Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2013年 2月

事故の多かった所に ミラーがもうすぐ

本日午前中は、3月議会に向けての原稿作り。午後から、会派での調査活動。その後、市役所で行っている確定申告へ。今日はものすごい混んでいて、終了まで2時間かかりました。
その間移動して、ゆとろぎでは羽村市教育研究会主催の「研究発表会」が開催されており、ほんの短い時間でしたが、足を運ばせて頂きました。

小中一貫教育が進められているなかで、これまで積み上げてきたものを一からやり直すことは、子どものやる気を失わせることにも繋がります。いかに繋げ、分かりやすい授業とするのか、みんなで模索する貴重な機会となったことでしょう。

夜の会合で


夜は会合へ。久々にお会いした方など、多くの出会いがありました
また、市内の事故の多い所で、市民の方から是非にとご要望頂いていたところ。やっとここに、ミラーが付きます。あと、もうちょっと。また、今夜は、台湾から3日連続で父の友達(女性3人)から連絡。「もてるなあ〜」と嬉しさ全開でした。

事故が多かったところに、ミラーが...。

人間学と暮らしを守る予算

今日は早朝から羽村駅での駅頭からスタート。雨が降ってきましたが、何とかひどくならずに無事に終了。途中から雪混じりに。9時過ぎからの会合と10時半過ぎから人間学の学習会に。

アメリカの思想家ノーマン.カズンズ氏「人間の最大の悲劇とは何か。それは、死そのものではない。肉体は生きていても、自分の内面で大切な何かが死んでいくーーこの”生きながらの死”こそ悲劇なのです」と。

「自分の内面の大切な何か」とは、本来、自分自身の生命に具わる偉大な力への確信といえるのではないか。「人間として生まれてきたからには、だれにも共通した、尊い”使命”がある。それは、人間を信じ、信頼しあうことではないか。ーー人間としての最も尊い、その信頼の心だけは放棄してはならない」と。

合計378円のアツアツの白身魚の海苔弁当と豚汁セットは意外と美味しかったです

人間への尊敬と信頼、生命の無限の可能性について学ばせて頂き、大いなる勇気を頂きました。

お昼は時間が無くてお弁当を購入。午後から、3月議会に向けての議案について会派学習。3月議会は、一般質問以外にも、厚生委員会、経済委員会にも陳情が提出されており、委員会での審議や予算審査特別委員会で、25年度予算の審議、そして、国から地方自治体に税源移譲されてくる新規条例についての審議など、勉強することが山積みです。

しっかりと取り組んでまいります。

公明党が推進 暮らしを守る(国家)予算は、下記の通りです。

.

浮世の馬鹿は起きて働く

今日は早朝より打ち合わせ。その後議会運営委員会が開催され、3月度の議会に向けての陳情の取り扱いや、審議日程の確認等行われました。

その後、会派での打ち合わせなど。その後は福生警察や調査活動を行いました。

夜、台湾の父の(小学校の同級生の)友人から電話があり、「こちらはホカホカして暖かいよ〜」との声に「羨ましいねえ〜」と父の弾んだ声。段々と同級生が少なくなるとぼやいているなか、よく台湾から電話を頂く3人の中のお一人です。

いずれも女性ばかり。やはり91歳ともなると女性の方が元気なようです。ところで、父が祖母の思い出話としてよく出て来る言葉があります。

埼玉県幸手市の観光

「世の中に寝るよりほかに楽は無し 浮世の馬鹿は起きて働く」通産大臣賞を頂いた大変働き者だった祖母が、いつもその言葉を云って家族を笑わせていたとのこと。

父に云わせると「自分のことより、まず人のこと。模範のような母だった、その母が…その言葉を?」と笑いながらも何か意味があるのだろうと感じて来たと。

幸手市の観光協会で飼われているチャボ

ところでこの言葉の意味、実は『働かないで楽な暮らしをすることがいいのだ、それが幸せなのだ』という意味ではなく、

ここに出てくる〝馬鹿”は 『空手バカ』や『野球ばか』などに用いられる褒め言葉。一途に仕事に打ち込む姿を讃えているということだそうです。

また、休養の大切さと同時に打ち込める仕事を持つことの大切さも込められているのでしょうか。

厳しい時代を常にユーモアを持ち、老いても孫と意気投合する若い精神力を持っていた祖母に少しでも近づきたいと感じるのは、これまた、父の影響なのでしょうか。

さて、ロシアへ落ちた隕石。上空で遭遇した飛行機が、衝突を避けることが出来て良かったです。日々、これまで出会った事の無いような事件や出来事が続いています。嬉しいニュースが続くことを願っています。インフルエンザも流行っています。皆様お大事に。

鮭の稚魚の放流 青梅マラソンの日

今日は、栄小地区委員会主催で(各幼稚園にも声をかけての)鮭の稚魚の放流が多摩川で行われました。豚汁300人分を作り、役員の皆さんがお待ちしていました。

今日は寒くもなく風も無く最高の放流日和となりました。豚汁おいしかった〜との声頂きました。参加者に比べ、作る量が大量だったので、宮ノ下公園で野球をしていた子ども達にも声をかけて食べて頂きました。

アツアツの豚汁はいかが〜?

その後、青梅マラソンの様子見に。青梅マラソンは早朝より盛大に開催。10キロの部と30キロの部では、時間差でのスタート。約1万2千人の参加者で、ゴールまで人が切れる事無く走っておられました。最高齢参加者の80歳の方も。

やりきった思いの皆さんの充実感、応援している多くの方に勇気を頂きました。参加された皆様、 役員の皆様、大変お疲れ様でした!

「羽衣の堰」歌謡コンテスト 開催

明日は青梅マラソンの日。青梅市の街道沿いの電信柱に役員の方が布団のマットレスを巻いて回られています。ランナーを守るためですね。寒いなか大変な作業、役員の皆様お疲れさまでした。

青梅マラソンのコースでは

今日の強風は半端じゃなく、通信を持って知人宅を訪問しましたが、飛ばされそう。途中ゆとろぎに足を運びました。

市内にとってもきれいな梅の花。すぐそこに春が...。

今日は、「羽衣の堰」歌謡コンテストが開催。羽村の歴史を謳った同じ歌を全員が歌って、競うコンテストです。仲間の議員、支援者、知人、友人の方々が熱唱。参加された皆様、運営にあたられた皆様、大変お疲れさまでした。

羽衣の堰、歌謡コンテストが開催

就職フェアと富士見小コンサート

今日は産業福祉センターで、10時より、おおむね45歳以上の方を対象とした「就職支援セミナー」が開催され、多くの方が参加されていました。


.

.

.

.

.

.

.

午後から9社による合同面接会が開催され、「書類選考で落ちてしまう」という方にとって、自分をPRできるチャンスで、直接面接をして頂ける機会となりました。

今回は最高の85名の参加者でした。就労も少し動いているようで、初めての企業参加も。一人でも多くの方の就労に結びつくことを願っています。

同時にゆとろぎでは、富士見小学校のコンサートが行われ、4年生の「もののけ姫」は不思議な世界に入っていくような演奏に心惹かれました。5年生の「上を向いて歩こう」は酔っぱらった先生役の演劇付きで、とっても上手でした。

6年生の全員合唱は、圧倒的な団結の歌。素晴らしいコンサートでした。

その後、あるお店と学校を訪問。一般質問に向け、調査活動を行わせて頂きました。


給食費無料化 始める自治体

本日午前中は、古河市内を散策。駅前には、月極の自転車駐輪場や花桃館があり、そのなかには、市のお土産品、無料のレンタサイクル、名産品の「七幅カレーつけめん」を食べられる食堂がありました。

.

古河市の名産「七幅カレーつけめん」

.

.

..

.

.

.

花桃館で写真を撮ると、現代と昔、大人と小人、カラーと白黒のコントラストが楽しめます

.

.

.

.

.

その後、埼玉県幸手市お邪魔しました。幸手市に比べ、羽村市の方が4千人ほど人口が多く、面積は羽村市の3倍です。


ここでは、25年度から小学校9校と中学校3校で、給食費滞納の無い方に限り、2人目半額、3人目を無料にされる(後から補助金が返る)予定です。その理由は、少子化対策と、他市からの転入を願ってとのこと。
多子の子育て支援策として、今後必要な対策だと考えています。

夕方帰宅、夜は会合へ、その後、JC主催の「児童館へ行こう」をテーマに、児童館を運営されているNPO法人の方とJCの皆様との話し合いの場、交流の場が福生市で持たれていました。

子ども達の育つ良い環境をどのように作っていくのか考える関係者が増えることはいいことだと感じました。今後のこの会のご発展を祈ります。

バレンタインデーの本日、皆様心おきなく過ごされましたでしょうか。

災害時相互応援協定を結んだ古河市へ

古河市役所

今日は茨城県古河市を訪問。雪も溶けて暖かい1日となりました。羽村市と古河市は先日(1/30)災害時相互応援協定を結んだばかり。ともに日野自動車さん繋がりの自治体です。

応援協定について古河市議会公明党市議団の皆様も共に学んで下さり、災害時の意見交換も。

大変有意義な交流ができました。

今後、お互いの交流を深め、他の連携も進めていけたらいいなと思います。

羽村市の12倍という古河市の広大な大地を視察させて頂き、今後の10年後、20年後、30年後のご発展の様子が浮かんでくるような気がしました。古河市の皆様大変お世話になりました。


古河市議会公明党市議団の皆様と共に

一般質問提出と府中の森芸術劇場

今朝は羽村駅にて駅頭でした。マイクを持っている時は良いのですが、黙って立っていると体はガタガタ、凍っていました。

北海道ではマイナス23度とのこと。寒いなんて、甘い甘い!といわれそうです。

鳥さんが朝から元気に飛び回っていました。

確実に春の訪れが...

その後、一般質問の提出に。ぎりぎりまで文言の詰めをしてやっと午前中に、6番目の提出となりました。

午後は、府中の森芸術劇場にて東京都市議会議員研修会が行われ、出席させていただきました。

元副知事の青山やすし氏による講演「自治体と防災ー東日本大震災の反省を踏まえてー」を伺い、議員としての役割も、災害時なども色々有ることを学びました。

途中、頂いた2件の市民相談を進めながら、夕方帰宅。

明日から2日間は茨城県、埼玉県に研修に伺いますので、夜、家の食料品の買いだめに行き、買い物しなくても済むように準備万端に。

       府中の森芸術劇場の庭園にて

雪がちょっと心配ですが、元気に行ってまいります。

今年の花粉の飛散量は平年の5倍〜6倍で、まだ、発症していない人も発症の可能性ありとのこと。皆様お気を付けて。


お雛様飾りとエッグアート

本日午前中は、美容院に。そこには見慣れない光景が…。お店の端にお雛様が飾り付けてありました。商工会も頑張っていて、各お店をスタンプラリーでウーキングするマップを作成中。私も羽村のにぎわい応援隊としてがんばります。

午後からゆとろぎにて、会議のあと同じ会場の展示場で「エッグアート」を観賞。

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ものすごいゴージャスですが、全てが卵のからで出来ているのです。烏骨鶏の卵、ガチョウの卵、うすらの卵など。あまりに素晴らしく、とても、すべてが卵カラで出来ているとは思えません。

2月17日日曜日まで開催されています。目の保養に一度是非ご覧下さい。

.

<映画のお知らせ>

3.11東日本大震災からもうすぐ2年、釜石市を舞台に映画が公開されます。

映画「遺体 明日への十日間」予告編

2月23日全国公開

http://www.reunion-movie.jp/trailer.html