Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

地域に根ざした市民活動とは

今日は「地域の根ざした市民活動とは」〜ボランティアグループからNPOまで〜

と題して、コミセンにて 市民社会創造ファンド 運営委員長の山岡義典氏を講師に講演会が開催されました。

来年から生活困窮者支援法が来年から施行されることに伴い、

新しい公共として行政が出来ないことを肩代わりしたり、

制度が足りないところを指摘したりダイナミックな社会、相互作用をする、常に新しい社会を作っていく必要性があること。

そうしたなかで、組織(自治体)と組織(企業)の間にNPOが入り、恊働することで癒着も起こらなくなることや、異質の組織同士で持ち味を生かすことの大切さなど学ばせて頂きました。

そして、そのなかでも信頼されるNPOの7つの条件について

1. 明確なミッションを持ち、継続的な事業展開をしている。

2.特定の経営資源のみに依存せず、財政面で自立している。

3.事業計画・予算の意思決定において自律性を堅持。

4.事業報告・会計報告などの情報を積極的に公開していること。

5.組織が市民に開かれ、その支持、参加を集めていること。

6.最低限の事務局の体制

7.新しい仕組みや社会的な価値を生み出すメッセージを発信している。

.

私も沢山のボランティア活動に携わらせて頂く中で、

とても参考になりました。

その講座に知り合いの方が数人参加されており、終了後も懇談など。

その後、お会いした方から写真を頂いたり。また、その後市民相談を頂いたり、また、ある方よりゴーヤを頂きました。ありがとうございました。

夜は複数の会合に参加させて頂きました。終了後に数人の方と懇談させて頂きました。「一生懸命頑張っておられる方を応援させて頂きたい」と今日皆さんのお話を伺うなかでの実感でした。


コメントは受付けていません。