Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

商工会の新春経済講演会と賀詞交歓会

今日は小作駅での駅頭から、2人でスタートです。
お天気が崩れていましたが、気持ちは張り切って。

今日は、公明党の50年の歴史を振り返ると共に、

本年4月から11年ぶりに値上げされる羽村市の水道料金の状況など、ご理解ご協力をお願いしました。

===

今日は午後から、商工会の新春経済講演会が開催されました。
講師の方は、斎藤精一郎氏で「2014年国際情勢と日本経済を読む」
とのテーマで現実的な日本と世界の経済についてのお話。

講師の方が息子と同じ会社の方で、親しみを感じながらお話を
伺っていると、最初のお話で「今は日本で作ったものを海外で売る
時代ではない。その国に行って、その国にあったものを作らないと
売れない時代」と、帰国した時の息子の話と同じでした。

今日の講師のお話は、アベノミクスが実体経済を本当に動かし、
昨年1年間で株価は57%上がった。
円安で株が上がったのは41年ぶり。
日本は輸出するものはほとんどなく、
円安で利益を得たのは、ほとんど海外で生産し、販売している企業。


その収益の上がった企業が収益を得て、新しい商品を開発している。
中小企業も、企業間で協力しながら、海外に出ていかなければ
高齢化社会の日本にとどまっていても会社の発展はないと。

今年は、株が乱高下しているのは、本年を占っている。
3つのかげりがある。その一つが、3%消費税の増税。


本来、まずやらなければいけないことは、行財政改革。
それを徹底してやって、日本が完全に元気になってから
消費税増税を上げるなら良かったが…。


足腰が弱い現時点での増税は、その後がとても心配。
他、海外の動きなど、目が覚めるような現実的なお話でした。

===

その後の、16時からの羽村市商工会賀詞交歓会では、多くの企業、
商店、銀行等々の方と会話を。
経済委員長としてご挨拶させて頂きました。
参加された皆さま、大変お疲れ様でした。


コメントは受付けていません。