Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

再交付3年に一度の 普通救命講習会

今日も朝から冷たい雨模様ですが、小作駅駅頭での遊説からスタートです。

本日は普通救命講習会を4時間という予定で開催されました。

シッカリ受けて、いざという時お役に立てるよう頑張ろう

と意気込んでの参加です。

応急手当AEDの使い方窒息の場合の対処の仕方

幼児と乳幼児の場合など、学ばせて頂きました。

救急車が到着まで、東京都平均6〜7分。それまでの間意識が無ければ、3分〜4分以内で心肺蘇生に入らないと、深刻な事態に。

そのまま10分放置するとほとんど亡くなるわけですので、

多くの方が勇気を持って動けるようすることが大切ですね。

ある40歳のお父さんが意識を失われている時、

お母さんは119番の電話で聞いた通り小学生の子どもさんに伝え、

心肺蘇生をやり、命が助かったという話しには、感動しました。

終りに簡単な筆記試験が終り、無事再交付となります。

実際に心肺蘇生など、使う必要が無いことを願いますが、

呼吸をしていない→人を呼ぶ→119番通報・AEDを持って来てもらう→

その間に心肺蘇生(胸の真ん中を5㎝沈むくらい押す)を始める→

そこにいる人で1〜3分づつ交代しながら、同時にAEDがあれば

使用。意識が回復しなければ、救急車が来るまで押し続ける。

いざという時のため、大切なことだけ3年間覚えていたいと思います。


11月の気候とのこと、皆さまも、寒さ対策でお元気にお過ごし下さい。

コメントは受付けていません。