Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

公会計協議会セミナーへ

午前中は引き続きの市民相談の対応を。

お昼から出発し、市ヶ谷で開催された「公会計財務書類の新たな活用方策」についてのセミナーに出席させて頂きました。

講師は総務省課長の山越 伸子氏、第二部は国や大学、日本公認会計士協会、習志野市の会計管理者などそれぞれ4名のパネリストによるディスカッションなど。

人口減少社会で税収が少なくなり、膨らんでいく社会保障関係の費用が課題となる中で、各自治体では行政改革などによって全体として歳出は抑制されている現状です。

今後、公共施設等の老朽化対策の必要性等が増していく中、住民や議会、外部に対する財務情報の分かりやすい説明責任と財政の効率化・適正化を行う必要性から、20525532_1107504292727646_4776743042089050075_n

地方自治体でも公会計の準備を平成27年度から平成29年度までの3年間で財務書類等を作成するようになっています。

現在はその準備中ですが、職員の方も、議員もその仕組みをしっかりと学んでいかなければなりません。

今回はもっと実務的なセミナーと思っていましたが、概要説明がほとんどでした。難しいですが、今後必ず必要になって来ますので、勉強を進めてまいります。

コメントは受付けていません。