今日は、朝9時より、羽村市総合防災訓練が開催され、私は地元の武蔵野公園での訓練に参加させて頂き、最後にご挨拶させて頂きました。

自主防災組織の皆様は前日からの準備。そして当日、終了後の片付けと大変だったと思います。大変ありがとうございました。参加された皆様、暑い中、本当にお疲れ様でした。

本日午後から、防災訓練の反省会に参加させて頂き、その後、あるご家庭にお邪魔させて頂き、ご家族3人の方と懇談をさせて頂きました。

その後着替えて、遊説カーで市内を廻り、街頭を。防災の日を語らせて頂きました。

その後、お通夜に参列させて頂きました。


更に着替えて、息子の家に両親を連れて遊びに。夜8時に帰宅して食事作り…長い1日が終ります。今日1日で何回着替えたでしょうか。6、7回でしょうか。



夜、主人が災害用トランシーバーを買って帰りました。乾電池単三1個で動く省電力で、かなり遠くまで飛ばすことができる
タイプです。今後、更に我が家の防災対策も進めていきたいと思います。

===

.

今年の夏は全国各地で40℃もの記録的な猛暑を観測していますが、
北海道大学 地震火山研究観測センターの専門家のお話を、簡略して紹介させて頂きます。

この記録的暑さは、「巨大地震の前兆である可能性が高い」こと。
過去の記録を見てみると、90年前の関東大震災、18年前の阪神淡路大震災、能登半島地震、東日本大震災などの大地震で、本震が発生する直前の夏に記録的な猛暑を観測していました。

それだけではなく、同観測センターのラドン濃度地震エコーなどの地震前兆を観測しているデータも東日本大震災の前年から大地震の前兆を現在もずっと捉え続けています。

いずれのデータも情報やデータが揃いすぎているため、かなり不気味です。
M9クラスに備える感覚で今のうちに地震対策を充実させておきましょう。

自分の住んでいる場所が震源予想エリア外だとしても、物流の混乱に備えて、最低でも飲食料を1週間分は備蓄するべきです。地震がなければ幸いで「備えあれば憂い無し」で万が一に備えていきたい。
===

大変、重要なご指摘だと思います。これらを少しご紹介させて頂きました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保