Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

ワンストップ福祉総合相談支援の取り組み

昨夜から富士宮市に移動して、今朝は市役所でワンストップ福祉総合相談支援体制の取り組みについて視察させて頂きました。FullSizeRender

IMG_7676富士宮市では、特に相談事業に力を入れられておられ、生活圏域を自治会支部11ヶ所に分けて、福祉相談センターを徐々に増やし現在11ヶ所設けられていました。相談業務の担当は、社会福祉士10人と精神保健福祉士1人。その役割を担っておられるのは、社会福祉法人など。

高齢者、障害者、児童、生活困窮者などの相談をまずは福祉相談センターで受けて、必要であれば地域包括支援センターに繋ぐ、生活保護の相談はケースワーカーに繋ぐなど。

また相談センターで継続して支援する役割も担っておられ、出向いての相談も多く主体的に動いておられました。H27年度の相談件数は、19,642件とのこと。FullSizeRender

認知症などの予防事業を始め、認知症サポーターの役割も大きく、放送と同時にサポーターの方が一斉に街に出て行方不明の方を探されるという所が、こちらとは違う地域性を感じました。

 

 

コメントは受付けていません。