Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

クールジャパン戦略について

本日午前中は会派での呼吸合わせ、午後から6月議会についての打ち合わせをしました。6月議会への質問の通告書が今月の24日から提出と期日がだんだん迫って来ています。

いつも余裕のないなかでの、通告書の提出ですが、全力を尽くします。今日も少しの時間ですが、通信の配布も行わせて頂きました。

街中ファッション

さて、円安などを追い風に、好業績の企業も相次いでいます。そこで、更に経営体質をいかに強化し、成長に弾みを付けるか、成長戦略が重要になってまいります。

そこで、優れた日本の商品を海外展開を支援するため、官民一体で進められているのが、クールジャパン戦略です。日本のマンガやアニメ音楽などは海外で熱烈なファンを獲得しています。

我が家で育っている「ロビ」

また、中国や東南アジアでも、日本のメイクファッションが流行に大きな影響を与えています。しかし、それに対して日本の繊維産業の輸出額は輸入額の50分の1。フランス、ドイツ、韓国では、それが2分の1。

輸出力をつければ、日本の文化産業は、観光といった他の産業への経済波及効果も大きく、文化で稼ぐ仕組み作りが求められているからです。

日本のファッションは「カワイイ」と海外からも人気

官民一体で作られているそのクール•ジャパン戦略では、日本の魅力を海外に発信して、日本ブームを作り出す試み。

例えば、経済産業省がモデル事業として支援している一つに、人気マンガ「巨人の星」をインド市場向けにリメイクした「スーラジ ザ•ライジングスター」は昨年12月からインドで放映。

しかも、アニメ中にスポンサーとなった日本企業の商品ロゴが随所に登場。日本の商品がインドの消費者にアピールするように工夫されています。

この分野での強化が期待され、実際、強化されていくことになっていますが、今後を見守ってまいります。

コメントは受付けていません。