72844776_1741070519371017_7262266437375361024_n朝10時より午後3時まで「福祉ふれあいまつり」が開催されました。

式典のあと、福祉センターの内外の各所各コーナーで、様々な催しが設けられていて福祉の団体の皆様、町内会、民生委員さんなど応援されていました。

私の着ている洋服は、写真の場所で購入させて頂きました。

たい焼きは500ケ売り切れ。野菜、焼きそばなど。炭火焼の焼き鳥は抜群に美味しかったです。

73364356_1741070439371025_8336217662505877504_n

賑やかに開催されましたが、折角のこういった催しや機会にお友達を誘い合って多くの皆さまにも参加して頂きたいし、

関心を持って頂きたいなと思いました。

74664575_1740888882722514_8984876742040616960_nマミーショッピングセンター商店会主催の「マミーハローウィーンフェスタ」が開催されました。

73075021_1740888929389176_5153859123388874752_n
74272416_1740888836055852_4960399322337247232_n今年で4回目で、マジックショーやスタンプラリー、抽選会、ちびっ子仮装大会など。

ハロウィーンコンサートでは、羽村第二中学校吹奏楽、歌手の中島まさる歌謡ショーなど、賑やかに。

 

市内でも商店街と言われるところが少なくなりました。頑張っている商店街を応援しようとの思いは市民、団体の皆様にも。街のにぎわいをこれからも応援したいと思います。

72346488_1738063629671706_508981181086171136_n羽村市商工会工業部会主催の「はむらイブニングサロン」がゆとろぎにて開催されました。

市内の企業さんだけではなく、近隣地域など会場は多くの企業さんが参加されておられました。

講演では、カシオ計算機(株)さんの壊れない腕時計「GーSHOCK」が開発され誕生するまでのきっかけや経緯を、開発された方からドラマチックに語られました。

72365998_1738064213004981_5389601833792569344_n

デザイナーさんによるデザインのチェンジで38年間売れ続けている現状、99%は難しくても、1%でも可能性があれば考えることは諦めない。→ これは他のことでも言えることだと思いました。

 

73127231_1738063729671696_3765682717878910976_nプレゼンテーションのタイトルは10文字・25文字以内で表現できるもの…が良いタイトルなど。その他、9社がプレゼンを。

経済委員会としても地域活性化を応援していきたいと思います。勉強になりました。

工業部会での企業の情報交換の場は恒例となっていましたが、今回は枠を広げ工夫された内容で、多くの参加企業で情報交換を図る場となり、貴重な機会となったのではないでしょうか。

とても良い試みだったと感じました。

以前市民パトロールの活動中、公園じゅうに生い茂っていた草刈りの要望を出していたところ、先日終わっていて、スッキリ。良かったです。IMG_3699

→→IMG_4294

====

10月7日午前中は、経済委員会6名で市内にある日野自動車(株)さんでお話を伺い、その後、工場の中を見学させて頂きました。日野自動車さんは本社は日野市にあり、羽村工場、群馬県の新田工場、茨城県古河工場3カ所に工場があります。

IMG_4329その中でも、東京で唯一の自動車工場である羽村市の工場には、東京や近隣の小学校(五年生)など約150校、1万1千人の見学、一般見学も千葉や埼玉などの県や海外からも見学に見えているということでした。昭和39年から稼働し、既に50年を過ぎた建物も。

初めに見学させて頂いた溶接の工場では、すべてはロボットの作業で人は一人もおられません。凄い火花が遠くまで飛んでおり、見学が可能なように透明の版でしっかりと囲いがあるので、安心して見学出来ました。

2番目組み立てラインを見学。ここではすべて人の作業で部品からミラー、ドア、ガラスの設置まで1人の人が同じ工程を担当し、ゆっくり流れて来る車に一瞬で次々に部品を設置されていきます。1分1秒を争うように設置されていく人の手の早いこと。車のガラスをはめ込まれる作業は二人掛かりで1秒で。

仕事の緊張感が伝わってきました。若い人だからこそできる作業で、とても中高年ではついていけない世界です。父もある自動車会社に九州から東京に出てきて40代から勤務しておりましたが、この作業を拝見し、父の苦労を垣間見た思いがしました。

3番目検査のラインを見学。全員技能を持った検査員で検査。部品を乗せたロボットの台車が工場内道路を走る際に昔流行った歌の音楽が流れていて、作業されている皆さんの緊張を少しほぐしてくれるのではと感じました。

羽村市に来て初めての工場見学に、学ぶことが沢山ありました。当日は私たち以外にも小学校の見学が入っている大変お忙しいなかで、経済委員会の視察を受け入れて下さった会社の皆様に感謝しております。

また、市内で様々なボランティア活動や桜まつり、産業祭への参加、市の財政にも大きな影響のある日野自動車さんの様々なご貢献、ご協力ありがとうございます。

===

午後から、西多摩議員研修会へ参加を。詳しくは次回。

台風19号は、大きな被害が各地で。奥多摩町、日の出町、あきる野市等でも道路の崩れなど報道されています。八王子市の浅川も氾濫寸前でした。

羽村市では、結果的に幸いにもあまり大きな被害はないようですが、宮ノ下グランドでは、昨日の夕方4時の時点で、階段の一番上まで多摩川の水が増水、もう少し雨が振っていたら市内は大変なことになっていました。IMG_4305

市内学校等の避難所に避難された方は13日現在、1000名以上との情報。

本日は1日市内の安全確認で、多くの皆様にお会いしました。地域を回っている間にも市民相談が入り、最後に2時間半ほどじっくりとお話を伺わせて頂きました。

IMG_4275江戸街道公園が湖になったようで、子ども達が泳いでいました。

IMG_4281

 

全国の被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。

72334961_1732266200251449_5473381987014148096_nカッパなどの雨具、長靴など準備万端整えて、雨の中、電池を買いに出た帰り、以前水害のあった地域などを中心に市内点検を。13時半時点で、←多摩川の水深はここまで。

宮ノ下グランドの昼間の様子

     ↓

宮ノ下グランド 昼間の様子

宮ノ下グランド 昼間の様子

以前水害のあった地域でも、土嚢の対策が取られていない所も。どうしてでしょうか。

ただ土嚢を積むだけではなく、ビニールシートを活用する対策は、事前防災の視点でとても大切だと思います。

ビニールシートのL字利用は、以前の議会で取り上げさせて頂いた水害を守るシート(折りたたまれたビニールシートを置き、そこに水が入って来ると片側が開き、水の勢いがあればあるほど壁にピタッとL字型になってくっついて漏れなくなる)

と同じような効果があると感じるからです。

72845916_1732266360251433_1978382092542672896_n

 

71825559_1732266313584771_8285432611988307968_n

我が家も、自転車を家の中に入れたり、雨戸がついていない台所の窓や出窓の窓にはガラスの中に網が張ってありますが、それでもビニールのボードを貼りました。

ラジオの設置、万が一通信が出来なくなった場合を考え、アマチュア無線も準備(主人が免許)、トランシーバー2台、携帯の充電器、ガソリンを満タンに、懐中電灯2本準備、お風呂の水は満杯に、食料品の買い置き等々。

千葉や長野などで影響が報道されています。奥多摩では1200軒の停電が発表されました。羽村市でも、小・中学校やコミセン、スポーツセンターなどで自主避難所が開設され、地域的な避難勧告も発令されました。

全国でも被害は最小限でありますように。

知り合いの方から、昨日午後に頂いた防災情報です。
今なら、まだ間に合うこともあるかも知れないと思いアップさせて頂きます。
被害が出ない事を祈ります。
——–

皆様

台風の件、

情報が御座いましたので共有させて頂きます。

台風19号の備えです。

元世銀副総裁の西水美恵子さんからです。

**緊急連絡・できるだけ広く、シェアをお願いします***

ネットでスーパー台風19号を追っかけてます。

今のところ、2年前に英領バージン諸島を直撃して全インフラとほとんどの家屋を破壊したハリケーン・イルマと同じ勢力で、

10日もさらに勢力を増す予報です。

(3月から4月にかけての私の投稿をお読みください。)

今後弱まる可能性はあるそうですが、それでも

A. 日本列島に接近する12日夜の予報は暴風圏内の最高風速が時速 160km 強、最大瞬間風速時速210km強です。

相当な破壊力を持ったまま日本に近づく予報です。

進路先にお住まいの皆さんにとっては初めての経験かも知れませんので、準備のために私の経験をまとめます。

B. 猛烈に 非常に強い台風の風は「風」ではありません。天から地まで、大気が硬い壁のようになって、新幹線か特急列車の速度で襲ってくると考えてください。

C. こういう台風は、海を深くまでかき回す巨大な攪拌器だと考えてください。
うねりや大潮というよりは、地形によっては津波と呼んだ方がいい波乱を引き起こします。

(うちの島はリアス式海岸線が多いので、10mほどの津波が山を駆け上りました。「安全な」港に避難していた船は、大小問わず破壊されましたし、

陸の家屋もまさに 3.11.11 の大津波による被害と全く同じ被害を受けたのです。)

D. そういう台風ですので、リスク管理の姿勢は最悪の非常状態を覚悟して、周到に準備してください。

E. 沿岸地帯の平地にお住まいの方は、早めに高台にある避難所に移動することを真剣に考えてください。(私ならそうします!)

F. 暴風圏に入ったら、何があっても絶対屋外に出ないでください。
風に煽られる危険と共に、飛来物で怪我をする危険も高いからです。

(バージン諸島でハリケーン・イルマの最中に亡くなった4人は、皆、飛来物に当たったのが原因でした。その一人は、飛んできたトタン屋根のカケラに体をまっぶたつに切断されて即死したのです。)

G. しっかり固定していないものが屋外にあったら、全て、屋内に入れるように。

窓ガラスを割られたら、室内が暴風圏になり、めちゃくちゃに破壊されるということを覚えておいてください。

E. 雨は横殴りどころか下からも吹き上げてくると考えてください。

F. 思いがけないところ(例えば窓の
隙間や玄関のドアの下)から水が入ってきます。

G. 豪雨を伴うリスクがある場合は、水はけが良くなるように排水口から邪魔物を取り除き、溝などの掃除をしっかりしておいてください。

H. もしもの時(家屋の破壊や、洪水など)のために、最寄りの避難先と避難ルートを確認し、夜中でもすぐ移動できるように準備をしてください。

I. 自家用車はガソリン満タンにしておくこと。

J. また長期停電を覚悟して、現金は多めに備えてください

(クレジットカードやATMがしばらく使えなくなる可能性大あり)。

K. 必要な準備は、お住まいの地形や家屋の状態、家族の年齢構成などで、一軒 、一軒、異なります。が、


我が家の準備方法の詳細を
お伝えしますので、参考にして
ください。

1 長期停電は覚悟してください。

2 もちろん水道も(多分ガスも)止まります。

私だったら、首都圏内の場合は最低1週間、その他の地域では数週間停電すると想定します。

(バージン諸島の場合は、孤島ですから4ヶ月停電!)

3 — 風呂桶満タンに貯水(水洗便所用に使う)

4 — 余分な飲料水の確保

(飲むだけで、はなく、生物や米を洗う水が必要になることを忘れずに)

5 — 停電・断水中は洗濯不可能!汚れ物は今のうちに洗濯を済ませておくこと

6 — 台風が来る1〜2日前から、冷蔵庫の設定をもっとも低い温度にしておく

(停電中、冷蔵庫を開けなければ、2日くらいは保ちます)

7 肉など腐りやすい食材は、常温保存しても数日は大丈夫なように、調理しておく

8 — 停電中必要になるもので、腐りにくいもの(酢や醤油など)は出しておく

9 — 屋外で使えるキャンプ用のバーベキュー器具など、また使用燃料(豆炭?)などを備えておく(マッチも忘れずに)

10 — LPガスを利用している場合は、屋外のガスタンクをしっかり固定して、台風が近づいたら元栓を閉める

(タンクが飛ばされたり、ガス管がもぎちぎられたりすると、火事をおこすリスクがあります)

11 — 懐中電灯とラジオ用の電池は十分に用意(停電中は、ラジオのみが情報源だと覚悟してください)

12 — 携帯やコンピューターなどは充電をし、できれば予備の電池も備えておく

13 — 懐中電灯は、テーブルの上に置いて使えるようなランプ型のものが数個あると非常に便利

14 — 調理しないで食べられる食品も、買い置きが少なければ多めに備えておく

15 — 電流が復活した時の火災リスクをなくすため、停電になったらまず真っ先にブレーカーを切る

暴風で怖いのは飛来物です。

16 — 屋外に固定されていないものは、すべて屋内に。

水やり用のホーズも、飛ぶと結構怖いので、必ず屋内に入れておくこと

17 — 倒木や飛来物が車を傷つける可能性大ありですから、その可能性を考えて駐車。ガレージならドアはできる限り閉める(密閉はしないように)

18 — 雨戸は必ず全部しっかりと閉める

19 — 窓のガラスが普通のガラスで、窓を守る雨戸がない場合は、ガラスをテープで固定しておく

20 — 窓付近に置いてある装飾品や窓近くの壁にかけてあるものなどは、全部床に降ろす

(窓が壊れたら、室内飛来物になり大怪我の元になります)

21 — コンピューターなど濡れたら困るものは、できれば窓がなく浸水の恐れもない部屋に移す

22 — 屋根の瓦などが飛んで雨漏りがする可能性を考えて、バケツや古タオルなどを多めに用意しておく

強力な台風でも、特に19号のように足の速い台風で怖いのは、気圧の急低下です。

完全密閉された空間は、気圧差が大きいと内から爆発する可能性があります。

23 — 家も、ガレージも、車も、密閉は絶対に避けてください。

24 — 家の換気扇は開けておいて、雨が入る構造なら、その下にタオルを敷いておく

25 — 家中のドアは(玄関以外、便所やお風呂場も含めて)全部解放しておく

26 — 車の換気扇もオープンになっているよう設定する

27 — 車をガレージに置いてある場合は、運転手席側の窓ガラス(一番壊れやすい窓です)もほんの少し開けておく

急いで書いたので、忘れたことがあれば追加しますが、今のところは以上です。

質問があったらすぐにお答えしますから、コメント欄で知らせてください。

自分は大丈夫だとは絶対考えないでください!

28 気を抜かないで、本気で命を守るリスク管理をしてください。

気象変動が加速しているため、これからはこういう台風が頻繁に襲ってくると考えます。

今回は何もなくても、また次の台風の時に役立ちますから。

お大事に!

IMG_40189日午前中は、熊本市民病院を少しの時間見学させて頂きました。地震災害後、病棟が倒壊する危険性もあったことから、新しく建設されこの7日から外来診療が始まったばかりの病院です。

再建された熊本市民病院は、地震の揺れを軽減する免震構想を完備、屋上ヘリポート、災害対策本部として使用できるスペースも設けてあるようです。

見学させて頂くなかで、「女性と子どもに優しい病院」が窺えるような、総合周産期母子医療センターと小児外来など1階に集中されていました。

通路が広く、車椅子の方も通りやすくなっていて、地下水ろ過装置も設置され、今後も地震の教訓を生かした素晴らしい地域医療の拠点となっていくことでしょう。

====

午後から、やはり動物愛護の観点からの園運営について熊本市動植物園へ。

IMG_4026ここでも、なるべく檻を作らない対策、檻を感じさせない木や葉っぱで見えないような工夫や動物福祉の考えが随所に見られました。

IMG_4055

IMG_4044また、動植物園の上をモノレールが走っていたり、観覧車、電車など、親子で乗れる乗り物が走り、特にモノレールは動物を真上から見られ、海に面している景色も見られロケーションは抜群です。

入園料は、乳幼児は無料で、小・中学生は100円と安い料金です。モノレールも1回200円のなど安いですが、

乗り物の利用者が多く、大人気で一時数日間点検で乗れない時、子どもさんが大泣きされたことや、維持管理を含めても乗り物などの売り上げが多く、思った以上の収入にもなっているとのこと。IMG_4041

IMG_4043もう既に30年以上経過していて、建設時の費用も元が取れているとのことでした。

動植物園の中に、動物との触れ合いの他に、遊園地としての機能も兼ね備え、いかに多くの方に利用され愛されているのかを実感。

今後の計画についてもお話しを伺い、羨ましい限りでした。沢山の学びがありました。

熊本地震があった時、園内に多くの地面のヒビ割れや、檻の壊れなど被害があったようですが、現在はほとんど綺麗に復旧されていました。

10月8日〜10日まで、大牟田市(福岡県)、熊本市等を会派の視察で伺いました。

台風が接近している中でしたが、お天気に恵まれました。

IMG_3932初日は、大牟田市役所に伺い、移住・定住促進についてお話しを伺いました。担当職員は女性2名で、移住定住サポート会議のメンバーも経営者、農業者、起業家等の女性12名で期限は令和2年3月まで。

移住定住の相談体制の充実など徹底した女性の視点を大切に、大牟田市の魅力の発信で、イメージ向上を図られています。

羽村市でも東京の大都市圏に人が集中するなかで、羽村市に人をどう呼び込んで行くのか、という課題があります。

同様に、熊本市という近くの大都市圏に人が集中するなかで、どう人を移住や定住を進めて行くのかという様々な取り組みは、高齢化率35%(羽村市25%)という深刻な状況だからこその取り組みに学ばせて頂きました。

====

その後、動物愛護の観点からの園運営について、市観光おもてなし課の皆様よりお話しを伺い、大牟田市動物園を実際に拝見させて頂きました。IMG_3991

動物福祉を全面に打ち出された大牟田市動物園は、「お金をかけなくても出来ますよ」と動物福祉の対策で、目が醒めるような思索やヒントを沢山拝見させて頂きました。

1つは、檻が無い見せ方。周りをお掘りにして水を入れたり、リス猿、カバのゾーンなど檻がないことで、動物も人間もストレスフリーを感じました。

IMG_4221

2つ目は、ドアツードアで、リス猿や怠けもの、鳥類は、ドアをつけて網を高く張ることで、広い空間を確保。その網の中を人間が歩くことで、動物と人間が身近に触れ合えるのです。中の通路は人間が通り、動物の逃げ場も通路の脇にキチンと確保されていました。

3っ目は、狭いオリは、空間や地下を活用。

様々な配慮から、動物達が生き生きとしているように感じました。

4つ目は、ライオンやゴリラなどの猛獣は、当然檻の中なのですが、市内の木を切った丸太や、消防車のいらなくなった古い消防ホースなどで、毎日遊びに変化をつけ、餌も簡単にとれないように工夫したり、動物の立場に立った退屈しないような檻づくりに驚きました。

人間も全く同じ環境で、狭い中に閉じ込められ変化がなかったら、ストレスが溜まります。

なかには、裏に隠れている動物もいて、動物の自主性を尊重されていました。

こうやって、動物が元気であれば、見る側も元気になり、徹底した動物愛護、動物福祉の精神が溢れていました。質の高い動物園を拝見し、改めて、市動物公園を考えると、檻の中にいる普通の動物たちがちょっと可哀想に思えてきました。

 

69905073_1725960034215399_8166487753333145600_n今日は夫に誘われ、フランス絵画展へ。
名画に触れると、何とも言えない感動と心が豊かになり、高揚感に満たされます。

71674518_1724955880982481_8168481614590902272_n

71951808_1724955924315810_8521479796918583296_n

71539611_1724955974315805_7027773407835979776_n-1 知人にもお会いしました。

また、機会があれば来たいと思います。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保