Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

年金について

本日早朝より、会派4名で企業を訪問し、代表してごあいさつをさせて頂きました。

仕事前のお忙しい中、貴重なお時間を頂き大変ありがとうございました!!

その後は、支援活動に動きました。

=====

その動きの中で、国政や公明党のマニュフェストについてご質問を頂きました。

年金を心配される方より、今回の参議院議員選挙の年金についての公約に、『「年金の受給資格を25年から10年に短縮」とは出ているが、以前から掲げている「低年金者への増額」の話はどうなったのか?』とのご質問です。

低年金の方への年金増額も、公明党はマニフェストに掲げていて、消費税増税で長期的財源が確保できたら実現することをお約束しています。

しかし、今回安倍総理の決断でH25年に続き、H28年も2回目、増税が見送られました。

FullSizeRender

そうした中で、財源が確保されていないのに、決められている社会保障の充実の公約の全てを今回の参議院議員選挙で掲げるわけには行かなかった経緯があります。

しかし、低年金の方には、「年金生活者等支援臨時福祉給付金」が支給されて来ました。

また、財源を確保できなかったから全てやらないというわけではなく、年金を払ったけど受給資格が足りないために受給されなかった方々が、10年で受給資格を得られるように、これまでの運用益を使い、予算をつけて優先的にやろうということです。

他党と違うところは、公明党の公約がとても現実的に考慮され掲げられているということです。

コメントは受付けていません。