Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

熊本市の災害時の対応と 地下水100%の水道事業

22405493_1145722852239123_5839168868144519637_n2日目の今日は熊本市庁舎にて、災害時の対策についてお話しを伺いました。

昨日の震源地の益城町とは違い、被害は全体の1/3ほどとのこと。

災害時のマニアルはあったが、実際の地震には全く役に立たず、現在は、現状に即したマニアル作りを行っている事など。22366678_1145749762236432_8071375361362983718_n

羽村市と同じく地下水100%の熊本市の災害時の水道管の様子で気になった事は、災害時多くの水道管の破損が生じ、復旧迄に時間がかかった事や、特にマンションのお水の復旧は最後まで残った事など。

貯水機能付給水管の整備は必要だと感じました。

22366494_1145722945572447_3175894660971678900_n

熊本城は市役所の真ん前で、破損状況など歩いて拝見させて頂きました。

22406326_1145722998905775_993501614001686542_n

八景水谷送水場

八景水谷送水場

水の科学館に掲示されていた「水道水100%地下水でまかなう自治体一覧」では、熊本市が日本で一番の規模、昭島市は11位、羽村市は26位の規模でした。(26年度)

水の科学館や八景水谷送水場でも、水の保水等への幅広い取り組みに感動しました。

コメントは受付けていません。