Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for the ‘医療.介護’ Category

植物人間と思っている人の中に、意識がある人も

13254485_821930934618318_2182940548276800347_n 今朝は1人小作駅からのスタートです。
晴天で気持ち良い朝、今日も暑くなりそうな天候。

昨日は、会派で6月議会に向けての打ち合わせを午後まで。
夕方から商工会通常総会と懇談会へ。
参加されていた方々とご挨拶を。日暮れにバラ園のあるお宅の庭を拝見させて頂きました。

13226972_821930997951645_2137774877771002148_n

今日も1日地域を歩かせて頂きました。

=====

夜、帰宅後テレビで「アンビリー◯ボー」をやっていました。

実録で、ある12歳の少年が病気で昏睡状態となり、2年後に意識は戻ったものの体は動かせず、口も利けず、周囲に伝えることもできず10年間。家族にも誰にも気づかれず。体の中に閉じ込められました。

やっと医療関係者に気づいてもらえて最後はハッピイエンドでしたが、その後、その事件から

植物人間となっている方を調べたら、数字は忘れましたが(60数件のうち22件?)かなりの方が意識を持っていることが分かったとのこと。13232892_821931204618291_7720388349264335828_n

今から20年以上前、お子さんがお風呂で溺れ、植物状態になられたご家族に関わらせて頂いたことがあります。

そのお子さんを前に「きっと〇〇ちゃんも、自由に動きたいと思っているよ」と私が話した途端、そのお子さんが、とても大きな奇声を挙げられたのです。「こんなことは初めて」と驚かれたお母さん。

「きっと通じている」と感じましたが、今から考えると通じるどころか、もしかしたら、意思を伝えられないだけで、すべて聞こえ判断もできていたのかも知れません。

「自分がそうなったら」という恐ろしさと、物言えぬものの人格を思いやることの大切さ、固定観念を持つことの恐さなどを感じた実録でした。

雪のちらつくなかでの感動の出会い

雪がちらつく本日。二人で知人宅の玄関前でお話していると、お会いしたかったAさんにバッタリ。

その後もバッタリや偶然が重なり、予測もできなかった感動の出会いにどんどん展開を…。話も広がりとっても楽しいひと時に感謝❗️

IMG_1482

IMG_1479 そんななか五ノ神会館では「愛の献血」が開催。私にできる小さなボランティアとして毎回参加させて頂いています。

血液検査の際、「血液が濃いですね。男性並みです」と。

食事から栄養が取れているのかと嬉しくなりました。悪天候に関わらず、多くの方が参加されていました。

IMG_1480

IMG_1478こんな寒い季節でも、M邸では綺麗にお花(写真3枚)が咲いています。

そのお花に生命力を頂き、更に元気に飛び回わろう…。

その思い通り、夕方もボランティアのこと、市民相談のこと父のこと等々で走り回り充実の1日に感謝致します。

ノロウィルスの怖さ

本日は通信を配らせて頂き、
多くの方にお会いでき対話の花が咲きました。
一番この時期、多くの方にお会いできる時期です。

そのなかで、お会いしたご婦人からノロウィルスの怖さを
伺いました。

娘さんの子どもさんがノロにかかり、
SOSの連絡で、娘さん宅に
到着して2、3時間でご自身も具合悪くなり(下痢)、

ご主人に迎えを頼み車で来てもらったら、


その日のうちにご主人に感染。その強烈な感染力を知っていると。
でも、2日ほどで治るのも早いそうです。

元気であれば何でも無くても、ちょっと体が弱っていると
負けてしまいます。

母の施設も、インフルエンザが出て2月一杯面会禁止に。
広島でも300人を超える集団感染とのこと。
いつも、体調をなるべくベストに持っていたいものですね。

夜は複数の会合に参加させて頂き、元気を頂きました。

終末期医療についての語らい

今日は、通信を片手に地域を回らせて頂きました。
その途中、数ヶ月前にご主人を亡くされたある方を訪ねました。

奥様にお会いし、お線香をあげさせて頂き、
話題が突然亡くなったご主人の話に。
あまりの突然で、今ようやく落ちつかれたと。

お互いに共感したのは、
まずはお金の話。死んでは持っていけないので、
生きている間の価値ある使い方が大切なこと。

また、6月議会終末期医療について取り上げさせて頂いた
話題から、元気なうちに家族と「延命治療など」について
話し合いを持つことや
自分の希望を伝えておくことの大切さなどお互いに共感を。

人の死を見つめることは、生を見つめること。
人の生き様から様々なことを学び、明るく輝きを持って生きていきたいと思います。


夜は、我が家に来客の方と、私達夫婦との語らいの場に。
何と多くの方に、日頃お世話になっていることでしょうか。

すべての方々に感謝です。

病院へ、ディサービスの事業所へ そして台湾から

今日も猛暑の1日。朝から母のお腹の調子が悪く、病院へ行ったり、ディサービスの事業所と連絡をとり、見て下さることになり、送って行ったり。

いつも母の介護をしてくれている父も一緒に行動し、規則正しい生活をしている父が朝食抜きでつき合ってくれ、神経使ったり疲れたので、午後の「文章の会」のサークルはめずらしくお休みを。
夕方、事業所で見て頂いた母は元気になって帰宅。父にも配慮して下さる事業所に感謝です。

そんなことがあり、夕食後、両親は早めに休みました。
夜8時30分、台湾の父の幼なじみの友人(87才女性)から電話が。きっと父が起きていたら、大きな声を張り上げて喜んで話していたことでしょう。

父にとって幼少〜青年時代に住んでいた台湾の友人は貴重で、91才ともなるとだんだん知り合いが亡くなっていく孤独を感じていますので、その嬉しさがいつも伝わって来るのです。

台湾も今とても暑くて、台北は39度とのこと。父の友人と暫くお話しし「暑さに負けず、がんばって下さいね」と言葉を。「今度は、もっと早く電話します」と云われ、電話を切りました。時差は1時間台湾が早いのです。

夜10時、息子に夜食を持たせバイトへ送り出し、ホッとしました。

小規模多機能居宅介護事業所を 訪ねて 

今日小作駅での駅頭では、1ヶ月早いクールビスの開始と6月開催予定の環境フェスティバルについて、参議院選挙での公明党の政策など語らせて頂きました。

小作駅西口も羽村駅東口も、ビオラなどお花が一杯で、心が癒されます。我が家に帰ると、玄関の門の隙間に一輪の花が…..。こんなところでも頑張って生きている命がありました。

我が家の玄関の隙間に。

そして、午前中は通信配り。午後から青梅市にあります「指定小規模多機能居宅介護事業所 地域ケアサポート館 福わ家」に伺い、お話を伺ってまいりました。

グループホームと併設され、「通い」も「宿泊」も「訪問」も大変自由度が高く、本人にできることは、出来るだけやって頂き、自立を助ける事業も担っておられます。

高齢者の方が病院から退院される時など、すぐに自宅では無理なので、その前にこのような施設でリハビリし、自分で動けるようになった後、自宅に戻ることができれば、

いつまでも病院にいなくても良い場合も沢山あるのではないかと思いました。

在宅介護を広げる上で、このような施設が市内に出来ることが必要であり、広がっていくよう願い、取り組んでまいります。

今日と明日は青梅市ではお祭りが開催予定で、今日も屋台や笛、太鼓の音が響いていました。

明日、お祭りを盛り上げるため参加される、ある店舗の方にその心意気のある「カラフルな草履」を見せて頂きましたが、粋でいいなと思いました。

父の通院と 小型家電リサイクル

今日は、国立に父の病院へ。母も水曜日はディサービスがお休みの日なので、3人で一緒に車で出発。途中、立川の妹の家に寄り、母を見てくれることになった姪っ子に、母を預けて国立の病院に。

国立市にて

途中、以前住んでいた昭島などを通りながら、父は「懐かしいな…」と何度もつぶやいていました。考えてみると、ゆっくり両親を連れて、ドライブも久しく行っていなかったなと改めて….

国立では、桜が満開。一ツ橋通りも、交差している道路もお見事。お天気はイマイチでしたが、車の往復でのお花見は、後々まで心の残る1ページとなりました。

夜は会合に参加。今後の課題に向けて前進していきたいと思います。


<小型家電リサイクルについて>

さて、小型家電リサイクル法がこの4月1日より施行されます。現在廃棄処分されている金属の再利用を促進することが目的です。

環境省の3月初めに行った自治体へのアンケートによると法施行を機に小型家電リサイクルを検討する自治体は34%。

その中で、羽村市では昨年の12月議会の私の質問に対し、燃えないごみで回収している携帯電話を含む小型電子機器等の再資源化は、引き続き検討していくとのこと。市では、集まって来た古着についても、売り払いを行い増収対策に取り組むこととなりました。

捨てられているものの中から増収に繋がる対策は、これまでも、引き取り手のない自転車、不要の入れ歯回収などで提案、実現させて頂きましたが、金、銀、レアメタルなどもかなりの増収も見込まれ、他の資源も含め実現できるよう今後もしっかり取り組んでいきます。

「IPS細胞安全確保法」など政府へ

議案の厚みが...

今日は議会の4日目。朝から沢山の議案、新規条例の審議など盛り沢山で、議会の終了は夕方6時前。その後も、会派代表者会議打ち合わせなど。自宅に6時30分帰宅。

そこに妹が訪問してくれ、家族の食事を作ってくれていました。なんと有り難い。すぐに食事をして(自宅にいたのは20分程)夜の会合へ。

政治学習会に衆議院議員の高木美智代さんが、羽村に来て下さいました。

昨年末の衆院選の時の様子や感謝の想い、補正が国会で117対116で通った時の話から昨年の12月27日からのスタートで予算編成が間に合わず、15ヶ月の予算編成は、4年ぶりに支出より収入の多い予算編成になったこと。

今回の予算には公明党の防災.減災の予算が入り、がん対策も支持者の皆様の署名運動の大きな後押しで大前進したこと。IPS細胞も予算を確保され、治療のテストが始まろうとするなか、公明党は元厚生労働大臣の坂口力氏のお力をお借りして、「IPS細胞安全確保法」など二つの法案を作り国会に提出されていること。スピード感はやはり前政権とは全く違います。

また、東京都のなかで、都議会公明党が複式簿記の公会計制度など、防災.減災で長寿命化など、どれほど与党として長年、国を引っぱり数多くの実績を作って来たのか力強く語って頂きました。自分も微力ながら、次の戦いを全力で頑張りたいと思います。


さて、安倍総理のフェイスブックに載っていたロボットスーツに大変興味がありますので、その一部を転載します。

====

筑波大の山海教授のロボットスーツを拝見しました。

機械が脳神経に反応して、体を動かすことができます。これを利用して、脳卒中患者が、歩行機能を回復することができるそうです。

メイドインジャパンのイノベーションによって、富を生み出すだけではなく、健康で豊かな人生を取り戻すことにつながっていくのだと実感しました。

===

自分の意思がロボットに通じたら、この技術はいろいろな分野に活用でき、夢が広がっていきます。

手紙 ~親愛なる子供たちへ~

手紙 ~親愛なる子供たちへ~

【作詞】樋口了一

年老いた私が ある日 今までの私と 違っていたとしても
どうかそのままの 私のことを 理解して欲しい
私が服の上に 食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを 教えたように 見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も 繰り返しても
その結末を どうかさえぎらずに うなずいて欲しい
あなたにせかまれて 繰り返し読んだ絵本の あたたかな結末は
いつも同じでも 私の心を 平和にしてくれた

悲しいことではないんだ 消えて去って行くように 見える私の心へと
励ましの まなざしを 向けてほしい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのを いやがることきには 思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたと お風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しいことではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に
祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込むことさえ 出来なくなるかも知れない
足も衰えて 立ち上がる事すら 出来なくなったなら
あなたが か弱い足で 立ち上がろうと 私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの 手を握らせて欲しい

私の姿を見て 悲しんだり 自分が無力だと 思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力が ないのを知るのは つらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを 持っていて欲しい

きっとそれだけで それだけで 私には勇気が わいてくるのです
あなたの人生の始まりに 私がしっかりと 付き添ったように
私の人生の終わりに 少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで 私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変らぬ愛を 持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ
愛する子供たちへ