Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2014年 10月

経済委員会の視察報告会 

午前中は知人の葬儀に出席させて頂きました。

午後から経済委員会が議会のトビラ」で視察報告させて頂いた記事に大変関心を持って頂き、

はむら市民カフェの会の皆様より要請を頂き、マミー商店街の方や関係部署の方の同席のもと

「秩父市の活気あふれる商店街の事例調査」を聞く会

が開催されました。

.

昨年の視察内容でありますが、とても反響を頂き

良いことだと思います。今、視察報告会が止まっている状態ですので

要請あれば、個々に対応させて頂くことになります。

.

活発に意見交換、課題の提示がされましたが、今後に1つでも

活かして頂ければ幸いです。

今後のイベントの大成功を祈ります。委員会としましても

伺ったことを参考にさせて頂きます。ありがとうございました。


晴天に恵まれ、「ふれあい福祉祭り」開催

今日は、「ふれあい福祉祭り」が福祉センターで開催されました。

昨年は大雨のなかでの開催でしたが、「本日は晴天なり!」で大賑わいでした。

開会式の後、お会いした方から市民相談を頂きました。

.その後すぐに、あるハートフルセミナー(健康セミナー)に移動して参加。

膝、腰痛に関することで、腰痛の8割は原因が分からないなか(例えば、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症や、ガンの病気があるなど考えられることも)

予防としての体操、筋肉を強化することで膝関節の痛みや腰痛を

抑えることもあるということで、具体的運動についても教えて頂きました。


元気よくつかせて頂きました!

終了後、再び福祉まつりへ。

晴天のなか多くの団体の皆さまの販売、踊りの披露などで賑わいました。


私も、お餅つきを40回ほどつかせて頂きました。

多くのボランティア団体の皆様も活躍されておられました。

関係者の皆さま、大変お疲れ様でした。


その後、ある方を訪問させて頂き、久しぶりにお会いしその方の悩みに触れさせて頂きました。

とても悩まれていますが、その問題は簡単に解決出来る問題ではなく、今後もその方に寄り添って解決を祈り図ってまいります。

夕食を早めに作り、夜は会合へ。いよいよのスタートが切れました。

脱穀と 羽村市文化祭

昨日の夜、視察から帰宅。

本日は朝から、子ども達中心に脱穀が行なわれ
足を運びました。そこで出合った教育関係者の方と
今回の視察で感じたこと等で、話しが意気投合。

未来の教育のあり方等を、直接教育に関わられている方と有意義な意見交換と、現状の取り組みを伺えた内容に安心と感動がありました。

午後から文化祭に足を運び、フラダンスやチアダンス等の発表と共に、写真や絵画、連鶴、日本画など展示されています。


その後、大変お世話になった方が亡くなられ、
ご自宅を訪問。大勝利の笑顔で。ご冥福を心より祈らせて頂きました。
その後も、美容院、夜も打ち合せなど。

今取りかかっている作業等で、忙しさは続きそうですが、
頑張ってまいります!

徳島県視察3日目「ハッピーソーラー事業」

本日朝一番に佐那河内村の原村長さんにお会いして

村の状況を伺いました。

国の事業の「地域おこし協力隊」として、2名、NPO法人の「緑のふるさと事業」

に1名、若い人を東京、京都、埼玉から来て頂いて、国の補助金などを活用し

村の事業の発展や掘り起こしに尽力頂いているとのこと。

お二人の方は、この村にすでに移住されていました。


新しいまちづくりには、「よそ者、若者、ばか者(他の人の考えないアイディアを持っている)」

が必要なことや、今守れなくなってきている「田舎の美しい原風景を守りたい」

との強い想いを伺いました。

上勝町、神山町、佐那河内村といい、川や山を中心としたその風景の美しさや空気の

透明感など美しさに強く惹かれ、村長さんの想いはとても共感しました。

そのためには、新たなその土地の良さ、収入になるものへの取り組みに力を入れる必要性を感じました。

.

この村では、14基の風力発電の土地を、東電に貸し出しされ、

それが大きな収入になっているとのこと。

その後、独立行政法人 グリーンバレー様のみつばち発電所

「ハッピーソーラー事業」について太陽光発電のソーラー設置のため、

必要経費の1割を全国の方に1口1万円で会員になって頂き、

その翌年から5年間、寄付者にその土地でとれた野菜など、2千円分づつ送る取り組みについて伺いました。

.

実際にこの事業について、自分の考えていた事業とは違っていた部分も発見し、

現場を見ることの大切さも実感しました。

少子化問題など深刻な状況である自治体の取り組みほど参考になり、刺激を頂きました。

会派での視察と違い、委員会での視察は、委員長としての責任を感じ、

今日のところは、まずは無事な帰宅にほっとしました。



視察2日目、IT企業誘致など

視察の二日目。昨日に続き晴天に恵まれ、
午前中は葉っぱ事業を展開されている棚田を見学しながら葉っぱに目をやると、全てが商品に見えて来ます。


本日9時に受注を受けられたと見られる農家の方が、葉っぱを採られていました。


畑を通って最初の視察先、小水力発電の取り組みを視察。
洗濯機のモーター、修理用の部品を使って改造された発電機。

.

.

1時間当たり500Wを発電し、それまで真っ暗だった道路7カ所
にここで発電された電気を活用した街灯が設置されています。
蓄電池も合わせて、費用は80万円ほど。


手作りで市内3カ所に設置。費用が1桁違います。
農業用水としてひいたお水を活用されていました。

その後、葉っぱ事業の出荷の状況を見学した後
神山町に移動し、NPO法人グリーンバレー様の取り組み、IT企業誘致で
町おこしとなった「空き家」を活用した古民家への増改築での
取り組みを視察。
少子化で人口減少は止められない中
同じくらい、他から引っ越して来られる方も。

未来の町の発展のために、今から取り組まなければ
少子化時代を乗り越えて行けない事を実感しました。

お話しを伺った後、空き家を古民家風に増改築され、
IT企業を誘致され、雇用も実現されている場所(サテライト・オフイス)

も見学させて頂きました。この取り組みが発展し、町おこしにも

結果的に繋がっていました。最初にいい人を呼んで来ることの大切さ

よそ者を受け入れる隙き間を作ることなど、街の発展のポイントを

学びました。


数カ所見学、暗くなるまで熱心にご説明
頂き、大変ありがとうございました。

経済委員会の視察 初日 〜徳島県〜にて

本日の10時50分、徳島県阿波踊り空港に到着。
経済委員会の視察で上勝町を訪れ、
まず日比ヶ谷ゴミステーションの
ゼロ・ウェイストの取り組みについて、お話しを伺いました。

こちらでは、ゴミの回収はしない、
各家庭でゴミステーションに
持ち込み34分別をされており、
生ゴミは各家庭で処理を。

2020年までに、ゴミゼロを目指されているとのこと。

町の補助金で1万円の負担で、生ゴミ処理機を購入出来たり、
ゴミを運べない方への支援等、いくつもそれを支える仕組みが
ありました。

物を大切にする、リデュース 、リユース、リサイクルの
徹底でゴミを出さない取り組みは、学ぶべきことが沢山ありました。


その後、高齢者の葉っぱ事業「彩」事業について、
木質バイオマスの取り組みについて等視察しました。

文化祭が開催中!

今日は、文化祭の一貫として行なわれているある発表会に

お誘いを頂き、足を運ばせて頂きました。

色々な発表会がこれからも続きます。

文化祭で市民の方は、いつどこで何が行なわれているのか分からないと云う方もおられると思いますが、

ゆとろぎの会場に各団体のチラシや全体の予定が分かる一覧表もありますので、ご利用をお願いします。

.

まだ、始まったばかりの文化祭ですが、今日はその文化について色々と考える機会となりました。

文化の発展には、より技術を向上させその文化をより魅力的に

発展させていくためにどうしたらいいのか。

技術や技を競い合い、多くの人に魅力を発信できる質の高い文化に

昇華するための仕組みの必要性についてなど。

===.

最近、エコキャップの回収場所の提供を申し出て頂いたお店の

方より、キャップが一杯になったから回収に来てとご連絡を頂き、

伺いました。以前より、お茶を飲んでいかないかとお誘い頂いて

おりましたが、今回初めてお邪魔させて頂きました。

.

美味しいコーヒーを頂きながら、「何でも話せるおしゃべりの場所」の

居心地の良さを感じました。こういう居場所が今求められていると。

高齢化が市内でも着実に進み、お一人暮らしの方や高齢所帯のみ

のご家庭が増えていて、孤立しやすい環境があります。


そんな時、ふらっと立ち寄れる「街の保健室」的役割が出来る

場所があれば素敵なことでしょう。


第67回羽村市市民体育祭

今日は第67回羽村市市民体育祭が開催されました。

台風の影響も心配されましたが、体育祭にはもってこいのお天気。暑くもなく寒くもない調度良い気温に救われました。


.

体育祭の開会式を演奏で盛り上げてくれた一中生が

着ていた吹奏楽の制服は、市の予算に計上されていた100着分のもの。

羽村市の小中学生が必要に応じて着用されます。

.

.

今年の競技への出場は、以前からちょっと風邪気味で

400m走(1人100m)に出場するか散々迷った挙げ句、最後まで結局走り抜きました。

6人で競い、4番目でバトンを頂き3番目で次の方へバトンを渡せたことは予想外。

でも無事に走り終えて、順位よりもケガなく終れたことにホッとしています。

.

町内会では、応援団の真似事をやらせて頂きました。

多くの町内会の役員さんや、会員さんのご協力があってこその体育祭の成功でした。

皆様、大奮闘で大変お疲れ様でした。ありがとうございました。

その後、終了後夕方5時から町内会の反省会が行なわれ、帰宅してから食事を作り、夜の打ち合せへ。

大変お世話になりました。


<健康セミナーについて>

<健康セミナーについて>

今日はお昼から文化祭の最初である「第24回羽村市小中学生の音楽フェスティバル」が開催されました。

夜はある健康セミナーに参加させて頂きました。

.
そこで語られた体験では、急性腎不全になられた方が
人工透析となり、血液型の違う奥様から腎臓を移植され、

現在お元気になられ普通の生活をされ、社会でご活躍されている体験。

人工透析は、生活の質を落としますし、医療費も高額です。

そこから普通の生活に戻られた素晴らしい体験でした。

出来れば、透析になる前の腎不全の段階での処置の

方がいいとのこと。

その後、雪とアナの女王のピアノ演奏も。とても素敵でした。

.

「健康•長寿についてセミナー」で印象に残った話しは、

平均寿命と健康寿命が同じ地域があり、その5つの

取り組みや、マザーテレサの言葉‥…「最大の不幸は、病気やお金のないことではない。誰からも必要とされないこと。」


人は自分が認められて初めて生きる意欲が出ること。
ボランティアの大切さなど。

自死についての考え方、人の命は自分だけのものではない

こと。自分の命だから命を絶つことも自由か。命は色々な人と

繋がっているので、他の人にも影響を与える。

自分だけの命ではないこと。

107歳まで生きられたSさんは95歳で語学を学び

日記は人に読まれないよう、全て英語で。

何歳からでもスタートできる。

「とにかく生きること。とりあえず今日を生き、

明日になったら今日を生きよう」など。

とても充実したセミナーでした。

第45回羽村市文化祭のオープニング式典

いよいよ明日より羽村市の第45回文化祭が始まります。

ー 学び創ろう 未来へつなぐ 文化の輪 ー がテーマ。

本日は、そのオープニングの式典とパーティーが開催され
会場に溢れんばかりの来場者で賑わいました。


オープニングでの、昨年、吹奏楽の全国大会で優勝した
羽村一中生のメンバーによるサックスのルパン三世、
ジブリ音楽、情熱大陸
などの演奏は、感動で胸が熱くなりました。

何と完成度が高く、カッコいいのでしょうか。
皆さんで歌ったコーラス、懐かしい歌の数々にもトキメキました。

色々な団体の皆様からお声をかけて頂き、これから、11月3日まで多いに繰り広げられる文化祭りが楽しみです。