Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

夜回り先生 再び 羽村市へ

IMG_4202今日はどんより、朝は雨が降っていて微妙なので、

自転車は置いて小作駅の駅頭でご挨拶を。

午後2時に初めて父がリハビリで通い出した施設に迎えに。IMG_4225

「どうしても、病院にいきたい」との声に対応。
ところが目当ての泌尿器科がお休み。3軒目の病院でやっと
見て頂きました。高齢者の方の病院通いの大変さを実感。

.
夜は福生青年会議所主催の「夜回り先生水谷修氏の講演会」へ。

昨年も見えましたが、その時は人数が少なく、今回はゆとろ

ぎの会場がいっぱいの人で埋まりました。
話はテンポ良くリズミカルで行動力に裏付けされた説得力が

.
<夜回り先生から子ども達へのメッセージ>


・学校に行く時、着くまでに美しいものを30個探そう。
・眠れない子へ。辛い時は太陽のもと歩く。疲れて良く眠れる。

心の悩みは現代病。体を使わず心、頭ばかり。
・夜8時〜朝6時まで、携帯、メール、ゲーム、インターネット全て

止めよう。
・夜の世界は魅力的に映るかも知れない。昼間見ると薄汚い。
・親へのちょっとした反抗から、夜の世界へ。人生転落し、亡くなっ

た子どもさんの紹介。
・君たちの命は、代々の人から命がけで守られ受け継いだ命。

誰か一人欠けても存在しない。どんなに辛くても死んではいけな

い。等々。

IMG_4182

.
<大人へのメッセージ>


・家庭では、子どもを怒ることと、褒めているのとどちらが多い?
・家庭が美しい言葉、褒め言葉、暖かい言葉、優しい言葉で溢れて、

….愛されている自覚があれば、犯罪は犯さない。

・仕事のイライラ、夫への不満を子どもにぶつけるなど、いじめは、

いじめている家庭から生まれる。
・子どもたちの8割〜9割はきちんと評価されていない。
・子どもには、言葉で教えるのではなく、生き方を見せる。

….子どもを変えたいならば、親が変わり、学校が変わり、社会が変

わらなければ。

・夜の世界に行く子は、大人から見放された子ども。
・体と心は一体。健全な心は、健全な体に住む。
・子ども達が1日10個褒められる取り組みを学校から。
・登校時の見守りで、いじめ、虐待を受けている子は目から輝きが消

えるので気づく。
・人は褒められると目が輝く。綺麗になる等々。


あの迫力と説得力は文章ではお伝えできませんが。

 

コメントは受付けていません。