しました。

26219484_1251670118311062_4226082202059586657_n繊細でダイナミックで、お話も明るく朗らかで、リンツ市で那須塩原の中学生とのたまたまの出会いから

ご夫妻がこの事業に関わることになられたお話、ご主人は現在日本語を勉強中であることなど楽しいお話も。

妹共々堪能して新幹線にて帰宅。終電となりました。

大変お世話になり、ありがとうございました。

====

それにしても、那須塩原市の中学生代表がクラスで1名づつ、計36名の生徒が、毎年リンツ市へ姉妹交流され、ホームスティを10日間、事前学習も10回ほど重ねて参加されるとのこと。また、リンツ市の生徒さんの受け入れも。

何と羨ましいことでしょうか。メンバーに選ばれて参加される生徒さんは人生観を変える機会となることでしょう。

28379028_1233512956793445_8379745957770171956_n本日で3日間の一般質問は終わりました。そのまま夕方から開催された羽村市防災協会50周年記念コンサートへ。

28379011_1233513010126773_2612968088032083808_n

海上自衛隊東京音楽隊の皆様の素敵な演奏と海上自衛隊の歌姫、三宅ゆかりさんの独唱「Let it Go 」ありのままにや、山口百恵さんの「いい日旅立ち」など。会場に響きわたる素晴らしい歌唱力は圧巻❗️

28576010_1233512986793442_5949095123084221731_n聞き惚れました(o^^o)
最後は羽村一中、二中の吹奏楽部の皆さんと音楽隊の皆様とのコラボ演奏、素晴らしかったです❗️

(東京くらし防災、市役所では1階社会福祉課、2階の防災安全課、3階の広報広聴課で扱っています。)

23316452_1162262963918445_3934117213896743076_n-1昨日のテーマで、引き続き2日目のパネルディスカッション5名の方からスタートです。

.
各市長さんや民間の方の取り組みや事業などの発表は、今何が必要なのかとても刺激を頂きます。

23316428_1162262987251776_1201830261417082497_n-1

昨日のお昼休みは、「小学生から高校生までの沖縄の踊り」も披露され、音楽の良さとキビキビした踊りの素晴らしさに心を打たれ感動で涙しました。

その振り付けをされたのが、本日の5名のパネリストの中のお一人平田大一氏。その方をよくご存じの方より「沖縄の芸術を代表する人物」とのこと。

その平田氏に県庁から指名され行われたのが、思いきった行政改革。

2010年11月、当時の仲井真知事の公約が「文化観光スポーツ部」の創設。

それまであった「観光商工部」と「文化環境部」を解体し、新たな部局を創設するにあたり、その要職である新部長に民間人の当時42歳の平田氏が大抜擢されました。

2年間の改革への奮闘ぶりは凄まじく、5時起床、7時過ぎに登庁。「最も話を聞きたい部長ナンバーワン!」「行動する部長!」「沖縄県の文化行政の広告宣伝塔になる!」との明確な目標を掲げ、

2017年文化庁が目指している「文化の予算を総予算の1%に」との数値をほぼ達成され、その基礎を作り大改革を実現されました。体重は2年間で13kg痩せられたとのこと。23380423_1163290903815651_8876759142731695524_n

舞台作りを県行政に変えると、

① 台本(ストーリー)計画作り(プランニング)

 配役を決める→人事(良くなるという期待が持てる人事)

 どのくらいの規模の舞台かを決める→予算(どのくらい付けるのか本気度が表れる)

23380335_1162262937251781_3973495204472356752_n-1「感動県立おきなわ!」を標榜され、全てに感動できる文化、芸術、産業を目指されているなどとても勉強になり、

沖縄の文化芸術に触れるたびに心を打たれ、涙が溢れてくる理由が分かりました。

平田大一氏作詞の沖縄県民の誰もがご存知の歌、素敵です!!

(これも平田さんをよくご存知の知人からの情報です)

「ダイナミック琉球」

他のパネリストの民間の(株)能作さんの観光産業への取り組みやNPO法人、福井県勝山市長、静岡県島田市長などの取り組みも大変素晴らしく、

変えるのは行政だけでなく、市民も企業も多様な団体なども、それぞれが主体となって一緒に楽しみながら地域とつながる取り組みで、全体が潤う社会とすることが大切であること等を学んだ2日間でした。

補助金のあり方、それぞれの地域性を発揮できる予算配分の大切さなども考えさせられました。

====

全ての日程を終えて、夜羽田に到着。

沖縄を経つ直前、知人のご紹介のお店のジェラートを頂いた夏陽気から、真冬のように感じられる東京・羽村に戻ったのは、夜10半過ぎ。

さあ、この寒さに順応して、明日から課題に向けて更に頑張ります。

本日の公明新聞に、羽村市公明党の記事を掲載して頂きました。

22814171_1155327894611952_1641351139812981525_n2

22853253_1155327814611960_7943132506667129692_n午前中は羽村第一中学校で公開授業、体育館では道徳授業の講座では、生徒さんも保護者の方も涙を。

午後はゆとろぎにて文化祭たけなわ。

23031381_1155327817945293_1232654219221228096_n

22814097_1155327821278626_1375684978731293497_n

 

踊りの発表や花道の作品展など。

今日は、電話やお手紙で市民相談を3件頂き、暗くなるまで走り回りました。

市の問題、都の問題など。解決に向け全力で。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保