Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

ペットボトル照明について

今日は事務作業をしようと考えていましたが、

主人の今度の土日の変わりのお休みが昨日と今日と知り、急に予定を変更し

家の大掃除をすることに。

主人、息子と私がそれぞれの部屋の掃除と片付けを行いました。

また、来年度のあるポスター作成の推進に、調べたり、電話での打ち合せなど。

<ペットボトル照明>

さて、先日23日のA新聞にフィリピンで、貧しい家の為に

ペットボトルを電球にするという発明が3年前から

活用されている記事が掲載されていました。

あるブラジルの自動車修理工がふと、

「ペットボトルで太陽光を集めたら電球代わりにならないか」

ー と考えたアイディアが、

「ペットボトル照明」を生み出し、

現在フィリピン、インド、バングラディッシュなど計10カ国以上

35万人に活用されているとのこと。

一カ所10分で費用も1個44円足らずという。


1⃣ 屋根に穴を開ける。

2⃣ 漂白剤を混ぜた水を入れた1.5ℓのペットボトルを、

頭の部分が屋根に出るように取り付ける。

3⃣ 雨漏りを防ぐシリコンで、接合部をうめる。

たったこれだけで、晴天時はビックリする程明るい照明(60ワット)の

明るさ。

• 漂白剤を混ぜるのは、水が濁らず輝きを保つため。

• ボトルの蓋に黒いフィルムケースかぶせて、

日差しでふたが劣化するのを防ぐ。こうすれば10年持つなんて

まるでLEDなみ。

しかも電気代は最低限。現在は改良型のソーラパネルで

蓄電し、LED電球を光源とする「夜用」の普及も。

考案者は、特許取得も考えたが、お金がかかるのでやめたそう。

「世界中で喜んでもらえるなら、それで満足」とのこと。


エコの原点を教えて頂いたようです。

私達も見習って、各家庭でこんな工夫をしたら、『日本の電力事情も

大きく変化するのでは』と思いました。


コメントは受付けていません。