IMG_40189日午前中は、熊本市民病院を少しの時間見学させて頂きました。地震災害後、病棟が倒壊する危険性もあったことから、新しく建設されこの7日から外来診療が始まったばかりの病院です。

再建された熊本市民病院は、地震の揺れを軽減する免震構想を完備、屋上ヘリポート、災害対策本部として使用できるスペースも設けてあるようです。

見学させて頂くなかで、「女性と子どもに優しい病院」が窺えるような、総合周産期母子医療センターと小児外来など1階に集中されていました。

通路が広く、車椅子の方も通りやすくなっていて、地下水ろ過装置も設置され、今後も地震の教訓を生かした素晴らしい地域医療の拠点となっていくことでしょう。

====

午後から、やはり動物愛護の観点からの園運営について熊本市動植物園へ。

IMG_4026ここでも、なるべく檻を作らない対策、檻を感じさせない木や葉っぱで見えないような工夫や動物福祉の考えが随所に見られました。

IMG_4055

IMG_4044また、動植物園の上をモノレールが走っていたり、観覧車、電車など、親子で乗れる乗り物が走り、特にモノレールは動物を真上から見られ、海に面している景色も見られロケーションは抜群です。

入園料は、乳幼児は無料で、小・中学生は100円と安い料金です。モノレールも1回200円のなど安いですが、

乗り物の利用者が多く、大人気で一時数日間点検で乗れない時、子どもさんが大泣きされたことや、維持管理を含めても乗り物などの売り上げが多く、思った以上の収入にもなっているとのこと。IMG_4041

IMG_4043もう既に30年以上経過していて、建設時の費用も元が取れているとのことでした。

動植物園の中に、動物との触れ合いの他に、遊園地としての機能も兼ね備え、いかに多くの方に利用され愛されているのかを実感。

今後の計画についてもお話しを伺い、羨ましい限りでした。沢山の学びがありました。

熊本地震があった時、園内に多くの地面のヒビ割れや、檻の壊れなど被害があったようですが、現在はほとんど綺麗に復旧されていました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保