Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

父の通院と 小型家電リサイクル

今日は、国立に父の病院へ。母も水曜日はディサービスがお休みの日なので、3人で一緒に車で出発。途中、立川の妹の家に寄り、母を見てくれることになった姪っ子に、母を預けて国立の病院に。

国立市にて

途中、以前住んでいた昭島などを通りながら、父は「懐かしいな…」と何度もつぶやいていました。考えてみると、ゆっくり両親を連れて、ドライブも久しく行っていなかったなと改めて….

国立では、桜が満開。一ツ橋通りも、交差している道路もお見事。お天気はイマイチでしたが、車の往復でのお花見は、後々まで心の残る1ページとなりました。

夜は会合に参加。今後の課題に向けて前進していきたいと思います。


<小型家電リサイクルについて>

さて、小型家電リサイクル法がこの4月1日より施行されます。現在廃棄処分されている金属の再利用を促進することが目的です。

環境省の3月初めに行った自治体へのアンケートによると法施行を機に小型家電リサイクルを検討する自治体は34%。

その中で、羽村市では昨年の12月議会の私の質問に対し、燃えないごみで回収している携帯電話を含む小型電子機器等の再資源化は、引き続き検討していくとのこと。市では、集まって来た古着についても、売り払いを行い増収対策に取り組むこととなりました。

捨てられているものの中から増収に繋がる対策は、これまでも、引き取り手のない自転車、不要の入れ歯回収などで提案、実現させて頂きましたが、金、銀、レアメタルなどもかなりの増収も見込まれ、他の資源も含め実現できるよう今後もしっかり取り組んでいきます。

コメントは受付けていません。