Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2014年 9月

動物の飼い主に守ってほしい「5か条」

秋の落ち着きと、涼しさを体感しながら、
朝のウォーミングアップを父とともに終えました。


今日は会派で作成している作業が9時半から始まりました。打ち合せや作業を夕方まで。

その後も、市民相談のことであるお宅にお邪魔したり、約束の所を訪問したり、今やらなければならないことに動きました。市民相談はなかなか解決しなくて、途中経過を報告と謝りに。

夜は、会合に出ようとしたら別の市民相談が入り、終了後二会場の会合に参加させて頂きました。

====

明日から「動物愛護週間」が初まりますが、市内でも動物を飼われている方が多くおられます。

最近気になっている地域があります。

野良猫がウロウロしているのです。その猫にどなたが餌をあげておられるのかそれが分からないと、どうすることもできません。

放っておくとのら猫はどんどん繁殖し、更に可哀想な猫が増えていきますので、様子を見ています。.

本日の公明新聞の記事に掲載されていたのでご紹介します。

動物を飼われる飼い主に守ってほしい「5か条」

1.最後まで責任を持って飼う。

2.周辺の人に迷惑をかけないよう、しつけを行う。

3.迷子に備え、名札・マイクロチップ等をつける。

4.産まれる命に責任が持てないなら不妊去勢手術などで

むやみに繁殖させない。

5.人と動物の双方に感染するペットによる感染症の知識を持つ

以上宜しくお願いします。


デンマークの若手議員との交流

今月は議会中のため、久しぶりの小作駅頭、遊説を二人で。

ある婦人の方が、公明党の旗を不思議そうに見て通られます。その後戻って来られ、「今日は公明党の何をやっているのですか?」と。

.

.

.

.

.

「毎週木曜日にここで遊説を順番にやっています」と言うと「何時までやっているの?」と熱心に聞いて頂きました。

もう6年間、駅頭遊説を続けていますが、駅を利用されていない方には、なかなか知られていません。


.

午後から、国会議事堂前で下車、東京財団主催の「デンマークに見る
地方議会と住民を考えるサロン」
に20名ほどの参加者の1人として
参加させて頂きました。

写真左から、デンマークの若い議員のシイナさん‥保守党の25歳の議員、
(現在政治学専攻の大学生)19歳の高校生の時初当選。


現在19歳の社会民主党の議員ラッセさん…18歳の高校生の時初当選。


千葉さん、日本・デンマーク生活研究所の理事長…
お二人の若い議員さんとともにデンマークより毎年帰国され各地でセミナーを。
48年前に「ゆりかごから墓場まで社会保障がしっかりしていて安心して
住める街」
へ日本を変えるためデンマークへ行かれ研究されています。

.

この3人の方を中心に、社会福祉国家とはどういう国か。
本当の民主主義とは?

なぜ、デンマークでは投票率が80%と高いのか。

若い人がなぜ立候補できるのか。

様々な角度で意見交換をさせて頂きました。

.

日本のように投票率が60%を切るようでは、

民主主義を国民が放棄している。

40%台とは、危機的状況であることを若い議員から指摘を。

デンマークでは、お金がかからない選挙で、若い議員が立候補しやすい

環境、政治のこと社会保障のことなど学校で学ぶので

子ども達は13歳頃から政治に関心を持っていること。

5万人の人口の市で25人の議員、100人位の立候補者がいるので

200票が当選ラインなど、垣根が低く、立候補しやすい環境など、

議会が活性化する要素が沢山ありました。

社会保障費はデンマークでは、国家予算の60%、消費税25%、
税金負担率67%なのですが、
ブータンと並び、世界一幸せな国と云われている。

日本は消費税が8%から10%になることにも不満を。幸福度は低い。

社会保障費は国家予算の30%。

本当の意味の民主主義とは、真に自由、平等、博愛であり、
その平等の意味が、日本とデンマークの考え方に大きな違いがある
ことなど

(日本では同じに負担することが平等、デンマークでは、
障がい者の方は少し負担、健康な人は沢山負担することなどが平等)

との考え方の違いなど、多いに勉強になりました。

.


ゆとろぎ文化講座と 地震発生

N先生です。

午前中は、ゆとろぎ文化講座として開催された「楽しく唄う 懐かしの歌」4回シリーズの3回目に、初めて参加させて頂きました。

とてもユニークなご指導で、それぞれの地域ごとに、まつわる歌や作家さん、

誕生秘話など学びながら、懐かしの歌を大合唱。

知り合いの方も数人おられ、共に楽しませて頂きました。

皆さんの肺活量は素晴らしい!!


参加型で、大きな声を上げることは健康にも大変良く、楽しませて頂きました。歌もピアノもご指導も自在に披露されるN先生、大変お世話になりました。

.

午後から、書類の作成やら印刷、配布の合間に父の定期的に通っている病院へ送り、迎えを。そこでバッタリお会いした他市の議員さんと、健康についてしばし立ち話。

その後夕食を作った後、あるお世話になった保育園へ。

立て替えのため、移転していました。

.市では古い保育園の立て替えが、次々と進んでいます。

今日は夕方震度4〜5の地震が、埼玉、茨城、東京を中心に発生し、被害も出ているようですが、保育園立て替えは、地震対策が進むことでもあり、更に安心に繋がります。

.

.

..

地震は、私は車に乗っている時か、車から降りて、買物をしたものを持って家に入る頃の時間でしたが全く気づきませんでした。

父も家にいて気づかなかったと。息子は地元の本屋さんの2階で結構揺れた。

主人は都内で仕事であり、凄く揺れたとのこと。

我が家の地震対策も、ソフト面を整えなければ….。


敬老のつどい

今日は「敬老のつどい」がゆとろぎにて9時半から式典が開催。

これまで、母の介護もあり、なかなか参加できなかった父も今回初めて共に参加させて頂きました。

年々人数が増えることもあり、参加対象が1歳づつ上がり今年は74歳以上の方に。

式典では、百歳以上の方は15名。99歳の方12名、金婚式表彰対象の方60組の皆様。大変におめでとうございました。

知り合いの数組の方が今回金婚式を迎えられて、会場でバッタリお会いし驚きました。素晴らしいことだと思います。

本日の2部は歌謡ショーで歌手は、鳥羽一郎さん門倉有希さん

このお二人は、昨年も来られることになっていましたが台風のため中止となり、1年延ばしの歌謡ショーとなりました。

さずがに、間近での歌には迫力と声量に圧倒されます。

.

鳥羽一郎さんの「うちの親父は89歳でも、ムシ歯が1本も無いんです。

総入れ歯です」と会場を盛り上げてくれました。

それにしても、お二人ともたまたま衣装が黒で(ラメ入り)高齢者目線でも、

もう少し華やかな衣装でもいいのではないかな?と。

.父は行動が少し遅くなってきているので、早めに声をかけなければ….

100歳越えを頑張って欲しいと願っています。お昼に家族で外でお祝いを。

そこで知り合いの方2組のご夫妻ともお会いし、父も元気にお話を。父が一番お会いしたい方々にお会いし、お話ができ、素敵な敬老の日となりました。

30歳、35歳の無料健診と 八王子での会合で

本日9月14日の公明新聞、4面の東京・山梨版に、

30歳、35歳の無料健診について掲載して頂きました。


記事には載っていませんが、若い世代の方から

「40歳まで健診をしないのは、とても不安だ」というお声を頂き

もっともだと思い提案させて頂きました。

今回9月議会では、その30歳、35歳の無料健診と同時に、

ピロリ菌検査を希望者にまずは自己負担でできるようにしてはどうかと質問を。

こちらも早期に実施出来ますよう願っております。


=====


今日は、素晴らしい晴天のもと、八王子市で開催された節目となる大事な会合に出席させて頂き、そこで、私の友人の娘さんの素晴らしい体験に、再び感動しました。


数千人の前で、障がいを克服されながら、全国障がい者技能競技大会(アビリンピック)で準優勝されるまでの戦いと、親御さんへの涙ながらの感謝を訴えるその姿にとても感動しました。

.

その体験のなかでいきなり私の名前が出て来た時は、ビックリしましたが小さい頃から知っている娘さんが、こんなに大勢の前で堂々と話せる

よう成長されたかと思うと娘の成長のように感慨深いものがありました。

ご一家のお幸せを心より祈らせて頂きます。

シルバー祭りと 立川断層について 

<シルバー祭り>


今日は朝9時20分から、シルバー人材センターにて
「シルバー祭り」の開会式が開催されました。

60歳以上の方が登録されていますが、その会員の皆様による、焼きそば、チヂミ、手作り品、お医者さんの相談コーナー、カラオケ、写真、パソコンコーナーお花等々。



カラオケコーナーではなんと私まで歌を1曲披露させて頂きました。くじ引きでお皿2枚が当りました。

シルバーの方の手作り作品はいつも素敵だなと思っていたのですがお人形のドレスもとっても素敵です。

お医者さんのコーナーに相談の方がまだ見えていなかったので内科の松原先生に今回の議会で取り上げさせて頂いたピロリ菌についてご相談を。

先生もピロリ菌とペプシノゲン検査(両方とも血液検査でABC検診)で、ピロリ菌がいるのかどうか、胃の萎縮があるかどうか分かり、両方なければ、ほんとんど胃がんにならないので、数年に1回の検査(内視鏡)で良いと、同じ認識でした。

.

個人のリスクは分かるが、ただ、その検査を一部の人だけが受けたのでは、ガンがどれだけ減ったという証明はできないことなど伺い、多くの方に知って頂けるような取り組みについて意見交換させて頂きました。

.

様々な人の交流をシルバー人材センターが繋いで下さっています。明日も行っていますので、足をお運び下さい。

.

<地震防災と地質>

.

本日午後から、ゆとろぎにて、地震防災と地質

〜羽村の地盤の成り立ちと特徴、立川断層の活動〜

についての講演が開催されました。

(独)産業技術総合研究所特別顧問 小玉善三郎氏が講師

地震は繰り返されていることから活断層を知ることの大切なこと。

立川断層の活断層をトレンチという方法で調べ、たわみが切れているところが1万3千年前に起こっているが、数百年前にも切っていることが分かれば予知は変わって来ること。

ということで、メガトレンチ調査が行われ、武蔵砂川の日産自動車
の跡地のところで一旦は数百年前のものと判断されたが、その後
訂正された。

なので、今後立川断層に地震が起こる確率は0.5%〜2%、でも東日本大震災の影響は受けて、それ以上に確率は上がっていることや羽村市の土壌、地盤がとても良いことが分かり、少し安心しました。


出席者の多いことから、関心の高さを感じました。

また、展示会場では水墨画作品展が行われ、それぞれ個性が発揮され見応えのある作品が展示されていました。

はむりんと記念写真を

今日は、朝から会派で集まって話し合いながらの事務作業を行ない、
明後日の期日までに形にして仕上げなければなりません。

(庁舎1階では、はむりんと記念写真をどうぞ)


市役所の改修工事が進んでいます。

1階の赤ちゃん休憩室や1、2階のトイレなど、明るくきれいに。

2階のトイレにも赤ちゃんのベッドなど。


夕方は保育園を数件、映画のお知らせに、友人宅に回らせて頂きました。

夜は食事を作り会合へ。いつも感じることですが、行きには少々感じている疲れも、不思議と帰りは清々しい心が洗われたような感覚に。

さあ、頑張ろうと力が湧いてきます。

一緒に出かけた父も同じことを云っていました。

それにしても、本日のニュースで日本で100歳以上の方が5万人以上、女性が8割とのこと。何と長寿国なのでしょうか。その全ての方のお幸せを祈ります。

庁舎の屋上に 太陽光発電システムと蓄電池が

今日は、補正予算や議案の審議が行われました。

今回の補正予算で、羽村市の庁舎の屋上にいよいよ太陽光発電システム
の施設の設計委託料が計上されました。

市で環境省の補助金に手を上げていたものが、通ったもので2/3の補助で、太陽光とその他合わせて約9500万円の2/3が国の負担となります。

質問で、蓄電池の費用も含まれているのか伺い、

含まれていることが分かりました。

26年度は設計委託料ですので、27年度以降太陽光発電や蓄電池が設置。電気バス はむらんや、余った電力は市で利用されます。

また、市に返還された富士見霊園の区画墓地が、

今後6区画売り出されることになります。12月ごろとなりそうです。


さて、北海道をはじめ全国で大雨で大変な様子ですが、どうか皆様
お気を付けて下さい。

16人の議員の一般質問は終りました。

今日で通告した16人の議員の一般質問は全て終りました。
今回の質問は、色々な議員がダブったテーマが多かったです。


・健康に関すること ・高齢者の介護 ・防災、集中豪雨対策

・教員多忙化対策・道路整備などは、特に多かったです。


私の質問のなかで、質問と答えが合わず、思うように進まなかった件、議会の合間に市長より「進めます」と約束を。


3年前からの質問で、前回「検討する」だったことが、今回3度目の質問で後退して…驚きました。

市民の利便性を図ることは市として当然のことです。

,

しかし、自分の通告のなかで、議論のなかで誤解されるような表現がなかったか、反省すべきはしっかり反省し、今後に生かしてまいります。

.

.議会終了後、帰宅途中である方と意見交換。

厳しいご意見と期待の声と同時に、大きな課題も頂きました。市だけでできることではありませんが、エネルギー環境問題に、これからも全力で取り組んでまいります。

明日は様々な議案や補正予算など、診査されます。

 議会二日目  スーパームーン

我が家の前からスーパームーン(家族撮影)

本日議会2日目は6人の議員の質問です。

あるベテランの議員の方が「久しぶりに質問したら緊張した」と。とてもそうは見えませんでしたが…

毎回質問しても緊張します。

他の議員の質問を聞くのも勉強と一生懸命聞いていたら、5時過ぎに議会が終る頃には少々頭が痛くなって。のぼせたのでしょうか。

夜、姉からの久しぶりの長電話を。

嬉しいことがあったからと。ある介護施設の施設長として、命を削るようなハードな仕事をこなしていますが、

やっと仕事が一区切りついたこと、息子が(私の甥っ子)が勤めながらの勉強で、難関な試験など3つの目標を叶え、その努力が嬉しいとの報告でした。

子どもが目標に向けて、ものすごい努力し続けるその姿を親に見せることはとても親孝行なことだと思いました。姉が元気そうで安心しました。


また、先日病院にお見舞いに伺った方が、亡くなられたとの連絡が…。

まだ、しっかりとお話されておられましたが…

お世話になった方でとても残念ですが、せめて最後にお会いできて良かったです。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。