今日は4日目の議会で議案審議が行われました。

夜は会合へ。

私の12月一般質問の1項目では、「集中豪雨などへの水害対策について」取り上げさせて頂きました。

本年、台風21号、22号という大型台風が来て、昨年の台風9号で床上や床下浸水、車の浸水が多数発生した地域を歩かせて頂きました。

その時お会いした地域の方より、「不安で、どこに相談して良いか分からない」「効果的な土嚢の組み方が分からない」「駐輪場の自転車が流れて来て怖かった」「市との懇談会を設けて欲しい」等のお声を頂き、市と住民の方との水害等の出前講座と懇談会が11月13日に行われました。

現地に足を運び気づいたことや、懇談会で課題となったことなど以下の通り質問しました。

23659623_1166752223469519_8253835388906898274_n

1. 集中豪雨などへの水害対策の強化を

(1)市内の水害被害の状況と対策について

昨年8月に発生した台風9号、本年の台風21号や22号等の市内の水害被害の状況を聞く。

市内全域の浸水データを蓄積しているか。蓄積していないのであれば予防に活かせるデータ蓄積が必要では。

自主防災組織と住民と市が連携して、地域の課題について情報共有できるような機会が必要であると考える。地域で「まちづくり出前講座」を活用できるように、もっと周知すべきでは。

(2)「羽村駅東口周辺」の浸水被害について

この地域には以前から水害被害が発生していると聞いているが、その原因は何か。

これまでの被害状況と、対策はどう図られてきたか

雨水管の取り替え、集水ますの増設、雨水を雨水管へ流す対策など今後の対策は。

水害被害のあった地域は、市役所通りから多く水が侵入している。予防対策として水害被害のあった道路への接続点を一定時間通行止めにして、土嚢や止水シート等で対策できないか。

駐輪場の自転車が流れてきて怖かったという声があったが、これにどう対応するのか。

羽村街道は都道であり、都との連携を図り、浸水防止対策を講じられないか。

(3)緑ヶ丘地域の「学校通り踏切付近」の浸水の状況について

これまでの浸水の状況と対応について伺う。

今後、どのような対策が必要と考えているか。

.24775101_1177518022392939_669224910235738276_n

2.「認知症にやさしい」安心して暮らせるまち

これまで質問してきた認知症カフェ(オレンジカフェ)の設置が、本年国の法律が改正され、各自治体に義務付けられました。そこで市の状況について以下質問しました。

1)認知症カフェ(オレンジカフェ)とはどういうものと認識しているのか。

(2)認知症カフェの推進を

  • 平成28年6月議会で「認知症カフェ」の設置について質問し、市長より「設置について検討する」という回答だったが、いつ、どこでスタートするのか。
  • ,
  • 歩いて立ち寄れる場として考えると、市内にできるだけ多く設置されることが望ましい。認知症カフェとしてご協力いただけるお店等を、認知症サポーター養成講座を受けて頂いた上で認定し、広く周知してはどうか。
  • ,
  • 認知症カフェを実施するお店等の入り口などにマークをつけて、歩いている人にもすぐに分かるよう表示してはどうか。
  • ,
  • 外出支援の1つとして、以前からベンチの設置を提案しているが、認知症カフェとセットにすることが可能なところは、敷地内にベンチの設置を促進してはどうか。
  • ,
  • 認知症の方やその家族への周知はどう図るのか。 
  • ,                  
  • (3)認知症専門の医療機関について
  • 羽村市でもようやく、「羽村三慶病院」が地域連携型認知症疾患医療センターとして11月1日にスタートしたが、このセンターの役割は何か。
  • ,
  • 今後どのような事業が展開されていくのか。
  • .
  • 認知症疾患医療センターでは、予防事業は行われていくのか。
  • 24775035_1177518039059604_8187810030510643107_n

3.「結婚新生活支援事業」の実施について

厚生労働省では、50歳までに一度も結婚したことのない「生涯未婚率」が年々増加傾向にあり、その要因の一つに、結婚したくても経済的な理由で踏み出せない若者が多いことが挙げられています。

そこで国は「結婚新生活支援事業」として、世帯の年間所得が340万円までの新婚世帯を対象に、結婚に伴う住居費や引っ越し費用などを補助する事業を行っています。

(1)国の「結婚新生活支援事業費補助金交付制度」は、いつから始まり、具体的にはどういう事業か。

(2)収入が少ない若者の結婚を支援するため、市でもこの支援事業を行ってはどうか。(3/4は国の助成あり)

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保