現在、議会中で勉強の日々ですが、

今日は寒い雨の1日となりました。午前中は経済委員会が開催され、陳情に対する議論の様子を傍聴させて頂きました。

その後は羽村2中の合唱コンクールへ。ゆとろぎにて各クラス課題曲と自由曲。ピアノも指揮者も全て生徒達で。一生懸命練習したであろう揃った混声の歌声を聞いていると、なんだか懐かしく聞き入りました…。

会場は子ども達で一杯でした。子ども達にとって、練習も含め一生の思い出になりますように。28685228_1237283903083017_2177526547406599276_n

====

自分が中学生の時の合唱コンで自由曲を歌った記憶が蘇りました。

中学校2年生の時、合唱コンで初めて知った曲で、曲もとても良いのですが、その歌詞も心に響く内容で、練習で歌うたびに涙が出て困ったことなど懐かしく。

その時の歌詞です。

.

【 勇気の歌 】 

作詞はアンパンマンの作者「やなせたかし氏」だったのですね。

1、 暑い砂漠に 風が吹き 砂塵に煙る 地平線
   飲まず食わずに 一週間 もう最後かと 思うとき
   勇気が僕に ささやいた 倒れちゃダメダ がんばれと

2、 稲妻光る 黒い海 逆巻く波は ものすごく
   マストも折れた 船の上 もう最後かと 思うとき
   勇気が僕に ささやいた 嵐がなんだ がんばれと

3、 ほんの小さな このからだ 傷つきやすい 魂が
   血潮に染まる こともある もう最後かと 思うとき
   勇気が僕に ささやいた 涙こぼすな がんばれと

 

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保