Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

「靖国問題の現状と課題」

今日は、ラジオ体操の後、他にやることも沢山あり

参加を散々迷った上で、行こうと決断。「靖国問題の現状と課題」

のセミナーが新宿で開催され、参加させて頂きました。

講師は高橋哲哉氏。


国益を損なうのに、なぜ安部総理が参拝するのか

なぜ参拝することがいけないのか。歴史的背景等を踏まえ、その疑問に答えてくれました。

総理の参拝を韓国や中国だけでなく、各国が日本を避難したわけ…

靖国神社が戦中戦後に果たした戦争を讚美する教育を浸透させる役割等、

映写も上映され歴史を振り返って見て、よく理解出来ました。

,

ただ1点、講師の方の「今の政府が集団的自衛権の行使を出来るように、

他国のために戦争が出来るようにした」との一言は聞き捨てならず、最後に勇気を持って質問を。

.

私は「今回の閣議決定は、他国のためには自衛隊は出動出来ないことに

なったと認識していますが…」と。

「形だけは確かにそうなっているが、蟻の一穴になりかねない」と講師の方。

「今後の法整備が重要と思いますが」

「確かにそうもいえるが、法整備の前に、アメリカとの条約を決めることに不満を持っている」との講師の方。

アメリカのとの条約は、閣議決定に沿っているかのチェックは必要と思います。

講師の方のお気持ちも理解出来ましたが、まずは質問を出来て良かったです。その後、夜の会合に足を運びました。

コメントは受付けていません。