Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

羽村•瑞穂地区学校給食組合議会での質問 その1

2つの議会のうち、1つの議会が本日終りました。
「羽村•瑞穂地区学校給食組合議会」での質問 その1
1.牛乳の残渣(食べ残し)について

牛乳は、給食が終って残ったものは、規則で持ち帰りが出来ず、
給食センターでその日のうちに処分されています。
その数なんと、1年間で小学校では21,128本、
中学校では82,871本も。

体質にあわない生徒は、届け出を出すことで断ることができます。
それでも、これだけの数を処分されているということは
アンケートをとって、なぜ飲まないのか知る事で、
様々な解決策を見いだせるのではないかとの視点。

学校給食の新メニュー「キャベツぎょうざ」

持ち帰れないし、その日に回収されるのであれば、
各学校に保令庫が設置してあり、朝7時〜納入されているので、
給食の時間だけでなく、朝食を食べて来なかった児童にも
朝からお昼までの間に飲めるようにしてはどうかとの視点。

給食の時間を5分伸ばした学校の様子を伺うと、
確実に食べ残しは減っているということであり、
それを取り組んではとの質問には

「それは学校長の判断なので、この場でやるということは
云えないが、持ち帰って伝える」と教育長答弁。

もちろん処理されることは環境にもよくありません。
その点は時間無くその場での議論はできませんでしたが、
終了後、啓発等要望を。

また、地産地消の給食の新たなメニュー
「キャベツぎょうざ」が誕生し、試食させて頂きました。
とっても美味しかった〜です。

コメントは受付けていません。