Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2014年 1月

「昔遊び」に生き生きと

今日から、都議選のスタートで駅頭は暫くお休みです。

早朝会派の打ち合わせのあと、栄小学校2年生の子ども達の「昔遊び」
お手伝いに伺いました。

栄町の高齢者の方々が、それぞれ分かれてメンコ、輪投げ、お手玉、羽根つき、コマ、おはじき等々、子ども達に教えながらの見守りです。

羽根つきも、お手玉もなかなか難しくこれは、体を動かしながら頭の体操にもなり

ものすごくいいな。と感じました。子ども達も夢中に。


途中、栄幼稚園の子ども達も小学校の見学に。

一緒に遊ばれた見守り側も「楽しかった〜」と云われていました。
この交流お互いにとてもいいですね。

そこでお会いした方からご要望も頂き、帰りに調査してお昼に帰宅。


午後から、瑞穂での約束の用事を済ませ、
その後知り合いの方が入院されている福生病院にお見舞いへ。

その後、その方をサポートして下さっている方の所に
様子をお伝えし、連携を図らせて頂きました。

市役所で、市民相談の内容や課題など担当部署と
相談や調査活動。ある町内会長さんと話し合い。
その結果をご相談者にお伝えに訪問等々。

動いているとあっという間に薄暗く…。今日こそと思っていた通信配りは、朝から夜まで毎日予定がびっしりでなかなか時間が…。

今日も夕方6時半からは、羽三協の賀詞交歓会

でも、少しだけでもと通信を配らせて頂きました。これも、妹が我が家に応援に来てくれたお陰です。


一歩でも前進すれば、その分物事は前に進むといつも自分に言い聞かせています。



タブレット端末とペーパーレス化の時代に

本日は「自治体におけるタブレット端末とペーパーレス化

によるICT推進について」の講習会に参加

生涯学習センターゆとろぎにて、羽村市や近隣市の議員、議会事務局職員の方が参加しての開催です。

先進的に取り組まれている逗子市の取組みを例に、タブレット端末の導入の効果について

① 業務の効率化

② コストの削減

③ 情報共有のスピード化など

ペーパーレス化する事によって成果が上がっている様子の紹介など。

毎日書類など膨大な量となっており、探すのも、持ち運びも大変な現状から、講習会に参加させて頂き、タブレット一つに

全ての情報が入るなんて素晴らしいと思いました。

セキュリティも何重にも。


徳島県のおばあちゃんの葉っぱの事業にも、

現在、すべて(おばあちゃん)の方がタブレットを利用されて

おり、「仕事が楽しみ」と。年齢で使えないなんて

ことを云っていられません。


1日も早いペーパレス化が進む事を願います。

.

講習会終了後、会派で弓道場総点検の一環として

見学させて頂きました。

弓道場では1日3回フル回転で、会員の方が練習をされており、

全ての弓や的の手入れや、清掃などの管理を会員の方で運営を行われていました。


夜は複数の会合に参加させて頂きました。

送りつけ詐欺?

今日も羽村駅の駅頭からスタートしました。
挨拶で立っていると、会釈をして下さる男性が…。

「久しぶり…」と声をかけて下さったのは
昔の会社の上司でした。


「お元気でしたか?」「まあ、そこそこだね」との返事が返ってきました。一瞬の会話に、とても懐かしく思いました。


その後、保育園への送り、会派での呼吸合わせ
勉強会、午後から打ち合せと予定は一杯でした。

今日は朝6時30分から夕方帰宅するまで、

(お昼もちょっと家に帰り、食事作り、片付け後、お洗濯を干して等)


全く休む暇無く、寝不足が今日はこたえました。
そこで、帰宅後ちょっと休んだら疲れもとれ夕食の餃子作りを。


本当に久しぶりで、見た目はよくないですが、抜群の美味しさ!
ニラ、ニンニク、ショウガ、ごま油などの配分が絶妙です。
帰宅した主人も「これ、お店に出せるよ!」



出せるわけがありません。
でも、久々に手作り餃子の美味しさに元気が出ました。


今日は他にこんなことも….


もしかして、送りつけ詐欺にあったかな?
夜、宅急便が主人宛に届き、お金を払いました。

帰宅した主人に「宅急便が届いているよ」というと「頼んだ覚えは無いよ」と。


すぐに相手先に確認。92歳の方からお申し込みを頂きましたと。
父はもう休んだばかりで、悪いと思いながらも確認したら、
「頼んだよ!」と。


宛先が主人宛だったので、てっきり詐欺かと…。
大騒ぎしましたが、詐欺ではなくて良かったです。
皆さまも、呉々もお気を付けて。


休眠預金の公益活用について

今日は、公明党女性委員会の会合に出席させて頂きました。

会合の打ち合せとともに、今後の課題を考えるひと時となりました。

2025年、団塊の世代の方が3,400万人になろうとしているなかで、特に医療•介護•福祉など今から変えていかなければならないことが沢山あることに気付かされます。


多くの市民、国民の方と共に、学んでいかなければならないと思います。

日本のあるべき姿、方向性は現在国で検討され今後明らかになっていくことでしょう。同時に若い人にとって希望が持てる社会を描くことが求められております。


スエーデンやデンマークのように社会保障がしっかりしていて、

平等で安定した将来を確立すると、今度は、自分の力で存分に活躍したいと考え外国へ移住する若者も表れ、その難しさも感じます。

頑張っても、頑張らなくても結果は同じであれば

やる気は起こらなくなります。


必要最低限の安定と、子育て世代への支援拡充とともに頑張った人が報われる社会「メイド イン ジャパン」の将来像が求められていると思います。

===


今日の読売新聞の記事を以下抜粋します。

休眠預金、公益活動の支援に活用…与党方針

読売新聞 1月20日(月)9時3分配信

休眠預金、公益活動の支援に活用…与党方針
読売新聞

『自民・公明両党は、金融機関の口座で10年以上にわたって出し入れのない「休眠預金」を公益活動の支援に活用する方針を固めた。

休眠預金は毎年850億円規模で発生しており、早ければ2015年にも、民間が行う福祉や教育などの支援費に使えるようにする。今月召集の通常国会に、民主党を含めた超党派による議員立法での提出を目指す。

郷土博物館での「まゆ玉かざり」

制度案ではー略ー

自公両党が金融庁や内閣府と最終調整している。

活用する休眠預金は、法律の施行後に発生するものだけにする方向だ。これまで通り、預金者が気付けば10年を過ぎても引き出せる仕組みは続ける。

銀行などで発生する休眠預金は、現制度では自動的に利益に計上されている。このため、「銀行が何もしないで、もうけるのはおかしい」などの指摘が国会で出ていた。休眠預金は英国や韓国、アイルランドなどでも、福祉や教育分野に活用されている。』以上抜粋。

こういう方針は大賛成です。10年以上経っても出し入れがない預金を銀行の利益になっているのはおかしいと思います。

それは、もっと国民のために、特に手薄な子育て支援施策や「メイド イン ジャパン」の成長戦略等が進むように個人、法人に活用して頂きたいと思います。



 長寿会新年会と 父の92歳の誕生日会を

今日は、午前中は羽村市交通安全推進委員会の出動式が開催され、式典を富士見小学校の金管バンドが盛り上げてくれました。

金管バンドのメンバーの方の人数の多さに驚きました。

この式典、毎年ものすごい寒さなのです。


これまで堪え難いほどの寒さで、委員会の皆さまは式典の間中立たれたままでコートも着用されず大変だな思っていました。

今年は、昨年の多摩国体の開催に併せ改修されたお陰でスポーツセンターに暖房が入るように…。有り難いの一言です。


年々交通事故は減っていますが、重傷者が増え、自転車事故が増えています。

これまでの推進委員会の皆さまのご活躍に感謝致しますと共に、今年1年の無事故をお祈り申し上げます。


お昼から、長寿会の新年会にお招き頂き、参加させて頂きました。
寒いなか、会場は一杯です。

色々な方と懇談させて頂くなかで、80代の方から、
「これまで生きて来て思い出に残るのは、30歳の時、箱根駅伝に出られた事。勉強なんか関係ない」と。

「経済の幸福学」が注目をされ、お金の使い方でも、
ものの消費に使っても幸福度は一瞬。


でも、経験にお金を使うと、長期間幸福感を感じるとのこと
ことでしたが、通じるものを感じました。

ビンゴで盛り上がりましたが、当たらなかった方にも
みかんを配られ、責任者の方の配慮に敬服しました。

夜は1日早い父の92歳のお誕生日会を開き、家族4人でお祝いしました。
「人間90代まで生きないと、分からない人生観があるんだよ。」
という父の口癖です。1日でも長く元気でいて欲しいと願っています。

第16回 羽村地域教育シンポジウムと 大正琴の演奏会

今日は午前中は、武蔵野小学校の学校公開に足を運び、
体育館での3年生の、皆と手をつなぎ左右後ろへ飛んでいる子ども達、とっても元気で楽しそうでした。

お昼から父と一緒に母の施設へ。母もとっても元気そうでした。

一足先に帰り、
午後から第16回 羽村地域教育シンポジウム
「はむらの未来を創造 想像 しよう!」というテーマで
小学生、中学生、地区委員会や教育委員会、先生、民生委員の方々など関係者の方勢ぞろいで、

寸劇あり、グループ討議あり、発表ありで、未来の羽村について議論されました。

関係者の皆さま、大変な企画お疲れ様でした。

.

.

.

その後3時からの郷土博物館でのお正月飾りと大正琴の演奏会を鑑賞後、敷地内の下田家のまゆ玉かざりを見学。


これまで、「お正月飾り」は展示だけでしたが。初めて大正琴との融合を取り入れられ、2、3mの間近で響く琴音色が体にビンビンと伝わり感動で、涙が出ました。


さくらさくら、黒田節、富士山、春がきた、ふるさと…等々。
曲も最高、日本人だな〜としみじみ。とても素晴らしかったです。
演奏とともに、歌わせて頂きました。

季節の展示と大正琴が、これほどピッタリと合うとは驚きでした。
母に聞かせたかった〜と思いました。機会があれば、挑戦します。

郷土博物館の敷地内にある「旧下田邸」は、
実際170年前まで住んでおられた家を未だ、住める状態で展示されています。江戸の末期ごろの家でしょうか。

今日は囲炉裏に薪がくべられ、奥の和室には「まゆ玉飾り」が展示を。
昔の家の持ちがいいことに驚きます。
囲炉裏を囲むと、とても心が落ち着きます。

また、昭和20年代の生活を再現された展示は見物です。


その後、再び教育シンポジウムに戻り、最後の発表を見学しました。
今日はお昼は忙しくて食べる時間が無く…。
やっと5時過ぎに帰宅し、食事にありつけました。

それから、家族の食事作りです。

明日も寒くなりそうです。お気をつけて下さい。

骨格矯正•体質改善してくれる靴

本日午前中、お会いした方から、ベ◯シュの靴のお話を伺いました。

靴とマッサージでの足の管理の相乗効果でどこが悪いのか判断でき、

骨格の矯正・体質改善を可能とする靴で、外反母趾、腰痛、坐骨神経痛、肥満などを、足管理と靴で改善されるそうです。

足に合わせたオーダーメイドではなく、

健康に改善していくための靴で人気上昇中とのことです。

これからの物づくりは、異業種との連携、付加価値を付けることで

新たな価値を見いだした商品が、まだまだ広がっていくと感じました。


一石二鳥、三鳥も兼ねたものづくりが進んでいくことを願います。

その他、様々な市の施策に重ね合わせてお話を伺い、大いに参考と刺激になりました。

===


さて、今日は羽村東小学校の書写展、午後に足を運びました。

低学年の子ども達でも鉛筆書きの字が模範のような字の作品も沢山ありました。

(残念ながらカメラ忘れ)


学校と云えば、浜松内の小学校で多数の児童が嘔吐(おうと)や下痢などの症状を訴え、学校閉鎖が相次いだ問題で、市保健所は17日夜、給食のパンについたノロウィルスが原因の食中毒と発表されたと新聞報道されていました。

外注のパン工場からとは。

今、食品偽造問題や、冷凍食品への農薬の混入など、

食の安全が脅かされているなかでの、今回のノロウィルスの集団発生は

益々子ども達が不安になるような残念な事態となっています。

改めて基本に戻り、決められたことを着実に実施して行くときなのかもしれません。




北米大寒波のなかで、日本では

今日は小作駅の駅頭からスタートです。

都内ではマイナス4度といっていましたが、
多摩地域はどうだったでしょうか。


市内のあるお宅では、窓のガラスが凍って開かないとか、

つららが窓のサッシの所に出来ていたとか寒い情報が….。

手足は冷たかったですが、お腹のホッカイロが効き目を発揮してくれました。

北米で記録的な大寒波が発生しています。

ニューヨーク州とニュージャージー州は非常事態宣言を発令し、

市民に対して外出を控えるように呼びかけています。


数日間で寒気団は北米から離れると予想されていますが、

次の寒気団の発生も観測されているので、

今後も当面は記録的な寒さが続くことになるようです。


日本でもロシアの方から物凄く冷たい空気が流れ込んでいるようですし、

当面は世界各地で寒さに注意が必要ですね。


朝の駅頭の後、毎日の日課となっている子ども2人を保育園への送りへ。その後
今日は会派で3月議会に向けて検討です。

打ち合せは予定より早く終ったので、チャンスです。

これまでなかなか出来なかった事務手続きを終え、父を誘ってお店に自転車を見に行きました。

最近父が「もう自転車は、足が地面につく小さいのにしようと思って」と云っていたからです。怖いと感じた時は、変えるとき

まだまだ父には元気でいてもらいたいので…。丁度いい自転車が見つかり

あと4日で92歳になる父の誕生日プレゼントにしました。


夜は会合に。韓国の青年の体験談に感動しました。平和を願う庶民の思いに国境はないと思いました。さあ、明日も寒さに負けず、頑張ろう!


はむりんの商品化が進んでいます

本日は、とても冷たい空気のなか、羽村駅東口五ノ神会館にて、

10時〜15時まで献血を行っていました。

ほんの少しの私にできるボランティア活動として行ってまいりました。本日51番目でした。

市民相談のあと足を運びました。


さて、「はむりん」の商品化が進んでいます!

可愛いカップですね。欲しい! という声が聞こえてきそうです。



はむりんとほっと一息!
価格 1,500円(税込)
取扱い 就労継続支援B型ワークアップ 運営法人 株式会社 友心
所在地 福生市武蔵野台1丁目11番7号
電話 042-513-7132

はむりんの商品化をする事業所を募集しています!

http://www.city.hamura.tokyo.jp/cmsfiles/contents/0000006/6313/chirashi.pdf


「地域包括ケアシステム」と「商工会青年部賀詞交歓会」

今日の午前中は、党本部での「議員総会」に出席させて頂きました。


午後から衆議院会館に移動し、今後の社会保障が成功するかどうか
がかかっていると云われている「地域包括ケアシステム」についての
公明党の地域包括ケアシステム推進本部の第1回会合が開催され
全国から公明党議員が50名が集い参加させて頂きました。


厚労省から今後の地域包括ケアについての10年間の流れや

方向性を説明して頂いた後、それぞれの地方議員などから、

活発な質問や意見交換があり、

それぞれの課題についての熱い議論が交わされました。
現場を踏まえた公明党ならではの有意義な語らいの場でした。

夜は、「羽村市商工会青年部の賀詞交歓会」に議長とともに、
経済委員長にもお招き頂き、出席させて頂きました。


数年前は少なかったという商工会青年部の皆さまも
人数が大分増えて、今日は会場一杯に。

大変頼もしく、若いアイディアを是非発揮して頂き、
家業のご発展とともに、羽村の発展のために今後も
ご協力を賜りたいと思います。時間の許す限り意見交換を。


あっという間に時間となり、もっとお話を伺いたかったです。
お世話になり、ありがとうございました。