Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

横田基地に隣接する 羽村市との関係

本日午前中は、「基地対策特別委員会」の勉強会が開催され、

新しく発行された「H25年度版 羽村市と横田基地」

について冊子をもとに、これまでの歴史や204億円(H24年度)の交付金•補助金の状況など、確認しました。


横田基地は福生市、立川市、昭島市、武蔵村山市、羽村市、瑞穂町の五市一町にまたがる七百十四ヘクタールの

日本なかで最も広大な基地です。

.

.

東京都は、横田基地の返還を最終目標にした

軍民共用化や横田空域の返還を求めていますが、

日米両政府の話し合いはなかなか進んでいないようです。

.

羽村市では、多くの公共施設建設やその他の事業、

小中学校の耐震化100%等早くから実施されているのも

その交付金等を活用されているからです。

.

民間の交流も活発に行われており、特に栄小学校では10年以上前から、1年生からの英語教育に力を注ぎ、

横田基地の方にもご協力頂いてきています。

市内中学生の英語と国語の成績が、都内でかなり上位との報告も今回の議会でありました。

我が家の息子も、大学時代に基地内でアルバイトをし、

英会話を学ばせて頂き、確実に恩恵は受けております。

,

それでも、戦後70年近くが経過し、現在の敷地が必要なのか

更なる返還へ向けて話し合い、負担軽減、活用等を推進されるべきと、

複雑な思いです。


<午後は都内セミナーへ>


午後から友人と以前から約束の、都内でのセミナーに参加。

その後、友人の知り合いの方と5名でお茶しました。

.

毎日、知らない方と話をすることは、脳の活性化にとって

一番の刺激に繋がると云われていますが、

それを今日は実感しました。

都内は便利ですね!

新しい人との出会いは

積極的に行動しなければ出会えなかった方々であり

多いに刺激を受け、人から学ぶ事は多いと感じるひと時でした。


コメントは受付けていません。