Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

中学校入学式と 生活支援について

今日は市内中学校の入学式。晴天に恵まれ市内を自転車でどこを走っても桜は満開で、まだまだ綺麗に咲いています。

羽村第二中学校の入学式に出席させて頂きました。


人によって成長には個人差があり、特に1年生では

身長差がかなりありますが、1年間で、伸びるお子さんは

10〜20㎝という子どもさんもおられ、

成長とともに、その差は縮まっていくような気がします。

整然とした厳粛な入学式が、無事終了しました。

桜が満開な中での入学式は、何年ぶりだったでしょうか。


本日ご入学の皆様、おめでとうございました。

その帰宅途中、自宅前路上で泣いている小学校1年生と

付き添われるご近所の80代のご婦人。

お母さんが、お兄ちゃんの入学式に参加で、まだ帰って来ていない

と。ご近所の高齢者の存在に感謝です。

===

昨日のニュースで明治大学の入学式に新入生8000名に対し

保護者1万2千人とのこと。なかには、祖父母まで。

少子化の影響でしょうか。

4人の息子の母の私には考えられません。


家族の絆が深まっていることは、良いと思いますが、
入社式まで出られる家族をニュースで耳にしたことも。

「家族が来てくれると安心感がある」という子ども達は

いつ自立できるのでしょうか。

.

午後から、会派での打ち合せが夕方まで。

夜は、継続中の市民相談3件のことで、あちらこちらへ連絡を

取らせて頂き、そのうちの1軒のお宅へ足を運び、

体の不自由な方の生活支援のお手伝い。結構時間がかかりました。

体が不自由だと、何をするのも大変だと実感しました。

社協の「あったかサービス」は、こういう方にとても便利です。


コメントは受付けていません。