Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

安全保障関連法案、衆院特別委で可決!!

先日市内を歩いていると、「公明党さん、本当に良く頑張っているよね。テレビで政治の安保法制について見ているけど、よくぞしっかりと歯止めをかけてくれた。自分は戦争時代を経験しているからいつも監視して見ているよ。」と。

ご高齢のご婦人より。

昨日、その安全保障関連法案が衆院特別委で可決されました。

衆院特別委員会でのテレビに向かって民主党の議員の「強行採決反対!」などと赤や青、黄色の目立つ文字が躍る紙を所属議員に持たせて与党のイメージダウンを狙うその姿に、違和感を感じたのは私だけではないようです。

「強行採決!」とパフォーマンスをして相手を責めることで、ごまかそうとする自身の代案の無さと、党内の意思統一ができない団結の無さが見え隠れします。

政府には、とにかくどこまでも分かりやすい説明責任を果たして頂きたいと願うのみです。

IMG_2478

<7/17付 産経新聞より>

以下の記事がありました。

『安全保障関連法案が衆院特別委で可決されたことを受け、昨秋の中国漁船によるサンゴ密漁に悩まされた小笠原諸島(東京都小笠原村)や、中国公船の領海侵犯が常態化し、法案の成立を望んできた尖閣諸島(沖縄県石垣市)の周辺では、安堵(あんど)の声とともに、現場の危機感をくみ取れない国会への苦言も相次いだ。

.

 「法整備により、離島警備の問題が前進すれば村民にとって安心できる」としたのは小笠原村の森下一男村長(66)。小笠原は中国漁船に漁場を占領され、サンゴを奪われた苦い経験がある。森下村長は「野党に具体的な対案があれば、もう少し国民の議論が深まったはず。危機に直面したことのない人たちの議論は、私たちの胸にも届かなかった」とも指摘する。

.

 石垣市議会は14日、「平時からあらゆる事態に対処できる切れ目のない法制を整備する必要がある」として、沖縄県で初めて法案の今国会成立を求める意見書を賛成多数で可決した。

,

 石垣島で漁船を操る藤本浩さん(47)も「石垣島の目の前には中国の脅威がある。守るべき戦術と戦略は必要」とほっとした様子。採決時に野党議員がプラカードを一斉に掲げ反対したことには、「もう少し大人になって」と注文した。

.

 一方「まだ何も変わっていない。早く尖閣の海を自分たちに返してほしい」と訴えるのは、石垣島でマグロはえ縄漁を営む下地宏政さん(45)。「日本の政治は石垣の人が感じている中国の脅威を何も分かっていない。だから尖閣の問題が解決しないのだ」と嘆いた。』

 

 

 

 

コメントは受付けていません。