Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

子どもの貧困対策について

今日は車で走っていると暑いくらいで、汗ばむような陽気。洗濯物は1日3回ほど。よく渇いて助かります。ぞうきんがけも1階と2階と階段を拭き掃除。いい運動です。

今日は普段なかなかできない片付けや新聞の整理、事務的な仕事を進めました。

また、今日は市役所では、新年度に向け大きな人事異動の準備をされたことでしょう。お世話になった方々に感謝とまた、違う部署でお世話になります。

さて、今日は銀座を「子どもの貧困対策法」制定を訴えるデモ行進が実施されたとの報道。

私も共働きであっても、子育ての大変さを感じるなかで、片親の方などどんなに大変だろうかと心から実感して来ました。

「2009年10月の厚生労働省発表」の数字によりますと、日本の子どもの相対的貧困率は14.2%で、これは日本の子ども7人に一人が貧困状態にあるということになります。

日本の子どもの貧困問題は、もはや限られたケースの問題ではなく、社会全体の問題として存在しています。

子どもの貧困問題は、国の制度としてしっかり守らなければならないと思います。教育にお金がかからない対策は早急に求められています。ここはしっかりと政治の責任を果たしていかなければならないと考えます。

コメントは受付けていません。