Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

ポリオワクチンについて

今日は動物公園のボランティアをやって下さっている方からご連絡を頂き、動物公園を見学。担当の方との意見交換など。

冷たい雨の中で、長い立ち話となり担当の方は半袖を着ておられ、寒かったことでしょう。申し訳ありません。

夜は沢山の会合などが入っており、ゆとろぎでの「生ごみの堆肥化」についての講演、環境の漫才などが行われ、私は漫才のみ拝見し、楽しませて頂きました。

42356609_1412075692270503_637415731327139840_n-1

=====

<ポリオワクチンについて>

最近頂いた市民相談です。

青梅市の小児科の病院で、「2020年のオリンピックに向けて様々な外国人が日本に来日される。そうするとポリオの発症が広がる心配があるので、生ワクチンを打ったほうが良い」と勧められた。

その話が幼稚園で広がり、不安が広がっている。ポリオは感染症なので本当はどうなのか心配、というご相談。

インターネットで調べたところ、2012年11月からポリオは三種混合(DPT)と単独不活化ポリオを混合した四種混合(DPTーIPv)が導入され、

生ワクチンから不活化ワクチンに切り替わっています。理由は、生ワクチンで実際にポリオに罹患する例が数例出たことからです。不活化ワクチンは無毒性。

その理由を考えても、生ワクチンが良いとは言い切れないのではないかと思いつつ、様々な機関に問い合わせを。

あいにく担当者がおられなかったり、感染症拠点病院の1つが青梅総合病院と分かり問い合わせをしましたが、担当の医師がおられず、こちらの問い合わせ時間が限られていて、全てのご意見を伺うことは出来ませんでした。

その中で、立川の保健所の担当の方と連絡が取れ、保健所としてのご意見は以下の通りでした。

.

<保健所の所見>
1,ポリオは世界的に根絶されている病気である。一部の国、アフガニスタン、ナイゼリア、パキスタンなどで、まだ流行は見られるが、ほとんどの人はポリオを予防接種しているので、日本で爆発的に広がる心配はない。

2,ポリオが流行している時、確かに生ワクチンは2回の接種で、免疫の獲得は早いが,生ワクチンには、ポリオに罹患する危険性もあり、そちらが良いとも言えない。不活化ワクチンを確実に、4回打っていれば、免疫は獲得出来ると考える。

とのことでした。

.

<インターネットでのキャップスクリニック柏の葉さんの情報>

ポリオワクチン    生ワクチン       不活化ワクチン

……………………………….(経口)        (注射)

メリット      注射をしなくてよい。   ワクチンによる小児麻痺

……………………………….値段が安い。   ……….. が絶対に起こらない。

 

デメリット     まれにワクチンを飲ん   注射による接種が必要。

………………………………..だ人や周りの人に    ..値段が高い。健康被害の

………………………………..小児麻痺が起こる。   ..公的救済制度がない。

……………………………………(数十万〜数百万回に一回)

.

<厚生労働省のポリオとポリオワクチンの基礎知識>

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/polio/qa.html

 

コメントは受付けていません。