Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2017年 9月

「市民提案型協働事業」プレイパークと 敬老の日の集い

21752060_1132929926851749_5823245813486282384_n昨日の台風のため、本日に延期になった「市民提案型協働事業」のプレイパークが堰下レクリエーション広場で行われ、子ども達も楽しそうに遊んでいました。

21752040_1132930200185055_2293075085181706934_n

21557446_1132930293518379_5576272967403995201_n晴天で最高33度と言われていた真夏の暑さでした。

その場で遊び場を作ってくれて、自然の中で遊べることは子ども達にとって幸せなことだと思います。

 

もっと多くのお子さん達に利用してもらいたいと思いました。21558546_1132930046851737_8525288860288500172_n

川辺を歩いていると、自然の美しさに心が満たされていく感じがしました。

21558724_1132958263515582_5310038823178579842_n午後からゆとろぎで開催された「敬老の集い」にお招き頂き、本日4回開催されたうちの私は第3回目に出席させて頂きました。

75歳以上が参加対象ですが、市内には対象者7033名とのこと。約半分の方が出席されています。

全国では90歳以上の人口は、史上初の200万人とのこと。
歌手の松村和子さん、山本譲二さんの歌唱力抜群で、ユーモアたっぷりのトークショーが素晴らしかったです。

21558845_1133006650177410_2758990778767401708_n特に、松村和子さんの「帰ってこいよ」「りんごのふるさと」等、パンチのあるものすごい声量に皆様圧倒されていました。

バス6台の送迎の中、皆様大変お疲れ様でした。

また、百歳以上の皆様、ご結婚50周年を迎えられ表彰を受けられた皆様、大変おめでとうございました!!

9月議会の一般質問について

私の9月議会の質問について

1.新産業の創出で、魅力ある職住近接の都市へ

.

羽村市は、平成29年度に3年ぶりに交付団体となりました。

企業の法人税の影響は特に大きく、企業支援は重要です。

また、平成27年の国勢調査の結果、この10年で人口の

東京集中が加速しています。

特に23区では19歳から34歳の人口は23区で

69.5万人増えているのですが、

逆に23区以外の多摩地域などでは、94.9万人減っています。

羽村市は、先人の努力によって作られた西東京工業団地により

発展してきましたが、社会環境が大きく変わろうとしている今、

既存の企業支援とともに、新産業の発展も求められています。

若者が住みたくなり、市も発展できる施策が必要と考え、

以下質問しました。

.
(1)産業施策の実施計画について、それぞれ現状(課題、方向性)を伺う。
①産業福祉センター機能の充実・拡大について
②新たな雇用対策の仕組みづくりの検討について
③産業支援機関等との連携強化について
④広域連携の推進について
⑤企業情報の発信について

.
(2)第4次産業革命への市の対応について
①ICTやAI、IOT、ビックデータ、3Dプリンター等第4次産業革命の技術の導入は特に小規模事業所には重要である。大量生産の時代から、個々のニーズへの対応が求められていると思うが市の考えは。
②新たな分野を伸ばすため、都の助成金(新技術開発助成など)にプラスして、市も新技術導入に関する助成金をつけ、市内企業の技術力向上をさらに推進すべきでは。
③これらを使用したいと考えている事業所には、その他どのような支援ができるのか。
(3)若者が羽村市に定住できる施策は重要だと考えるが、市の取組みは。

.
(4)栄、緑ヶ丘工業団地や神明台工業団地を抱える「西東京工業団地」の発展について
①西東京工業団地内の企業誘致について、現状と課題は。また、空いた土地のリサーチや今後の発展への考えは。
②西東京工業団地内にある「工業用水」を引いている地域について
(ア)工業団地内には、工業用水が引かれている地域がある。今後のあり方をどのように考えていると聞いているのか。
(イ)工業用水で魚の養殖(内水面養殖業)は可能か。これまで、魚の養殖の6次産業化などについて質問しているが、可能であれば産業部門の中に水産業も新たに加えてはどうか。

.

2.「ひきこもり」の社会復帰に向けた支援について

.

ひきこもりの方や、その親御さんの高年齢化、長期化

が(10年以上、20年以上等)と進んでいるなかで、

全国に70か所ある「ひきこもり地域支援センター」は

対象が15歳から概ね34歳までとなっており、

平均が40代以上と言われている現在、対策は不十分です。

自分から相談に行ける人はほんの一握りの方で、

ほとんどのひきこもりの方のご家庭に情報が届かない状況です。

3年間かけて実際に調査を行われた秋田県藤里町では

34歳から55歳までが10人に一人と多いことに驚き、

町で様々な取り組みを行い、掌握されているひきこもりの方は

以前は113名でしたが、6年後の現在25名になっていました。

(働き場の創出、ヘルパー2級の講習会などの対策が効果を奏し)

数ヶ月で、活き活きと変わっていかれる感動的なお話を伺いました。

市としてもきめの細かい総合的支援の必要性を感じ、

以下質問しました。

.
(1)実態の把握について
ひきこもりの問題は本人や家族にとって深刻な問題であるだけでなく、対策を取らないことは、社会的にも大きな問題であると考えるが、
①市では15歳から55歳までのうち、概ね何%で何人くらいと予測できるか。
②藤里町では、実態を把握したことから対策が進み効果を上げている。まずは実態の把握が必要であると考えるが、すでに調査を行っている自治体などを参考に、羽村市でも実施しては。

.
(2)自立に向けてのサポート体制について
①東京都としてはどういう支援があり、民間ではどのような支援があるか。
②親の亡き後には、経済的問題以外にも市役所での手続きや公共料金の支払いなどを自力で行う必要があるが、市としてどのようなサポートができるのか。
③ひきこもりに悩む家庭と本人に寄り添いながら社会との接点を探る専門家の存在が必要である。誰がそれを担うのか。
④藤里町社会福祉協議会が開設している福祉の拠点「こみっと」等のように、ひきこもり・不就労者・障がい者の社会参加の機会として、働く場所を作り、地域住民とともに支え合う地域づくりへ貢献する取組みは参考になる。羽村市に合った支援体制を考えてはどうか。

3.「ユニバーサル農園」の取組みについて

(1)一定期間使用しないことが見込まれる市有地を活用し、管理者(例えば、NPO法人やシルバー人材センター等)を置き、高齢者、障がい者、引きこもり、その家族などが幅広く関われる「ユニバーサル農園」を設置し、外に出るきっかけづくり、居場所づくりを推進してはどうか。

多くの方々の中へ

21032701_1131984383612970_3665265972461976192_n午前中は、羽村第一中学校の授業参観へ。

3年生の英語の授業中で、少人数制。先生はもちろんの事、生徒達の発音の良いこと。小学生の頃から英語を習っていると違うのでしょか。

赤ちゃんはまず、言葉を親から真似て習うように、文法を習うより、まずは会話が大事と思います。流石に中学三年生なので両方が必要ですね。

少しの時間でしたが、様子が見られて良かったです。

21740075_1131984406946301_2073277782347132844_n

午後と夜は友人と共に会合へ。

いつも不思議に思いますが、会合へ参加すると、疲れが吹き飛び、元気になります。参加された友人も見違える程元気に。1歩外へ出て、多くの方とお会いすることは、色々な方のパワーを頂けるということでしょうか。

明日の台風、ひどくなりませんように。

総務委員会で陳情内容について議論

昨日午前中は、総務委員会が開催され、議会に提出された全国森林環境税の創設に関する意見書採択」に関する陳情書について議論され、私は採択の意見を述べさせて頂きました。

最終議会で決定されます。

21742866_1131202763691132_3268317099200302473_n

午後は、傾聴ボランティアの講演会へ。お話には反省しきり。

庁舎で会派の打ち合わせの後、市民相談、そのことですぐに動き、自宅で夕食を作り、夜は2会場の会合へ。寝不足が続き、とても疲れておりましたが、会合参加で元気を頂きました。

これからの台風情報など、全国で食べ物の収穫を迎えている中で、どうなるのか目が離せません。
安全をしっかり祈念し、活動したいと思います。

「福祉食堂」が平成30年度からの誕生予定

午前中は厚生委員会の傍聴へ。

21743131_1130172410460834_4359770433026596085_n午後から特別養護老人ホーム 神明園さんの新しい事業「福祉食堂」の計画についてお話しを伺いに行ってまいりました。

.

防災倉庫を作ることからスタートされ、そこで煮炊き出来る施設も作ろうとなった。

そうなったら災害時だけでなく、日頃から食事の提供が出来ないか、ということで福祉食堂にとなったそうです。

2階はテラスの設置予定ともこと。どこからも補助金をもらわず、独自事業で赤字の事業との説明に、手がけられることにすごいなと思いました。

21751894_1130172427127499_1593439397733988528_n

高齢者を中心とした低額でのランチの提供を平成30年度から行われるそうです。新しいコミュニケーションの場となると良いですね。

また、現在会派で、東京都に要望活動をしようと今動いていますが、その一部の内容についてのご意見について、以前お話を伺った施設とは別の特養ホームさんからも本日たまたま深刻な様子を伺い、あまりのタイミングに驚きました。

さらに説得力のある要望書となりそうです。別の資料作りに今日も夜中まで。

 

地震雲?

夕方は雨が降るとの予報でしたが、夕方には晴れてきました。
雲も場所によって刻々と変化を。時々、地震雲かな?と思う雲にも最近出会い、ドキッとするときもあります。

21731098_1130059877138754_5926629682489215981_n連日、議会や補正予算、委員会等への対応が続く中、空いた時間は、会派で取り組んでいる作業など。

夜は会合へ。その後も夜中までの勉強が続いている中で、頭もちょっとお疲れ気味です。

21740026_1130059903805418_747770975393248735_n

壮大な雲の自然の動きにも、我が家のメダカさんにも癒されています。

昨日、最近奥様を亡くされた80歳前後の方にお会いしました。「自分が奥さんを支えていると思っていたが、実は自分が支えられていたことに気づいた」と言われていました。そのお気持ち分かるような気がします。

市役所に飾られた市民の方の作品です。

市役所に飾られた市民の方の作品です。

また、父が生前所属していた文章の会の方から本日お手紙を頂き、父は母の介護に対して、その方曰く「常に自分の反省を述べられ、愚痴を聞いたことがない。自分は真似ができない」と。

お手紙には、電話とは違って心に残る言霊があります。

その言霊に、自分も頑張ろうと父に励まされる思いがしました。忘れずに父を思い出して下さる方々に感謝です。

巣箱作りと マスのつかみ取り

朝9時、栄小地区委員会主催の巣箱作りへ。子ども達と一緒に汗を流して、私も完成させて頂きました。嬉しかったです。お世話になり、ありがとうございました。

21462321_1129138513897557_2622131065692004239_n

21462381_1128557467288995_9013178719695842636_n11時から栄町2丁目町内会のマスの掴み取りへ。子ども達は上手に捕まえていました。塩焼きとっても美味しかったです。

21463084_1128557537288988_3855696733510210504_n

21557874_1128557607288981_1265529730753095915_n午後から、羽村市小中学校PTA連合会のビーチバレーボール大会、市民提案型協働事業である「めぐみネットさん」主催の生ごみ堆肥化の講演会、

別会場では、秋の交通安全フェスティバルが盛大に開催されました。

伊吹吾郎さんの水戸黄門の唄とトークショー、角さんとして「控えおろう!この…」という決め台詞はものすごい迫力、など素晴らしかったです。

シルバーふれあい福祉まつりの日

21371417_1128053810672694_1419952385023896245_n本日は午前中は、「シルバーふれあい福祉まつり」へ。外では、出店があり、沢山お買い物をしました。

お花、写真、絵画、展示など、高齢者の方々の頑張っておられるお姿に元気を頂き、カラオケクラブの方のお部屋で、私も歌わせて頂きました!

21370854_1128053820672693_7880078751327603358_n 

 

21430196_1128053884006020_3683225698744663300_n帰り際、「西川さん、お嫁に行かないでね〜!」と。そんな励ましの声かけもあるんですね。大変お世話になりました!! 

また、「議会を全部自宅で傍聴しているよ!」という方にお会いし、「随分議会も活発になってきたね」と感想を頂きました。

午後からゆとろぎにて、ひきこもりの長期化の問題点、必要とされる支援についての講演会へ。NPO法人青少年自立援助センター河野久忠氏より。展示室では、素敵な個展が。

また、同時間に開催されていた、「FHMの会講演会」へも。ひきこもりも発達障がいも、大切なのは家族の関わり方、愛情の伝達など。

21430636_1128053897339352_8631088827152089241_n

ひきこもりの方に親として見守っているだけで何もしないのは罪、というアメリカの考え方も講師の河野氏は紹介。

「頭で分かっているのと、行動を起こすのとでは全然違う!」とおっしゃる自らひきこもりを乗り越えられたFHMの会の講師、冠地さんのお話も説得力がありました。

9月議会でひきこもりについて取り組ませて頂きましたが、1時間の質問の中で「ひきこもり支援」に使えた再質問の時間はわずか、12分。そんな短い時間で足りるはずもなく…。

今回学んだことを次に繋げて行きたいともいます。

 

議会3日目と電磁パルスについて

今日は議会3日目。5人の議員の質問をひたすら聴いていた1日。人の質問を聞くだけでも勉強になります。が、それだけでも疲れてしまいます。頭が疲れるのでしょうか。

ところで、日本の小学校で、かなり北朝鮮のミサイル攻撃に向けた訓練が行われているようです。その訓練の様子をテレビのニュースで見ていて、まるで戦争時代に戻ったような…。

21430290_1128053840672691_5762078899739041131_n

21371177_1128229993988409_4373307588538052460_nでも、災害や天災はいつ、どんな形で来るか分かりません。道を歩いている時、自宅にいる時、地下鉄にいる時など様々な時にどこが安全かを考えておくこと。

どこに身を隠して、耳や頭を守るか。

シュミレーションや避難訓練は大事だと思います。(写真右は、我が家のトランシーバー)

ただ、一番怖いのは北朝鮮の攻撃する可能性のあると恐れられている「電磁波パルス」。

2週間ほど前に知ったその恐ろしさ。パソコン、携帯など、日本中の電気を全て一瞬で壊してしまうという。

全ての機能が停止。人を直接殺さなくても、多くの人が死滅すると。電線を復活するだけでも何年もかかるそうです。絶対に起こさせてはならないと思います。

 

 

議会二日目

21314594_1127209440757131_3872023658637698043_n今日は議会2日目、やっと私の一般質問が終わりました。

今回は、新産業の創出や引きこもり支援対策など質問しました。

質問項目が多すぎて、絞り込みにギリギリまで格闘するのは、いつもの事ですが、あまりに余裕なさすぎでした。

説明しようと考えていた文を随分カット。カットしすぎて、一部表現に言葉足らずに。また、質問したいことも随分カット。

21314696_1127209487423793_9096817314082073267_n

21314653_1127209510757124_6706164550999681940_n今回の質問は、直ぐに実現できる問題ではありませんが、粘り強く頑張ります。

昨日は初日の議会が終わるとすぐに、お世話になった方の葬儀へ。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。その後も着替えて夜の会合へ。

今日は議会の合間も調査活動、お昼休みも打ち合わせ。夜は会合の日々が続きます。

明日も議会です。

皆様1日お疲れ様でした〜