Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

魚の養殖産業について

今日も雨模様が続いております。
昨日は、1日朝9時半より夕方5時までかかり公明会派である作業を1日。
次の議会に向けての準備です。

帰宅途中も、市民の方からちょっとしたお願いをされていて、その調査も兼ねて市内を回りましたが探しものが見つからず。

暗くなってきたので昨日は断念。やらなければならないことが沢山あることは幸せなことです。

=====

先日、職員の方と話をしていて、話の流れから、なぜか市民の方から頂いた絶対無理と思う市民相談が奇跡的に解決できた話に。「まあ、私が動いたからではないと思いますけど…」と言った途端、それを否定されて、動くこと、議会での提案の大切さの例を。32191887_1277890045689069_3918997249161428992_n

以前の議会で「新産業の創出」を取り上げさせて頂いたことに話が及びました。議会で提案させて頂いた直後に養殖産業ではありませんが(株)ニプロさん(医療機関)という新産業が羽村市に入って来られることが決まりました。

それこそ、私の具体的な提案とは合致していないので直接関係ありませんが、思いは伝わることを改めて。

そういえば、養殖産業の質問をした直後に本当にそんな話があって、土地の大きさが合わず、流れてしまったことをお聞きしてとても驚いたことがあります。その議会の時の市長のご答弁でも「羽村市にある工業用水で魚の養殖産業も可能であることを最近知ったということでした。

魚の養殖産業も決して諦めていません。海が汚染されると魚を食べることができなくなる時がいつか来るかも知れないからです。魚に限らず地産地消の食べ物を将来を見据えて考えて行かなければならないと思います。

 

 

コメントは受付けていません。