Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

「ネット選挙解禁」について

都議選から一夜明け、その状況など改めて….。

公明党議員の全員当選、ご支援をして頂いた全ての皆様に深く感謝申し上げます。

今日から、次の参議院選挙に向けてのスタート。あっと云う間に告示となり、投票日となるのでしょう。気持ちを切り替え、取り組んで行きたいと思います。

。。。

さて、数日前、街を歩いていると、顔見知りのご年配の男性の方にお会いしました。相変わらずの辛口で「議員が働かないから、市も大変だよ!」と初まりました。いろいろなご意見のなかで、「お年寄りには、あんまりお金使わなくてもいいから、若い人を何とかしてやってくれ!」

とのご意見。「ありがとうございます。ご年配の方からそういって頂きますと大変助かります」とお礼を申し上げ、様々なご意見を受け止めさせて頂きました。

。。

そうやって、自分の意見を云える議員を知っておられる方はいいですが、色々な意見があっても全く伝える場や意見交換をする機会が無い方も多いと思います。


やはり食べすぎでしょうか。

そうしたなかで7月4日から始まる「ネット選挙解禁」に向けて、SNS(ツイッター、フェイスブック、LINE)などが注目されています。ネットで投票できるようになった訳ではなく、双方向のやりとりができるようになったことは、ネット利用者にとっては、前進だと思います。

ただし、電子メールに関しては要注意で、候補者や政党が選挙運動用のメール受診を希望してきた人のみに送れます。また、一般有権者は、選挙運動用のメール発信は禁止となっています。

。。。

今回の法改正は、日本で初めての試みであり、ネット情報という全員が見られないなかでの偏った情報発信には、違いありません。しかし、スマホの普及やSNS利用者の広がりから、これまで政治に関心のなかった方も、政治が身近に感じ、関心が湧く方もおられるでしょう。

そういう意味で、政治の世界も「ネット選挙」のなかで、変化していくのではないかと感じています。

…..それでも、昨日も、貴重なご意見を伺い、やはり「直接お会いしてお話を伺うことが一番」と感じた出会いが複数ありました。



コメントは受付けていません。