10月8日〜10日まで、大牟田市(福岡県)、熊本市等を会派の視察で伺いました。

台風が接近している中でしたが、お天気に恵まれました。

IMG_3932初日は、大牟田市役所に伺い、移住・定住促進についてお話しを伺いました。担当職員は女性2名で、移住定住サポート会議のメンバーも経営者、農業者、起業家等の女性12名で期限は令和2年3月まで。

移住定住の相談体制の充実など徹底した女性の視点を大切に、大牟田市の魅力の発信で、イメージ向上を図られています。

羽村市でも東京の大都市圏に人が集中するなかで、羽村市に人をどう呼び込んで行くのか、という課題があります。

同様に、熊本市という近くの大都市圏に人が集中するなかで、どう人を移住や定住を進めて行くのかという様々な取り組みは、高齢化率35%(羽村市25%)という深刻な状況だからこその取り組みに学ばせて頂きました。

====

その後、動物愛護の観点からの園運営について、市観光おもてなし課の皆様よりお話しを伺い、大牟田市動物園を実際に拝見させて頂きました。IMG_3991

動物福祉を全面に打ち出された大牟田市動物園は、「お金をかけなくても出来ますよ」と動物福祉の対策で、目が醒めるような思索やヒントを沢山拝見させて頂きました。

1つは、檻が無い見せ方。周りをお掘りにして水を入れたり、リス猿、カバのゾーンなど檻がないことで、動物も人間もストレスフリーを感じました。

IMG_4221

2つ目は、ドアツードアで、リス猿や怠けもの、鳥類は、ドアをつけて網を高く張ることで、広い空間を確保。その網の中を人間が歩くことで、動物と人間が身近に触れ合えるのです。中の通路は人間が通り、動物の逃げ場も通路の脇にキチンと確保されていました。

3っ目は、狭いオリは、空間や地下を活用。

様々な配慮から、動物達が生き生きとしているように感じました。

4つ目は、ライオンやゴリラなどの猛獣は、当然檻の中なのですが、市内の木を切った丸太や、消防車のいらなくなった古い消防ホースなどで、毎日遊びに変化をつけ、餌も簡単にとれないように工夫したり、動物の立場に立った退屈しないような檻づくりに驚きました。

人間も全く同じ環境で、狭い中に閉じ込められ変化がなかったら、ストレスが溜まります。

なかには、裏に隠れている動物もいて、動物の自主性を尊重されていました。

こうやって、動物が元気であれば、見る側も元気になり、徹底した動物愛護、動物福祉の精神が溢れていました。質の高い動物園を拝見し、改めて、市動物公園を考えると、檻の中にいる普通の動物たちがちょっと可哀想に思えてきました。

 

69905073_1725960034215399_8166487753333145600_n今日は夫に誘われ、フランス絵画展へ。
名画に触れると、何とも言えない感動と心が豊かになり、高揚感に満たされます。

71674518_1724955880982481_8168481614590902272_n

71951808_1724955924315810_8521479796918583296_n

71539611_1724955974315805_7027773407835979776_n-1 知人にもお会いしました。

また、機会があれば来たいと思います。

日常の中で…

先日朝8時、朝シャンで髪を洗いドライヤーで乾かしていた所に、ピンポーン!と玄関のチャイムの音。通常はそんな時は出ませんが、

「何か急ぎかも知れない。ご近所で困っている人がいるかも知れない」と考えると、出ない訳にはいかない。ノーメイクで髪を拭き拭き出てみると、ある地域の男性の方でした。イヤーびっくりしました。

我が家に頂いた「パッションフルーツ」

我が家に先日頂いた「パッションフルーツ」以外と美味しいのです。

先日も、ある朝の会議に(二度寝のため)起きてから庁舎到着まで8分、ノーメイクで駆けつけました。

誰にも気付かれませんでしたが、議員生活でこんなことは初めてでした。それも2回も同時期に。普段の身支度が整わないととてもストレスになるので、以後、気を付けたいと思います。

====

都議との連携…

本日は、羽村市生涯学習施設 ゆとろぎに公明党の3人の都議(藤井一都議、高倉良生都議、大松あきら都議)に来て頂き、奥多摩、青梅、羽村、瑞穂の地域の市議、町議の13名が集い、懇談会を設けて頂きました。

各自治体ではどうすることも出来ない都道や、補助金、横田基地問題等々それぞれの自治体の課題を聞いて頂き、都議と連携して今後も1つ1つの課題解決に向けて取り組んでまいります。

72067121_1726469974164405_5515172847732916224_n10月2日、小作駅前で行われた第5回はむらイルミネーション&激辛フェスの点灯式の時の様子です。

IMG_3723

 

点灯式ではダンスや歌の披露もありました。
71738952_1726514324159970_531069175687282688_n小作駅周辺のお店22店舗でスタンプラリー、激辛メニューが提供されます。完食の方には特典付きとのこと。

挑戦してみたい方10月31日まで開催中です。
興味ある方も、参加してみて下さいませ❗️時間は、18時から22時まで。

 

いよいよ10月がスタートしました。

新しい10%消費税、軽減税率のスタートです。

テレビ報道などでは、お店の混乱ぶりや、買いだめをする消費者

の姿などが報道されていました。

中には、ペットボトルを買いだめされた方が「それは、軽減税率の対象で変わらないことをご存知ですか?」と言われて「知らなかった」とショックを受けておられる方も。

我が家では、ガソリンを入れたのみ。夫も「何も急いで買う必要はない。大したことではない」と。

改めて、本当に消費税が10%になって見ると、公明党が訴えて実現した軽減税率が効果を発揮してくると感じます。

市民の方から、どういう税制なのか全体が見えないとのお問い合わせを頂きました。

新聞の記事に掲載されていたものをご紹介させて頂きます。

IMG_3827

 

15号の台風では、羽村市は、千葉県袖ケ浦市と災害時の応援協定締結をしており、支援物資を9月11日にお届けしています。(先日、市民の方から市の対応を聞かれました)

未だ袖ケ浦市では、29日現在まで50件が停電中でしたが、30日の本日夜8時、やっと全ての地域で停電が解消されたとのことです。まだ、復旧には時間がかかるものと思います。

被害に遭われました皆様のご健康と、早期復興を祈っております。今後台風被害は出ませんように。

====

IMG_3798

袖ケ浦市への羽村市の支援物資は以下の通りです。

http://www.city.hamura.tokyo.jp/0000012615.html?fbclid=IwAR14yvpv5ikR4eOH_sDlRFDW0ko_GOmo_vkBAoO94EaPlmH8HLC4GDWI-mo

以下、市ホームページより

 

令和元年台風第15号千葉県災害義援金について

[2019年9月27日]

義援金を募集しています

 市では、令和元年台風第15号で甚大な被害が生じた千葉県及び災害時相互応援協定を締結する袖ケ浦市の被災された方に対する義援金を受け付けています。皆さんのご協力をお願いします。

募集期間 当面の間

義援金募金箱

市役所庁舎1階総合案内、市役所各連絡所、生涯学習センターゆとろぎ、スポーツセンター、図書館、郷土博物館で受け付けます。

※袖ケ浦市に対しては、義援金総額の一部を分配し、市で直接送金いたします。県もしくは、袖ケ浦市を指定して募金を受付することはできません。

※領収書は、市役所1階総合案内でのみ発行しています。領収書が必要な方は、お声かけください。

お問い合わせ

企画総務部企画政策課

電話: 042-555-1111 (企画政策担当)内線312

お問合せフォーム


令和元年台風第15号千葉県災害義援金についてへの別ルート

 

71842786_1719924971485572_4116107832544198656_n日曜日は、早朝より青少年対策地区委員会主催の7校の小学校の子ども達、一部保育園生達による、稲刈りが行われました。

この田んぼの歴史は、古墳時代(大和時代?)の約1300年前ごろからとご紹介がありました。貴重な過去から現在まで続いている羽村の歴史です。

私は、遠くに見える郷土資料館の屋根が神秘的でとてもお気に入りの風景です。71717991_1719924938152242_378422919841185792_n
71693511_1719925004818902_3136680415167774720_n実は、羽村には、知られていない古代の歴史が他にあり、調べていくと、ワクワクします。

参加された皆様、お疲れ様でした❣️
その後は、都内でのイベントに参加へ。

帰宅は夜に。その間も市民相談を3件頂き、本日対応させて頂きました。

70194331_1718402231637846_8345658159536275456_n28日土曜日は、羽村市中学校3校の運動会が開催されました。
朝は晴天で、午前中は立川での会合に出席のため、午後から三校の運動会を回らせて頂きました。71372759_1718402381637831_3457615365255725056_n

70851601_1718402318304504_8882680804140908544_nクラス全員のムカデ競争は圧巻で、一人でもつまずいたら再起にはかなり時間がかかります。

何とかお天気も持ってくれて、暑くもなく、風は涼しく助かりました。

子ども達の、整然として、合図でキビキビと動く姿に、日本の教育力の高さを改めて感じました。お疲れ様でした❗️

9月の最終議会が開催されました。

その中で、本日の議会でも討論させて頂き、経済委員会でも討論させて頂いた請願書と陳情書の2つの討論は下記の通りです。

「水上公園の流れるプールの稼働継続に関する請願書」への反対討論。

元請願第1号「水上公園の流れるプールの稼働継続に関する請願書」に対し、公明党を代表して、委員長の報告の通り、本請願に反対の立場から討論を行わせていただきます。

本年6月議会で提出された本請願に対し、市は「羽村市の公共施設等総合管理計画で、公園施設については方針を定め、整理、統合、集約化や複合化、多機能化を行うとしています。

この計画を踏まえ6月議会では、今までどおり指定管理でやっていくのか、もしくは民間活用、PFI、PPPを活用していくのか。そういったところも検討していく」との方針や、「多摩川周辺の環境を活かした一体的利用なども含めて再整備について1年間を通じて皆様が利活用できるよう検討をしていきたい」旨の6月の時の説明でありました。

これまで、民間手法を活用した公共施設の建設や、年間を通じての施設の活用は、羽村市公明党で提案してきたことであります。また、全体的に老朽化が進んでいる施設に対し、どちらにしても今夏に改修工事が間に合わないのであれば、今すぐに修理にお金をかけるよりも、きちんと今後の活用について検討していくとの姿勢は理解できます。

一方で、請願者は、水上公園のプールの休止を撤回し、稼働継続を求める請願であり、今季は工事が間に合わなかったですが、今後もプールとしての稼働を継続して欲しいとの意味の請願書と捉えました。本請願に対し「継続審査」とした理由は、プールの休止が突然であり、十分に市民の方に浸透しないままであり、引き続き調査が必要との考えから「継続審査」と致しました。

 

その後、市民の方と色々と懇談していく中で、屋外プールが必要かと問えば、大方の市民の方は「必要である。継続して欲しい」との答えが返って参りますし、例えば具体的に例を挙げて年間を通じた水辺の活用等をお聞きすると大方は理解を示されます。それは子どもさんも同じでした。

どういう説明をするのか、また質問の仕方によって返ってくる回答が変わってくることも実感しました。ただし、今年の夏は、突然のプールの休止でお子さんの行き場がなかったこと等、親御さんの混乱の声も多く聞かれました。

 近年、夏の猛暑により、熱中症への配慮が必要になり、大型台風が年々多くなっている中で、屋外プールの有効性、費用対効果も考慮が必要であると考えます。どちらにしましても、施設活用の変更を決定するにあたっては、市民の方の声や、子どもたちの声も聞いていく姿勢が市に求められております。

学校のプールの活用など、代替案も必要になる可能性もあると考えます。今後、市民の方の理解を得るためにも、プールの継続に限らず、今後様々な角度から活用方法を検討すべきであると考えます。よって、プールに用途を限定した稼働継続を求める本請願には、反対の討論と致します。

 70714529_1715405721937497_5083433582563688448_n

「羽村駅西口区画整理事業を一時中断し、見直しの検討を求める陳情書」への反対討論

元陳情第7号「羽村駅西口土地区画整理事業」を一時中断し、見直しの検討を求める陳情書に対し、公明党を代表し、委員長の報告通り、反対の立場からの討論を述べさせて頂きます。

 本陳情の主旨では、この事業計画変更決定に関して、関係権利者から「事業計画変更決定取消請求事件」へ提訴され、平成31年2月22日に東京地方裁判所より、違法による取消判決があったということのみを捉えて「羽村駅西口土地区画整理事業は現在も違法状態である」と述べておられます。

羽村市は、2月22日の第一審の判決に承服できないとして、3月6日に東京高等裁判所へ控訴を行い、現在も審理継続中とのこと。

判決の確定時期について、民事訴訟法第116条第2項に「前項の期間内にした控訴の提起、同項の上告の提起又は同項の申し立てにより遮断される」とありますように、市は期限内に上告し、審理継続中とのことから、違法状態とは言えないことが明らかであります。

 さらに陳情の主旨では、「第2回変更の事業計画」の違法性の訴えであり、陳情理由の内容では、去る令和元年5月20日の第3回変更の事業計画決定についての違法性を述べておられ、何ら関係がないことを理由としていることなど、

陳情の主旨と理由が違った事業計画についての訴えであることから、本陳情に反対の立場からの討論と致します。

 =====

18時より、市職員の部長さん達との懇談会で、新人議員さんや新任部長さんらの紹介から始まり、懇談会が行われました。

 

 

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保