本日は、飼い主のいない猫のボランティア活動の話し合いが持たれ、私たちのグループとして出来ることを協議し、情報を共有する時間となりました。夜は会合へ参加させて頂きました。

=====

さて、本日の投稿は、先日から書き始めた日本人の目覚めについて、少し触れたいと思います。

古代の日本には、昔から真ユダヤ人(疑ユダヤ人はユダヤ人の9割と言われ世界中に)が多く住んでいたそうです。その証拠に、国歌の「君が夜」など昔の歌には、全て日本語古代ヘブライ語で読めるそうです。

2000年前でも真ユダヤ人(古代ユダヤ人)は日本に144,000人ほど住んでいて、現在でも同じくらい住んでいると言われているそうです。(日ユ同祖論なども言われています)

.

「君が代」

君が代は 千代に 八千代に

クム・バ・ヨワ チヨ二 ヤ・チヨ二

さざれいしの 巌となりて

ササレー イシイノ イワ・オト・ナリタ

苔の むすまで

コ(ル)カノ・ムーシュマッテ

,

意味 : 「立ち上がれ! 神の選民 シオンの民

      喜べ・人類を救う残りの民として

      神の予言が成就する!

      全地あまねく 宣べ伝えよ!」

 

「かごめかごめ」のヘブライ語

意味 : 誰が守る? 誰が守る?

硬く安置された物を取り出せ

契約の箱に納められた

神譜を取り代わるお守りを作った

未開の地に水を沢山引いて

水を貯め、その地を統治せよ!

 

「さくらさくら」のヘブライ語

意味 : 隠れた 隠れた

唯一の神が迫害され、耐えて

犠牲として死に くじ引きにされ、取り上げられた

素晴らしい神の計画

神の救い 神の救い 捧げ物を決めた

.

その他、「通りゃんせ」など多数。

それらの残っている様々な教えから、「人には天命、使命、生命があり、それぞれがその人にしかできない使命がある。それを全うすることが最重要」(それ以外の贅沢や綺麗に着飾ること、お金儲けなどが人を幸せにするものではないことを教えている)などと解釈されていた教授がおられました。

7000年ほど前と5000年ほど前、九州の火山の大噴火で、古代縄文人は日本の中の他の地域に移り住んだ人と、太平洋の黒潮に乗って船で南アメリカ、北アメリカ、世界中に渡り、移動しながら文明を築いた人もいたそうです。

その渡ったルートの地図は残っているとのこと。

南米、北米のアメリカインディアンのルーツは日本人という説が有力で、5色の肌の色も日本人がルーツ、その風土の気候によって黒くなったり白くなったりとの説もあります。

古代インカ帝国も、多くのペルー人の証言から初代皇帝は日本人との説があり、第9代の皇帝より「代々の引き継がれる言われの中に、インカ帝国を作ったのは日本人と言われていて、他の人には分からない皇族だけが分かる言語で話していた」との発言が紹介されています。

骨格、DNA、土器、葬儀の風習などが、東アジア、沖縄と同じなど、証拠が残っているそうです。ムー大陸も、住んでいたのは古代縄文人説もありますが、それはいづれまた。 

先日も、テレビでスペインのある街で、日本人のDNAを持っている人が700人ほど住んでいる街があり、日本人の名前を付けていて、住民はそれを口々に「侍の末裔であることは、誇りに思っている」と言いわれている様子が、報道されていましたが、これらを裏付けているように感じました。

.

<日本人の脳には特殊な機能が備わっている?>

また、虫の声が聞こえるのも、日本人とポリネシア人のみであることを、東京医科歯科大学の名誉教授 角田忠信氏や、日本語研究家 藤澤和済氏などが言われています。

ほとんどの民族は「虫の声」を右脳で認識し、右脳は感性や感覚で捉え、雑音として捉える。日本人とポリネシア人のみ、左脳で「言語」として捉えるそうです。虫の声だけでなく、風の音、自然の音を声として聞けるなんて素敵だと思います。

 

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保