Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘学校給食’ Category

なの花学校給食センター 等視察、羽村市文化祭オープニング

22310144_1142721325872609_7645830652605636696_n今日は、埼玉県ふじみ野市にある「なの花学校給食センター」と「あおぞら学校給食センター」へ視察させて頂きました。
施設が新しくとても綺麗です。

アレルギー対策も万全です。

試食で給食が何と美味しいことでしょうか?22196261_1142496469228428_1158613130589260713_n
カレイの揚げ物が、骨までバリバリ。専用のスチームが使用されています。(羽村市では、骨なしの魚が使用されています)骨ありは、カルシュームが取れますので、大切ですね。

なの花給食センターでは、様々なエコ対策なども行われていました。

22228079_1142496525895089_2039976221102201955_nまた、PFI方式での建設です。築41年で建て替えれています。

(羽村・瑞穂地区の給食センターは築47年ですが、耐震化が図られていて、築60年までは使用可能との事ですが、参考にさせて頂きます)

置いてある小学生の文集に「給食がとてもおいしくて、一番の楽しみです。気持ちが落ち込んでいても元気になります。」との一文に心が温まりました。

視察を受け入れて下さり、大変お世話になりありがとうございました。

====

22228555_1142644905880251_5477816789865857305_n夕方からゆとろぎにて、羽村市文化祭のオープニングへ。式典では、ファンファーレを3中吹奏楽部の皆様が演奏で盛り上げて下さいました! 

その後の懇親会では、歌あり踊りありの賑やかさでした。

22221478_1142644885880253_4566783804824945433_n

これから始まる文化祭の内容の濃さ。プロの方と市民の共同ミュージカル「椿姫」等、羽村市って素晴らしいなぁと実感する式典でした。多くの方との交流に感謝です

羽村瑞穂地区学校給食組合議会の 臨時議会

今日は羽村瑞穂地区学校給食組合議会の臨時議会が開催され、人事案件について審議されました。
また、これまで学校給食にはビンの牛乳を出されていましたが、来年4月から紙パックの牛乳に移行の準備中との事です。

以前の給食の試食の際の写真

以前の給食の試食の際の写真

紙パックでは、割れる危険が無くなり、重さもビンが440gが紙パックでは、220gと半減に。また、以前もビンの匂いが気になるとの声も伺っておりました。

紙パックの完全リサイクルが可能となったとの情報も。以前、給食の試食をさせて頂きましたが、見た目も悪くなく、見た目以上に美味しかったことを思い出しました。

====

終了後、2時半過ぎから暗くなるまで、お見舞いへ2軒伺わせて頂き、その他、数名の方とじっくりと懇談させて頂きました。

本日お会いした方との対話の中で、記憶力が良すぎることも「忘れたくても忘れられない辛さに繋がる」ということを実感しました。

私は、すぐに気持ちを切り替えるようにしています。自分自身をコントロールすることが一番難しいのかも知れません。

<エコキャップの回収のお願い>

今日は晴天のもとラジオ体操に父を誘って。

毎日365日、ラジオ体操を続けて指導して下さっている

Aさんがおられるからこそ。

その姿勢の良さは、とても○○代には見えません。

36年間、毎日続けて来られたその結果ですね。

感謝です!

.

午後からは公明新聞の取材学校給食費の未納問題

ついてのヒアリングを行わせて頂きました。

先生方のご努力も見えてまいりました。

関係者の皆様には大変お世話になりました。

.

夜はエコキャップのことである方と話し合いなど。

様々な課題に向き合い良い方向へ改善して行きたいと感じた1日でした。


<エコキャップの回収のお願い>

.

H19年6月に市役所に回収場所の設置。

(H18年12月議会質問)

同時にボランティアの結成。

ペットボトルのキャップの回収をボランティアの皆様が

行って下さって間もなく7年になります。

市内業者の方の申し出により、キャップの置き場の提供。

ボランティアのメンバーにより、市役所に一杯になると

市内の置き場に運ばれています。

そこに回収に来て下さるトラックの業者は現在3代目です。

,

学校など団体の方は市内にキャップの置き場ができたことで

複数の団体の回収が進んでいます。

(市役所のボックスにペットボトルのキャップを皆さんに入れて頂く→回収して置き場へ→運送会社が置き場から回収→JCVへ)

一つ一つの工程は全てボランティアで成り立っています。

.

最終的にエコキャップ推進協会で回収され、現金化され

JCV(NPO法人世界の子どもにワクチンを 日本委員会)

に寄付。発展途上国の子ども達のワクチンなどに。

.

H23年の東日本大震災の時は、JCVより

宮城県、岩手県、福島県、茨城県に義援金として

各1千万円が寄付されています。

羽村市役所に入れて下さるキャップのお陰で

その連携の作業で4千人近くの子ども達のポリオなどのワクチンに

なっています。

是非、エコキャップの回収にご協力を宜しくお願い致します。

回収場所: 羽村市役所 玄関横

セブンイレブン 栄町店



羽村•瑞穂地区学校給食組合議会での質問 その1

2つの議会のうち、1つの議会が本日終りました。
「羽村•瑞穂地区学校給食組合議会」での質問 その1
1.牛乳の残渣(食べ残し)について

牛乳は、給食が終って残ったものは、規則で持ち帰りが出来ず、
給食センターでその日のうちに処分されています。
その数なんと、1年間で小学校では21,128本、
中学校では82,871本も。

体質にあわない生徒は、届け出を出すことで断ることができます。
それでも、これだけの数を処分されているということは
アンケートをとって、なぜ飲まないのか知る事で、
様々な解決策を見いだせるのではないかとの視点。

学校給食の新メニュー「キャベツぎょうざ」

持ち帰れないし、その日に回収されるのであれば、
各学校に保令庫が設置してあり、朝7時〜納入されているので、
給食の時間だけでなく、朝食を食べて来なかった児童にも
朝からお昼までの間に飲めるようにしてはどうかとの視点。

給食の時間を5分伸ばした学校の様子を伺うと、
確実に食べ残しは減っているということであり、
それを取り組んではとの質問には

「それは学校長の判断なので、この場でやるということは
云えないが、持ち帰って伝える」と教育長答弁。

もちろん処理されることは環境にもよくありません。
その点は時間無くその場での議論はできませんでしたが、
終了後、啓発等要望を。

また、地産地消の給食の新たなメニュー
「キャベツぎょうざ」が誕生し、試食させて頂きました。
とっても美味しかった〜です。

H25年第3回 羽村•瑞穂地区学校給食組合議会が開催

今日は朝から夜まで、議会の合間も学習会や、
ふるさと祭りの懇親会等予定がびっしりで、走らせて頂きました。

午後からH25年第3回 羽村•瑞穂地区学校給食組合議会が開催
されました。
羽村と瑞穂の二つの自治体で一部事務組合として設けている
給食センターは東京都ではここだけです。
各自治体から3人づつ6人の議員で構成。

本日の議会は、一般質問の他、決算の認定など7つの議案審議し、
可決されました。

一般質問では、1人でしたが、50分通告。最後の1分
まで質問を。

1.学校給食に有機野菜の導入を
2.食べ残しを減らす取組み
…を質問。初めての答弁を頂きました。

それは、
「現在委託業者により堆肥化された肥料については、
特に配布してまいりませんでしたが、学校や幼稚園•保育園などのほか

両市町の庁舎、公園等公共施設などでも活用して頂くよう働きかけていく」

との答弁。

「各学校菜園などに給食の野菜くず等から作った堆肥を活用し、
有機栽培の野菜を作れるよう連携を図り、出来たものを
給食に取り入れ、食の循環を学ぶ機会を。」に対する答えでした。

農薬使用が、世界のなかで飛び抜けて高い日本の現実。
洗っても落ちない新農薬が日本で広く使用されている現実も。

ミツバチが日本の各地で減少している要因に、
この新農薬の影響(脳の神経を狂わす、または発達障害など)の可能性も指摘され、
それは、すでに人間にも影響が…

そこで、給食に有機栽培の野菜等の導入を提案。
でも、簡単なことではありません。

そのなかで、「添加物の入ったもの、
遺伝子組み換え食品は使用していない」
「農薬を減らして作られた野菜を活用している」

という答弁等には、子ども達への配慮を感じました。

更に少しでも、安全な給食が前進するよう今後も取り組んでまいります。

給食組合議会の通告と 運動教室

今日は、羽村•瑞穂地区給食組合議会の通告書の締め切り日。朝提出し、ひとまずほっと。…議会質問、もしかしたら私一人でしょうか。

午後から、スポーツセンターでの運動教室へ。


今回2回目の参加です。前回は時間が無く半分参加。

今回は、前半は、骨密度についての講義。

半分は運動でした。

ストレッチのような軽い運動ですが、これが効くのです。

油断すると後から筋肉痛が出るのです。
日頃の運動不足の解消に。

あと6回頑張ります。それ以外は夜まで通信配り

今日はよく歩きました。

「特定秘密保護法案」へのご意見

今日は会派での12月議会に向けての取組み等、

具体的に話し合いをさせて頂き、

より多くの課題や市民の方の声を反映できるよう

対策を練らせて頂いたところです。


私は瑞穂羽村学校給食組合議会の議員も兼ねており、

その学校給食組合議会の通告書の提出が、明日8日までが

締め切りとなっております。

その準備にも、追われた1日となりました。

有名ホテルやデパート等食材の嘘が発覚し

食の安全が問われる今、

学校の給食への質問をしっかり提出していきたいと思います。

===

昨日、市民の方より「特定秘密保護法案」についての

問い合わせを頂き、公明党の取組みについて

資料をお届けさせて頂きました。


テレビ報道により、多くの方がご心配されていることを感じます。

公明党は、知る権利 報道の自由を守る対策運用基準指定期間

具体的に提案させて頂き、政府も修正に応じています。


昨日の報道でも、

個人情報が漏れて殺人事件に発展した事件が報道されていました。

今回の法案は「国の存続に重要な内容」と限られていますが、

職務上知り得た情報をもらしただけでも

殺人事件に発展する怖さを実感しました。


その対策は大変重要であり、

実際に国民の利益が損なわれないような

全体感に立った対策となっていくのか

最後までしっかりと監視が必要だと思います。

===

本日父は横浜へ兄弟会に。

兄弟5人(7名中)が存命で兄弟が多いということは

年を重ねるごとにいいことだと実感しています。