Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 12月

来年度、羽村市の富士見霊園が新しく拡張されます

本年12月議会の最終議会終了後、議員全員協議会が開催され、そのなかで皆さんの関心の高い羽村市の富士見霊園拡張についての概要の説明がありました。

来年度中に建設が予定されていますが、区画墓地合葬墓地(納骨堂)など。

以前私も市民の方からご要望を頂き、議会でも取り上げさせて頂きましたが、市民アンケートでも、意外と区画墓地を希望される方も多く、区画墓地と合葬墓地(納骨堂)を作ることや、より多くの方が利用できることなどを提案させて頂きました。

本年12月議会で、その費用の一部を補正予算が組まれました。(詳細は後日)

===

先日、私のブログを見て頂いた方から、首に掛けていれば1m範囲内、風邪の菌、花粉などウイルスをブロックするというウィルスブロッカーを購入されたとのお話を伺いました。本当に効いてくれればいいのですが…。

今日は、議会が終わり、様々な提出書類や委員会活動のまとめの原稿、報告事項のまとめなど、書類の作成、義母のことで親戚への連絡やら、今後の予定をつめました。

先日の会合でお会いした方に、私の真っ黒になった過去の日程表をチラッと見て頂いたら「何それ?」と大きな声を上げられました。

自分では当たり前になっていることも、他の方から見ると驚かれることでしょう。今回1時間おきに予定を入れられる手帳を頂きましたので、併せて来年使って行きたいと思います。

議員総会とTPP参加について

<議員総会>

本日午前中は、都内、新.公明会館で公明党東京都本部の議員総会が開催されました。皆さんの熱い喝采のなかで太田昭宏議員のあいさつなど。そして、来年の都議選、参院選への出発の会合でもあり、熱気あふれる会合になりました。

全員が団結をして、次の勝利を目指していきたいと思います。終了後、先日羽村市長に提出させて頂きましたが、山口代表にも「防災.減災総点検を実施して」と名をうち、総点検の調査報告をまとめ提出させて頂きました。

地方自治体の予算だけでは、実現が難しく、総点検を通し、様々な課題も見えてまいりました。地域から見えて来る実情をお訴えさせて頂きました。国では、各自治体の予算を、地域では課題は何なのか、現場に即した速やかな対策が求められています。その実現に向け、前進してまいります。

終了後、4人の女性議員で食事しながら情報交換。帰宅と同時に本日頂いた市民相談のことで、関係部署へ。また、賀詞交換会などへのお誘いや、挨拶に回りました。

<TPP参加について>

さて、先日、毎日新聞への14歳中学生の投稿に目が止まりました。「TPP参加、私は賛成です」とあったからです。農家の方のTPP参加への反対が多いなか、農家の投稿者Kさんは賛成だという。

それは「日本はアメリカや中国と比べると耕地面積は少ないが、その分質の良いものが作れる技術がある。外国から安いお米や野菜が入って来ても、質がよくおいしいものなら売れると思う。質の高い野菜を作り、関税の撤廃により海外へ輸入しやすくなった大農家が増えれば、日本の農業は活発になるのでは。TPP参加には大きなリスクもあるが、日本ならこのリスクをチャンスに変えられると思う

とのしっかりした意見に感心しました。ただ、「大農家」が日本で育つのかとは思いますが、海外などの日本人への細やかな技術力、安全性への信頼は日本人が考えている以上に高い評価を得ています。

これから日本人は高齢化のなかで、量はあまりいらないから質のいいものを食べたいと多くの方が云われています。無農薬で質のいいものが、今後売れていくのではないかと思います。日本でしかできないものを、いかに生み出して、育て、売り出して行くか、TPPを生かすも殺すも努力次第となるのでしょう。

日本は江戸時代より、物を大切にし、壊れても直すという循環型社会でしたが、いつの間にかアメリカの文化が入り大量生産、大量消費の時代になってしまいました。しかし、それはやがて行き詰まり、環境を壊さない経済活動、新たな循環型社会の構築が求められているのではないでしょうか。

「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」について

25年度予算要望書を市長に提出

本日早朝より、駅頭にて、挨拶させて頂きました。感謝と決意の挨拶です。

その後、最終議会、議員全員協議会、市民相談のことで関係部署へ。市長に予算要望書提出。夜は会合に参加させて頂きました。
以前からご相談を頂いていたある障がいをお持ちの方々の助成について、東京都のH25年度予算に組まれていることが分かりひと安心しました。
本日の議会で、「職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」が市長部局より提出されました。今回の改正は、東京都の人事勧告で10月の改訂に伴い、(公民格差で、民間給与より1300円、0.32%高いので)今回住居手当を大幅に見直したとのこと。

これまで持ち家で住宅手当(8,500円)が支給されていた(219名)分を0にして、35歳未満の借家の職員(19名)分は8,500円から15,000円に増額するとのこと。この段階で削減額は1900万円。
ところがこれでは1%以上、下がることになり、下げ過ぎなので給料表を0.8%引き上げを改訂されたのです。この部分の予算は1100万円で差し引き800万円の削減ということになります。

夜の会合の帰りに出会いました。


持ち家で住宅手当が出ているなんて、昔は大企業で一部あったかもしれませんが、今は大企業でもごくわずかだと思います。財政が逼迫している自治体では、無くなるのはむしろ当然です。それが、東京都の人勧に併せて、給料表に引きすぎた分を再配分されているのです。給料表が上がると、期末手当や退職金も上がることになります。

私は、今回この再配分される分は、今後市が「行財政改革基本計画」のなかでやろうと計画している「年功的な給与上昇を抑制し、査定給制度の導入について検討を進めること」「職員が努力し、成果を挙げれば給与で報われる制度としていくこと」(以前の議会で提案)などの費用に当ててはどうかを提案しましたが、今回はこのまま進めるとのこと。
市の職員給与の地域手当が国の基準より高い(国6%、羽村市12.5%を今回12%に下げます)ことで、国からの交付税が2千万円以上削減されており、交付団体の間のこの削減された分を住民サービスの低下は許されない、やはり職員給与のなかから捻出すべきと以前議会で議論させて頂いていますが、この点は特に今後もチェックしてまいります。
また、羽村市の地域手当の国基準がなぜ低いのかも今後も調査していきます。


衆院選を全国1ブロックの比例代表だと自民大勝にあらず!

もし、衆院選を全国1ブロックの比例代表で行っていたら、自民大勝にあらず!

政党に対する民意を比較的忠実に反映すると言われている比例区に寄せられた各党の得票を、ドント方式で480議席に配分してみました。
各党の比例区得票をもとに、衆議院の総議席480議席にドント方式で配分してみました。
すると、各党の得票試算は、自民136(▲158)、維新100(+46)、民主78(+21)、公明58(+27)、みんな43(+25)、未来28(+19)、共産25(+19)、社民9(+7)、大地2(+1)、改革1(+1)となり、小選挙区比例代表制の結果とは大きく異なってきます。(井出よしひろ氏分析)

国民の民意がそのまま反映できる選挙制度改革が必要と感じます。

暗闇のなかの「火の用心!」お疲れさまです。

今日は、各種報告のまとめ、原稿作り、片付けなどの1日でした。明日の議会に向けての勉強も。
夜、8時30分前に町内会の皆様による「火の用心」の元気なかけ声が、ここ最近の習慣となっています。
細かい行き止まりの道路にも入られて、警備をされています。いつも寒い時期に本当にありがとうございます。地域の安全を守って頂いていることに感謝致します。

日本式サービス戦略で中国反日暴動からの復興

本日の葬儀はあきる野市の斎場で行い、義母の顔は大勝利の笑顔。その後立川の火葬場に移動。家族葬でしたが、親しい地域の方も共に参列して下さり、本日の予定の全てが無事に終了しました。

なかなかゆっくり話す機会も少ない親戚の子ども達とも交流を図れました。新たな気持ちで、明日からまた出発したいと思います。

=====

.

<中国反日暴動からの再起と復興>

ところで、以前ブログでも取り上げさせて頂いた中国で「平和堂」さんのその後の戦いがテレビで紹介されていました。

新たな戦略で、お化粧品など同じブランド商品でセットを作り、価格を併せ1つのブランドでなく、他の幾つかのブランドの商品でもセットを作り売り出したり(そこでしか買えない)、

服飾のコーナーでは、お店のなかでファッションショーをやって人が集まり、終わったらお客さんとモデルさんの交流など、日本式のきめ細やかなサービスを前面に出し、一人のお客さんが、5万10万円の商品を購入を。

様々なアイディアで、平和堂さんでは、売り上げを昨年より40%増とアップされています。中国では、日本式サービスの良さが知られており、それを徹底して活用するという戦略で、4号店まで拡大を。中国での反日暴動より復興を図られています。企業のような迅速な対応は、なかなか難しいかもしれませんが、自治体も学ぶべきものがあると感じます。


日本の政治をリードする「要の党」を発揮

高木みちよさんの演説に聞き入っていた高校生たち

昨日の衆議院議員選挙の結果、公明党は、全国9小選挙区完勝と比例区22議席で、公示前21を大きく上回る31議席を獲得させて頂きました。

12月17日朝4時過ぎに、比例東京ブロック公明党2議席目、高木みちよさん当確の報。接戦、激戦を制しての東京2議席目を獲得。公明党を応援して下さった全ての皆様に心より感謝申し上げます。

今後、公明党が日本の政治のカギを握る「要の党」としての力を発揮していくことになるでしょう。多くの国民の方や、研究所から、一番高い評価を頂いたマニフェストを実現に向けて取り組んでまいります。

本日は義母の葬儀に向けての、親族との連絡、色々な手続き、また、衣類関係の整理、来客の対応などで、1日が過ぎて行きました。



自民圧勝の衆議院選挙

<衆議院選挙の行方>

本日は衆議院選挙の日。自民党圧勝が報道されています。今回の選挙は、これまでの民主党政権に対しての審判が下された選挙だったと思います。民主党政権の政治不信を広げた責任は重いと思います。

外交安全保障も国内問題も、課題が山積しています。かなりスピードを上げて1つ1つを解決して行かなければならない。その為には安定した政治がとても重要です。コロコロと総理大臣が変わるようなことは是非避けて頂きたいと思います。

自民党は野党を、民主党は与党を経験されたことは、良かったと思います。自民党は謙虚さを、民主党は野党だから何でも反対という態度が変わって頂いていることを期待したいと思います。

<身内の死>

主人の母が86歳の生涯に終止符を打ちました。本日は来客の方の対応や、片付けなどに追われました。主人の兄夫妻がしっかりとやって頂き助かります。今後も義母の家には、その後の予定もあり、片付けに関わっていくことになると思います。

来客の方の途切れた時、親族同士で義母の話になりました。今から30年前、義母は子宮がんの末期で、手術をして悪い部分を切除したものの、他に転移しており大変危険な状況でしたが、医者も驚く回復を果し、86歳まで生き抜いた義母。その生命力と生きる執念には教えられるものがありました。

うつ病で尊い命を自ら断ってしまう現代、「何があっても、たくましく生きろ」と云っているように思えてなりません。葬儀は家族葬で行う予定です。

北区で衆院戦最後の1日を

今日は、義母のことを気にかけながらも、どうしても最後悔いを残さないため、北区へ。義母もきっと許してくれるでしょう。冷たい雨が降るなか多くの方にお会いでき、感動があり、今日が一番手応えを感じました。

王子駅そばで、ラーメンも普通盛りです。

地域をぐるぐる回っていたら、先ほど必死でお話させて頂いた方に再びお会いして、またご挨拶。

遅いお昼を王子駅近くの中華屋さんで。どうみても量多いでしょう(写真 セットで700円安い!)ご飯少なめでお願いしましたが、ピリカラッとマーボ豆腐ラーメンもとっても美味しい。やっと体が暖まりました。

夜は「体育協会の納会」に参加。

体育協会で、ある方からお花を頂き、ありがとうございました。奥様が佐世保出身の方など話が弾みました。

終了後、知り合いの方にお会いして帰宅。本日できることをやり抜きました。今日お会いできました全ての方に感謝!

山口那津男・公明党代表

インターネットで「マニフェストマッチ」というのをやっているところがある。20万人以上の人が参加し、政党名を伏せて政策マニフェストの骨子を掲げ、どれが一番いいかを選んだ。

(14日時点で)6項目ある中でベスト3に5項目が入り、そのうち3項目は、公明党が第1位だったんです。専門家にも、一般の人も公明党の政策(評価が)がいい。そう言っている証拠じゃありませんか。(千葉市中央区での街頭演説で)

ある企業の朝礼で

本日は朝7時30分から、ある企業の朝礼で、比例区公明党をお訴えさせて頂きました。その後、引き続き午前中羽村市内、瑞穂町の3カ所で、マニフェスト配り

マニフェスト配りの瑞穂のこの場所の上空は、飛行機の通り道でした。

箱根ケ崎駅では、駅構内に臨時の期日前投票の事務所が設置されていました。進んでいます。投票率を上げる為には、これくらいのことはやらないと…。と思いました。

駅構内に、期日前投票の会場が...

その後、主人の母の具合が急変し、実家へ。忙しく動いて、先ほど帰宅。目まぐるしく変化変化の毎日です。あと1日を全力で。

比例区公明党の街頭演説会が開催

本日はお昼過ぎに家を出て、1時30分より河辺駅で、3時から羽村駅比例区公明党の街頭演説が開催され、高木美智代さん、高木陽介さんが挨拶されました。

河辺駅ではマニフェストが無くなる程、多くの方が見えました。河辺駅でも、羽村駅でも友党の応援がありました。その後、PM6時羽村駅で、7時から小作駅でマニフェストを配布しました。
なかなか受け取って頂けませんが、何とか手で持っていたものは無くなりました。
本日お集り頂いた皆様、風の強いお寒いなか、お忙しいなか、大変ありがとうございました。

夜、8時過ぎ、マニフェスト配布終了時、体は冷えきってしまう寒さでしたが、心は熱く最後までがんばって行きたいと思います。