Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

予算審査と3Dプリンター

今日は羽村駅での駅頭でした。爽やかに晴れ渡る空…しかし、今日の花粉の飛散量「非常に多い」とのこと。マスクをしてマイクをにぎる議員も。最後の締めを語らせて頂き、 終了後、若い女性の方が「公明党応援しています。頑張って下さい」とわざわざ声をかけて下さいました。有り難いことです。

その後、三日目となる予算審査特別委員会へ。 活発な議論が交わされ、一般会計と特別会計の審査が終わり、原案可決で予算審査特別委員会が終了しました。その後、先日ご相談頂いていた方から、無事に新たな展開に進んだご報告を頂きました。良かったです。

3Dプリンターで作られた電気自動車(クローズアップ現代より)

さて、本日のニュースで気になった3Dプリンターについて、世界のものづくりが変わろうとしています。 服、家電、車、臓器…様々な製品を作ることができ、金型を使わずに直接立体の製品を作れるため、安く短時間に好きなデザインでものづくりができるとのこと。

3Dプリンターを持っている会社にお願いすれば、自分独自のものが簡単になんでも作れるように。人工骨まで。立体的にそっくりそのまま作れる技術、今後の産業構造にも大きく影響していく事でしょう。 http://nhk.jp/gendai/?g-20130312-3323

コメントは受付けていません。