Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

自分の足にあった靴選びについて

デザインや価格で選ぶのではなく、自分の足にあった靴を購入しました。

相撲の貴乃花親方の息子さんが靴職人ということで、靴に注目されるようになりましたね。

私は今回、1日で3万2800歩以上歩くという自身の記録達成と、靴がガクッと来るようになり足に合わなくなった事もあり、自分へのご褒美として。

足の土踏まずにピタっと来るとても気持ちの良い靴です。

色々と丁寧なアドバイスを伺いながら、

長男が中学生時代に上履きを買ってあげたばかりで「小さくなった」と言われ「もうちょっと」と対応しなかったばかりに、足の指を変形させていた事に、大人になって息子に指摘され、本当に申し訳なかったと思っていますが、その思い出話となり、そういうお子さんは多いとのことでした。

(池田靴店より)

26814760_1202591889885552_4694447134529791595_n

私は子どもの頃、暗くなるまで野山を駆け回って遊んだこと、中学校、高校とテニスで体を鍛えたことなど。それら子どもの頃の鍛えが、足の裏の筋肉をつけ大人になっても柔らかい靴でも何とか歩けること。

でも、今の子ども達は遊べる場もなく、部屋でゲームばかりしている子ども達の足の裏は筋肉が全然ついていないし、道路が全部コンクリートのため柔らかい靴では足を守れないこと。きっちりと足を守るためには、硬い靴が必要であること。筋肉を必要なところにつけてくれること。

大量生産された靴は、健康に良い靴という視点ではなく、柔らかくて売れる靴が多いこと。

メガネ入れ歯は測って作るもの」との医師の言葉が印象的でした。ウォーキング用とジョギング用では、体重のかけ方が違うので靴も違うとのこと。自分に合った靴を、その時に合わせて長く大事に履きたいと思います。

羽村には、良い靴屋さんがあるものです(o^^o)

コメントは受付けていません。