Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

企業訪問と 3Dプリンター等ものづくりについて

今日は一般質問の通告書の提出を終わり、6番目の質問と決定しました。


午後から市内企業のALMEDIOさんを訪問し、情報交換させて頂きました。身近な企業の方のお話を伺い、有意義なひとときを。商品の製造をお客さんの注文により2日で仕上げるなどの迅速で柔軟な対応に努力されていました。

本日の学びを、市内企業の活性化をめざし、今後の取り組みにも活かさせて頂きます。

===

ALMEDIOさんを訪問

さて、紙に文字やデザインを印刷するのと同じ感覚で立体物を作る「3Dプリンター」は製造業のあり方を変えようとしています。

ものづくりにかかる時間やコストを大幅に抑える効果があり、政府も研究や開発に乗り出しています。

今では10万円の製品が売り出されるなど、アイディアが起業につながりやすくなるため、ものづくりは今後多様化し、思った物の商品化は早くなることでしょう。

今後、3Dプリンターは、ものづくりに大きな影響を与えていくことは、間違いないと思います。

本日、企業訪問させて頂き、工場を見学させて頂きながら、頭のなかに3Dプリンターが思い浮かび、もし、そこに3Dプリンターがあったら、その工程がどのように変化するのだろうと考えていました。

ものづくりの構造が今後大きく変化していくなかで、企業にも常に新しい変革を続け進化を問われていることを実感しました。

そうしたなかで、企業が将来発展していけるための国や地方自治体にもやるべき役割があり、共に学び成長していかなければならないことを感じました。


コメントは受付けていません。