Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

小学校卒業式と 「女性の健康フェスタ2014」

今日は、羽村市の小学校では平成25年度卒業式が挙行され、
小作台小学校に出席させて頂きました。

我が家の4人の息子もお世話になった母校で、数年ぶりに
卒業式に同席させて頂き、校歌も懐かしく、
息子達の卒業式を思い出しながら、感激しました。

6年生と5年生の思い出への一人一人の投げかけの声にジーンと。

校長先生より、卒業していく6年生に自分から、学べる時に積極的に学び取ることの大切さ、人との関わりの大切さなど贈られていました。

涙が流れないよう、必死でこらえました。
76名の卒業生の皆さん、ご卒業大変おめでとうございました。


===

午後から、市民相談頂いたことで動き、
夕方から都庁へ。
何とそこでバッタリ、スポーツセンターのHさんにお会いしました。
,
やっと政治団体の収支報告が終りました。その後、京王プラザホテルに移動し、

公明党東京都本部女性局主催で、女性局の皆さまと女性議員、約800名が集っての「女性の健康フェスタ2014」が盛大に開催されました。

女性の健康週間を記念して毎年行われていますが、
今回は「ロコモ予防と骨粗鬆症について」をテーマに
〜超高齢社会を生き抜くための知識と運動と栄養〜
について、石橋英明先生の講演でした。
,
我が国の高齢化と要介護の要因
すでに、75歳以上の高齢化率はH25年度で25%
となっており、日本は世界のなかで最も、超高齢社会を迎えています。

(高齢化率7%‥高齢化社会、14%‥高齢社会、21%‥超高齢社会)

羽村市の高齢化率、3月議会で質問し、本年2月22.1%、11年後26.9%で羽村市はすでに現在が超高齢社会だったのですね。
,
ねたきり要介護の6割が、メタボ、ロコモ、認知症で、
第一位が、骨折•関節疾患でロコモ、第二位が脳卒中などメタボ、
第三位が認知症となっており、ロコモがトップになっています。

男性はメタボ、女性はロコモなどの対策が、要介護にならない
ために必要であることが分かりました。


年齢と共に体は弱ってきますが、年齢の前に運動していないことによる
体の衰えが大きいこと。

筋力が低下すると膝の骨が弱くなり、腹筋、背筋が低下すると
腰の骨が弱くなる。

特に閉経後には、女性ホルモンの低下で急激に骨粗鬆が進んでいきます。
全国1280万人が骨粗鬆症の時代を迎えています。
その骨の薬も出ているのですが、日本では飲まない人が多い。
,
(薬も色々ありますが、私が最も気になったのが「サーム」
乳がんを4割減らす効果までも実証されているとこと)
,
そういった対策とともに、何より運動の習慣が大切で、
20代の運動しない人と50代の運動する人の体力は同じ
65歳の運動しない人と75歳の運動する人の体力は同じ

‥‥いかに運動が大切かが分かります。
,
歩く速度によって、10年後の寿命は違うこと。
バランスが低下すると、歩き方がゆっくりになり
早く歩けない。早く歩かないと鍛えにならないことなど。
片足立ちや、スクワットなど….
,
これが分かっていても、「行動変容」できるかどうか。
実行できるか、続けられるか。それが一番の問題のようです。
,
健康寿命を伸ばし、最後まで自分の足で歩けるように
刺激を受けた講演でした。




コメントは受付けていません。