Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘地球温暖化防止’ Category

「循環型社会に向けての効率的なエネルギー利用」について

本日は
「循環型社会に向けての効率的なエネルギー利用」について
「映写」と参加者での議論が消費者センターにて開催されました。
.
映写については…
地球の温度が1度上がると砂漠が増え、何十倍も砂嵐しが起こる。

過去100年で水が最低の量で、アメリカで水不足が起こ
り、動物は住めなくなって来ている。
今グリーンランドの氷が急速に溶け出している現状
.
温度が2度上がると
微妙な生態系のバランスが崩れ、
地球に劇的変化が起こる。海に沈む地域が増え、
珊瑚礁の減、珊瑚礁が無くなると、生きていける生物が
いなくなる。珊瑚は大量の二酸化炭素を吸収するので、
二酸化炭素が増え、酸性度が上がる。
.
あらゆる物が生きていけなくなる。
海の微生物がいなくなる。自然界が機能しなくなる。
温暖化が暴走していく…という内容でした。

過去100年前からの気温上昇は0.74度とのこと
ですが、近年の巨大台風洪水、竜巻、記録的暑さ、記録的大雪、
大雨など今までに経験したことがないほどの災害が
多発していることを思うと、2度上昇という事態が
どれほどのものかは、想像に難くないと思います。

本年3月横浜で開かれたIPCCの総会で、
「100年後の気温上昇を2度以下に抑えられる可能性は辛うじて残っている」と極めて厳しい声明が出されています。

現在4度上昇のシナリオをひた走っているとのこと。

そんななかで、デンマークはオイルショック当時エネルギー自給率2%だったものを、
現在100%を超えるまでになり、2050年には化石燃料から脱却する目標を掲げています。
.
(早田宏徳/著)
.
日本の森資源、森林面積は40年間同じ。その上、木々は太り森林蓄積量は2.3倍。植林したスギ、ヒノキがしっかり育っているのに伐採されるのは、たったの0.5%。もっと森を活用していこう。

緑の募金 1000円以上の寄付者にバッチを

なるべく電気を使わず、暖房にペレットやチップの活用を。

という方向での消費者問題連絡会の皆さま中心の話し合いでした。

森が新たな若者の雇用に繋がっていくといいなと思います。
東京都は地球温暖化を防ぐ1000円以上の「緑の募金」をした方には、写真のバッチが頂けます。産業環境部へ

国際展示場と 放課後こども教室開室

今朝、国際見本市に 行こうとしている時のことです。

「こちらは三菱商事株式会社、営業2部の吉澤です」と。元の勤務先であり、吉澤さんは確かにおられましたので、挨拶を。


すると「キッコーマンの債権をお持ちの羽村市の方に限定で連絡させて頂いています」 怪しい!! と思った私は「本当に三菱商事ですか?」と確認。

「はい営業二部の吉澤です。もし債権がなければ結構です。」と電話を切られました。

私には、疑われたので早々に切ったのだと思います が、相手によっては話しがどんどん変わって行く可能性が有ると思いました。

三菱商事には、そんな部署もありませんし、個人のお宅に連絡することもありません。消費生活センターには連絡を。皆さま、お気をつけて下さい。すっかり、出足が遅れて出発。

===

さて、国際見本市では「スマートコミュニティJapan 2014」
が行われ、未来の電気.ガス.水道、下水などのインフラや

住宅の電力がどうなるのか、また、機能的野菜などを学びに。
我が街のスマート化をどのように推進していけばいいのか模索を。

3時45分からの武蔵野小学校の放課後こども教室「武蔵野小はむらっこ広場」開室式が行われました。

朝の出足が遅れた分、開室式には間に合いませんでしたが、

元気に遊ぶ100名近くの子ども達の姿を拝見。金曜日週1回開催されます。

その後も市民相談で回らせて頂き、6時少し前に帰宅。

家族の夕飯を作って、夜7時から羽三協(電気、水道、建設、土木の関係者の団体)の総会の後の懇親会に経済委員長にもお招き頂き、議長とともに出席を。

会場に井上環境副大臣やお二人の都議が見えてご挨拶は、「失言」「ヤジ」の話題で持ち切りでした。


私も「女性から見て許せない発言」とご挨拶のなかで一言。


参加者の皆様と、本日拝見させて頂いた未来のインフラについて等、意見交換させて頂きました。

(東京水を始めて飲んでみましたが、「水はむら」と味が違う!と。皆様も機会があれば、どんな違いかを飲み比べてみて下さい!)

第3回羽村市環境フェスティバルと 福祉文化祭


今日は朝9時40分から第3回羽村市環境フェスティバルが開催。

残念ながら雨で、外のフリーマーケットや飲食店は中止と

なりましたが、環境特別講演、グリーンカーテンコンテストの

表彰式、私の両サイドの方々が最優秀賞の受賞者の方々です。


羽村市出身歌手リフレンズの皆様の先導で、館内をご案内。

犬の飼い方教室、家庭の節電セミナー、スペシャルイベント

LED電球無料交換、環境講演会、愛護動物コーナー、包丁研ぎ

ゴミゼロ展示、一中吹奏楽部演奏会などなど満載でした。関係者の皆様大変お疲れ様でした。

.

2時過ぎに、福祉センターの福祉文化祭に移動。2匹の猫は

写真のようですが、実は手書きなのです。素晴らしいです。


その後、保健センターでは、第26回ムシ歯の誕生日。

「あなたも歯医者さん」事業が行われ講演会も開催。

市内の行事が重なって、ゆっくりは見られませんでしたが

大変充実した1日でした。

2014年New 環境展と 地球温暖化防止展

今朝は、羽村駅での駅頭からスタートです。

マイクを握っている最中、以前お会いして、その時間に駅前でコーヒーを飲んでおられるという方、他市に住んでいる親戚の方が通りかかられました。

本日より4日間、国際見本市の東京ビックサイトで2014年New 環境展地球温暖化防止展が開催されています。スケジュールを確認すると、今日しか行ける日はありません。半日では行けませんので。

そこで、午前中から行ってまいりました。New 環境展は昨年より、展示が少なく簡素化された感じはありましたが、バイオ式の生ゴミ処理機が充実していることなど新たな商品開発が進んでいることも感じました。

何よりお目当てのブースがあり、来て良かったです。

6月議会に活かせるでしょうか。

今週金曜日まで開催中ですので、ご興味ある方はどうぞ。


水不足の世界事情

今日は小作駅での駅頭からのスタートです。

爽やかな朝で晴天でしたが、午後から急に気温が7度下がるなど

と予報されていました。

帰宅後、ある企画に関わらせて頂いている関係で今度は

学校を訪問させて頂きました。

.

中学校では、新1年生が担任の先生に案内され、学校の見学をされていました。

小学校では、お昼休みに外で元気に遊ぶ子ども達から「元気」が飛んで来るような勢いを感じました。

市内のどこを歩いても、桜吹雪がステキでした。

夜は気温が下がり、北海道では雪が振り冬に逆戻りとのこと。そんな夜に、議会事務局の方の移動があり、歓送迎会が開催されました。

大変お世話になった方と、これからお世話になる方々です。ありがとうございました。また、宜しくお願い致します。


<水不足の世界事情>

.

アメリカでは、500年に1度の水不足とのこと。

米国海洋大気庁のある関係機関による最近の調査では、

アメリカの11の都市で干ばつによって水は完全に枯渇する

可能性があることが指摘されています。

11都市では供給量を上回る需要があるため、

水不足が深刻化しています。

..

中国では、水や食料だけでなく、

きれいな空気も不足しており、このままでは将来的には

生き物が住めるような場所ではなくなる心配があります。


アメリカでも中国と同じ現象と云えるのではないでしょうか。

水不足ときれいな空気が不足していることです。

世界の人口は増加しており、水利用が増えるにつれて、

世界では圧倒的な水不足が起こりつつあります。水不足は更に食糧不足と直結する悪循環。インドの水不足も深刻です(アメリカ・中国・インドの3国で世界の穀物生産量の約半分を生産)


深刻な環境問題は、日本だけ良ければいいという問題ではなく

地球は一つであり、黄砂と同じで必ず日本にも影響があります。

この地球環境を壊しているのは、他でもない人間です。

戦争などしている場合ではありません。

.

世界の国々で、軍事費を地球環境を守るために使ってもらいたいものです。

日本は、技術提供していく使命があるのだと感じています。

.

羽村市では、この4月より少し値上がりしていますが、

手軽に水道水が飲めることに感謝し、大切にお水を飲ませて頂きたいと思います。

「美味しい羽村の水をもっとPRを!」と経済委員会と商店主の方々との懇談で云われたご意見を思い出しました。


「電気よりも有効なエネルギーの使い方」

消費者の日の講演会に、参加させて頂きました。

出席者100名の参加者とのこと。

会場一杯に人が溢れていて、皆さんの関心の高さを感じました。

西多摩は森林の宝庫であり、77%が森林というなかで、

講演とコーディネーターに環境ジャーナリストの小澤祥司氏

「電気よりも有効なエネルギーの使い方」の講演、太陽熱や、バイオマスなど電気と熱をともに利用するコージェネレーションの地域熱供給であれば

総合効率を70〜80%にできるということなど。

東京木質資源活用センターの方や東京都環境局の方からも

現在の自然エネルギーの状況や都の取り組みなどお話され、

木質バイオマスの発電や、

ペレットストーブ

ペレットストーブの有効性などのお話とともに、実際に無暖房住宅を利用されている方のお話。温水器を活用されている方、羽村市の取り組みなど。

多くの方の話が活発に意見交換され、大変貴重な場となりました。

消費生活センターの玄関には、ペレットストーブの展示があり、暖かかったです。

(準備に当たって下さいました関係者の皆様、大変お疲れさまでした)


====


今日は、講演の後、お通夜が入り、102歳の最後までしっかりされていたSさんをお見送りさせて頂きました。

夜は会合に出席させて頂きました。


もう議会開催まで4、5日。私の質問は3月4日10時〜で、時間があまり残されていません。

これまで1度も議会を傍聴した事が無いという方も

おられると思いますが、3月3日(月)、4日(火)、5日(水)の10時から

多摩ケーブルネットでの中継

一般質問が初まります。一度はその緊張感を御覧下さい。


庁舎1階、またはB1エレベータで5階まで上がって頂きますと、降りてすぐに受け付けがあります。1階ロビーでも中継が放映されます。

また、議会インターネット配信も行われています。

第44回富士見小学校の運動会と 太陽光パネル作り

今日は朝からとても肌寒いなか、第44回富士見小学校の運動会が開催されました。半袖姿の子ども達、大丈夫かな?と感じながら。

ほとんどの学校で運動会は春に終り、最後の運動会です。

朝雨がちらつきましたが、無事に開催できたこと自体がラッキーだったと思います。

「多摩川下り」すばしっこい児童が大活躍。

お子さんやお孫さんの応援に来られ、応援されている姿が微笑ましく、子ども達が作った旗が大空で揺れていました。

。、

同じ時間に、消費生活センターで、ワークショップ「わが家にミニ発電所を作ろう!」とのテーマで(42.800円で) ソーラーパネル作りが開催されました。

私も以前の議会で、提案させて頂こうと用意した一つの課題でもあり、興味深くその様子を拝見させて頂きました。

集まられた皆様は、熱心に講師の方の説明を聞かれ、取り組んでおられました。


こういうことを出来たらいいなと感じていることを、いつも、形にされ取り組んでおられる羽村市消費者の日実行委員会の皆様のご活動に敬意を表します。

自分たちの地域で電力を作る取組みは、今後もしっかりと取組み、支援してまいります。

午後は、事務的仕事、夜は複数の会合に参加させて頂きました。

<100ミリ安心住宅>

.<100ミリ安心住宅>

晴れているのに、雨が…

今日も栃木県で竜巻が….。これも、温暖化の影響でしょうか。今までほどんど無かった被害が、当たり前に今後も広がっていくのでしょうか。被害に遭われました皆様に心より、お見舞い申し上げます。

福岡大学工学部の渡辺教授は、水害防災を研究され、ご自宅を40トンも雨水を貯めることができる地下巨大タンクを設置され、検証されています。

屋根に降った雨は全て貯留され、雨水は、庭への散水やトイレ、洗濯、お風呂に利用。使用量は、1/3を雨水に置き換える事で、水道水の節約にも。

.

雨の降り始めは、汚れているため、初期の雨水をカットし、汚泥は沈殿されるよう工夫。水質の測定も継続されていますが、生活用水として申し分のないレベル。

.

100ミリ安心住宅とも呼ばれ、1016軒の住宅であれば、約4割の所帯の設置により、1時間に100ミリの豪雨があっても、水害を抑止できることが分かったとのこと。

今春から国土交通省でも、流域治水対策の推進を図るため、地方自治体による「100ミリ安心プラン」の策定を応援する取組みを開始しました。

今後、新しい住宅を建てられる方の災害に強い住宅へ(都内も含め)の参考まで。

克服体験は、他の人を勇気づけて

<市民相談から>

今日は、新聞の整理と書類の整理、決算の準備、市民相談2件の対応等、忙しい1日が終りました。

ある相談者Aさんの悩み、それは、以前別の相談者のBさんからご相談頂き、克服されたご相談と同じご内容でした。

たまたま、駅頭に立っていた時、バッタリBさんにお会いし、その時のお礼を云われ、すっかり以前の悩みを克服されたと報告を頂いたのです。

そこで、どうやって克服されたか結論の所を教えて頂き、Aさんに伝えられたら参考になるのでは、と思い本日、Bさんにご連絡し、お話を詳しく伺いました。

その話をAさんにお伝えすると、「自分もがんばります!」と明るく力強い返事が。

本当にがんばって克服して欲しいと願い、今後を見守ってまいります。


冷蔵庫物語 2

今日は冷蔵庫が届く日。朝から冷蔵庫の片付けを、夫に手伝ってもらいながら、要るもの、要らないものの仕分けと処分。冷蔵庫の掃除….。

あっ、しまった! 冷蔵庫の幅が5センチ広くなるのは、計っていてO.Kでしたが、入り口の広さを考えていなかった。計ってみたら、階段下を利用した収納ボックスをどかさないと入りません。

そこには、私の決算や予算書など大変重い書類が入っていて、ビクともしません。これも中身を移動しながら、家のなかは引っ越し状態。

10時に人とお会いする約束が入っており、あと5分、ラストスパート!と思った瞬間、電話が…。

「○○会社の○○です。所長はいらっしゃいますか?」聞いたことのある会社名です。しょちょう?あっ、主人のことか。

電話の様子では、何事があったらしい。どうか、会社に行かなくてすみますように…と願いながら、私は出かける時間です。

後ろ髪を惹かれる思いで、電話中の家主とは、引き継きできないまま、家を出ていきました。

遠くで花火の音が。自宅2階のベランダより

12時に帰って来ると、家主の姿は見えません。携帯に「トラブル発生、会社に行く」と。

え〜 でも、大体のことは、やってくれていました。やっと午後2時前に設置が完了できました。

夜、旅行から帰った息子は、いつの間にか変わっていた冷蔵庫に驚いていました。

今日は、お会いした方と地球温暖化対策について、色々な角度から意見交換ができ、有意義なひと時を。

今後に活かしていきたいと思います。