Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 11月

11/16参議院本会議で成立した法案

竹谷とし子さんのフェイスブックの投稿を以下ご紹介させて頂きます。

☆ 11/16参議院本会議で成立した法案

1.公職選挙法の一部を改正する法律案
(反対会派:生活、みんな、共産)

2.衆議院小選挙区選出議員の選挙区間における人口較差を緊急に是正するための公職選挙法及び衆議院議員選挙区画定審議会設置法の一部を改正する法律案
(反対会派:みんな、共産、社民、みどり)

*一票の格差是正。参議院4増4減、衆議院0増5減に。

3.国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律案
(反対会派:みんな、共産、社民、みどり)

*デフレ時も年金額に物価スライドを適用させる法案。

4.年金生活者支援給付金の支給に関する法律案
(反対会派:みんな、共産、社民、みどり)

*低所得の年金生活者に給付を行う法案

5.財政運営に必要な財源の確保を図るための公債の発行の特例に関する法律案
(反対会派:生活、みんな、共産)

*平成24年度の赤字公債の発行を認める法案。本来は3月に予算案と一体で成立させるべきものです。

6.国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律の一部を改正する法律案
(反対会派:不明 12名)

*国会議員歳費の削減額を増やす法案

7.国家公務員の退職給付の給付水準の見直し等のための国家公務員退職手当法の一部を改正する法律案
(反対会派:みんな、共産、社民)

*国家公務員の退職給付を段階的に民間企業と同等レベルに引き下げる法案

8.地方公務員等共済組合法及び被用者年金制度の一元化等を図るための厚生年金保険法の一部を改正する法律の一部を改正する法律案
(反対会派:みんな、共産、社民)

9.私立学校教職員共済法等の一部を改正する法律案
(反対会派:みんな)

*被用者年金一元化による職域加算廃止に伴う措置

10.自衛隊法等の一部を改正する法律案
(反対会派:社民)

———————————————-
11/14党首討論で総理が16日解散を示唆し、直後から国会が急展開しました。私も財政金融委員会で重要な特例公債法を厳しい日程で進めるため奔走していました。

終盤で多くの法案が成立しましたが、反対会派から審議時間が足りないというクレームが必ず出ます。拙速ではいけませんが、日本が直面する課題の多さを思えば、むしろ、この位のスピード感で他の法案も審議していかなければならないと思いました。

デフレに伴う年金引き下げ、民間に合わせて国家公務員退職金引き下げと、デフレ不況ゆえの法案が並びます。
年金を受給していない世代や、民間からすれば、当然という見方があると思いますが、年金受給している方や国家公務員にとっては痛みを伴う改正です。これを解消するには、民間の賃金が上昇するように不況から脱却して景気をよくしていかなければなりません。

いよいよ衆議院解散。
勝利を目指し全力で戦いながら、日本再建のための政策を前に進めていきます。

市内でもオレオレ詐欺、増えています!

めすらしい紫色のバラの花が

午前中は市役所にいて、突然の来客があったり、献血に思わぬ時間がかかったりで、あっという間に時間が12時を過ぎてしまい、他にも予定していたことを断念。

献血の場所で、知り合いの方にお会いしました。血圧が高く、4回調べて頂いたのに、だめだったとのこと。

その方は、知り合いの方から、「献血をして、定期的に血を抜けば、新しい血液が出来て肌もきれいになる」と云われたのが、行くきっかけになったとのことでした。どうなのでしょうか?

最近お会いした市民の方で、オレオレ詐欺の電話がかかって来たという方が市内でも多いことに気がつきます。
騙された方の共通点は、誰にも相談せずお金を渡してから、本人に伝えておられること。市内の方で、300万を振り込まれた方もおられました。

また、完璧に息子さんからだと思い込まれていた方が、「会社のお金を250万円使い込んでしまったから、出してほしい」といわれ、これまで大変な思いをして大学まで出したのに情けないとの思いがこみ上げ、

「あなたは、自分のしたことは自分で責任とりなさい!この親不孝者!」といったら、「そう?」という返事。それを聞いて「息子ではない?」と気づかれたとのこと。

後で本物の息子さんからお母さんの対応に褒められたとのこと。なかなか減らないオレオレ詐欺、皆さん注意しましょう!


名言

上空を飛ぶ「C130型大型輸送機」

小作駅

今朝は、小作駅での駅頭では、とても冷え込んだ朝でしたが、朝日はありがたい。沢山着込んで寒さは感じません。通勤中のある方から、立川の国立公園で拾われたという銀杏を頂きました。ごはんに混ぜて炊いてみようかな?
さあ、いよいよ戦いの始まりです!

最近市民の方から、横田基地の輸送機が夜遅くまで飛んでいるという騒音の苦情を数件頂きました。私も夕方、大きな輸送機が同じ上空を何度も旋回しているのを目撃しています。今日も1日中飛行機が飛んでいました。

素晴らしい雲に足が止まりました

さっそく市に問い合わせをしたところ、C130の大型輸送機が、輸送のためでなく、離発着訓練をしているとのこと。

横田基地の近隣5市1町の連絡会で、以前から何度も要請活動を行い(地元横田基地の軍属の責任者のところと、国防省に、沖縄でのオスプレイ導入の際や、暴行事件、住宅への侵入事件がある度に)地元の騒音の問題もその度に要請活動し、

また、羽村市市長、副市長が横田基地を訪問される際にも、その都度騒音への配慮など直接要請しているとのこと。


紫紺野牡丹がとても美しい伊藤邸

「国防上の行為であり…」との連絡があるだけで、国として、対等に交渉した形跡は見られないようです。

日米協定によりますと、夜10時〜朝6時までの間は、差し控え時間となっていて、禁止にはなっていません。市内にも2カ所の騒音測定器が設置されていますが、少ないですが、飛んでいる状況です。

一番の問題は、今月からオスプレイが日本全国の基地に配備され、離発着訓練が始まることです。市民の方からも「あの輸送機を撃ち落としたい」との思い詰めるまでの負担を訴えておられるなかで、その比ではなく日本全体が落ち着かない状態になるのではと心配です。

小さくて可愛い「ピアス草」

簡単ではないと思いますが、今後、国または防衛省は外務省を通じ、米国と対等に話し合いを持っていけるような体制への努力が求められます。

今日は、配布物を持って外を歩きながら。途中市民相談を1つ1つ、前に進めさせて頂き、夕方は義母のお見舞いに両親と共に行ってきました。

幸福への道

幸福への道はただ一つしか無い

それは我々の意思の力では

どうにもならない事柄について

悩む事をやめることにある

デール・カーネギー

壮絶な人生を歩まれているFさんから学ぶ

本日は、書類や新聞の整理、12月議会の資料作り、調査活動、少しだけ配布物を配らせて頂く等の1日でした。

今日の国会での党首討論では歴史的な党首討論となりました。山口代表の堂々とした態度・キレのいい弁舌。総理は16日の衆議院解散を明言。12月4日公示、12月16日投票。いよいよ始まるのでしょうか。

さて、本日フェイスブックで友人となった方の人生があまりに壮絶で、ご本人の承諾のもと、以下ご紹介したいと思います。

.


<Fさんの生い立ち>

私は、昭和31年8月25日生まれの56歳です。

私の人生は本当に波乱万丈でした。3歳から小学校入学までは親戚中をタライ回し

にされて育ちました。

生まれは大阪ですが、父の事業の失敗で借金をした親戚に預けられ所謂借金の

担保代わりに鹿児島、和歌山、福井、岐阜の親戚を転々とし毎食事ごとに大人の

顔色を窺いながらいつしか拒食症で生死をさまよったこともございます。

富士山

小学校3年生から新聞配達を始め小学校5年生からは朝刊を配り終えたあとに更に牛乳配達をし両親を支えながら中学校卒業まで続けました。

そんな貧困生活ですので当然中学校を出て15歳で宮大工の奉公に精進しました。

勉強したい!との一念から次年度からは大阪府立今宮工業高校の定時制過程に進みました。そこからが私の勤労学生の始まりでした。

やがて大阪工業大学Ⅱ部の建築学科を卒業し同年同大学の短期大学部Ⅱ部の土木工学科に編入し何とか卒業しました。

仕事の方では宮大工を辞め、鉄工所、設計事務所、現場監督と様々な建築全般を

体で覚え、やがて起業家として成功したかのように思ってたとても生意気な人間に

なっておりました。

わずか19歳で多くの社員から社長と呼ばれ有頂天になってた私は当然の如く、信頼してた人に裏切られ事業に失敗22歳にして2億円の負債を抱え失望と絶望の淵に立たされ、

債権を肩代わりしたヤクザに3日間監禁された経験もございます。その後死にもの狂いで働き、その借金も3年間で返済いたしました。

枚方市にはS57年に中途採用で26歳で入庁しました。

役所の直前の職場は現在では全国に1300校も有する「日建学院」で設計製図と建築設備の講師をしておりました。

紆余曲折の人生経験を若くして通常の人の30年分位で歩むことを11年間で凝縮して覚えたって感じです。日建学院でチョークを持って教壇に立つ前は第2の倒産

(この時は先輩と起業して発起人として取締役専務という肩書で奮闘しておりましたがその先輩(社長)が危ないと思って内部留保のお金を持ち逃げしたために倒産に追いやられました)

で押し寄せる債権者他に毎日朝から晩まで家まで押し掛けられて精神的にもかなりまいりました。

でも乳飲み子の長女のミルク代もない始末でしたので、切り替えの早い私はもう次の日の朝4時に起きて新今宮のあいりん地区で日雇い人夫(土方)で日雇い労働者バスに乗り込み必死でドロだらけになりながら働いて日当6000円を握りしめて急いで粉ミルクを買って帰ったことを思い出します。

昭和56年の冬は本当に極寒の冬でした。私の歩んできた人生のまだほんの一部す。

2010年3月に、53歳にして龍谷大学の大学院法学部を卒業し法学修士をいただきました。

仕事との両立、まして私は建築技術者ですのでまったくの畑違いの学問で本当に大変でした。

ですので卒業式の時は達成感で嬉し涙が出ました。

56歳になった今も尚、特別専攻生として通っております。

専ら教授のサポートや院生の修士論文のお手伝いをさせていただいております。

毎日が、『気づき』と『学び』、そして『つなぐ』の連続でとても新鮮です。

.

とのこと。すごいですね!

人生の苦難は乗り越えるためにあると感じさせて頂きました。


子は育ち、親も育つ。楽しまなくっちゃもったいない

今朝は早朝、羽村駅の駅頭での遊説。少し寒さを感じましたが、本日は3人の遊説を少し早めに終了。

10時から羽村私立幼稚園保護者連合会大会が開催され、参加させて頂きました。

第1部では、市に対しての4項目の要望事項も。私立保育園に通う保護者の費用負担の軽減のための補助金の増額もその1つ。約3万円の保育料とのお話がありました。

私の9月議会の質問で、幼稚園保育料の自己負担の平均は、1人1万800円、2人合わせて1万8千600円、3人目はほとんど無料(条件あり)とのことでした。多分、補助金が後から戻ってくるので、恩恵を受けている感じが薄いのだと思います。


育児漫画家の高野さんの絵


..

第2部での講演会『子は育ち、親も育つ。楽しまなくっちゃもったいない』とのテーマで、

講師は育児漫画家の高野優さん。3人のお子さんの育児や成長の様子を語られる優しい視点の講演を伺いながら、自分の4人の子育てと重ねていました。

特に印象に残った話は、子育ては大変だけど「苦労」とは違うことや、大変な時は回りに助けを求めること等。私も子育ては目一杯楽しんできましたが、それでも苦しいと感じることが度々ありました。特に経済的に。講師の方も同じことを云われていました。

カマンベールチーズのピザがとっても美味しいM邸のピザ!


子育てママのお話を度々伺いますが、その気持ちが良く分かります。でも、最近、子育てに関して回りの反応が「冷たいな」と感じることがよくあります。

「わがまま」と見られることも多いようです。しかし、なかなか云う事をきかない、特に乳幼児のお子さんと格闘しているお母さんの気持ちにも寄り添ってほしいと強く思います。

子育ては自分育て。自分を変えることで、子どもも変わっていきます。そんなヒントを回りが発信できたらいいなと感じました。

シロちゃんとモモちゃん、果たしてどちらでしょうか?

午後から会派での総点検のまとめ。終了後は数件の市民相談のことで、弁護士さんとの連絡や、先日お願いしていた、他市の女性議員との連携で、調べて頂いたことをお伝えに行ったり、新たな市民相談頂いたり。

バタバタと暗くなっても走り回りました。

講演会で声を掛けて下さったヤングママさんや、あるお宅で焼きたてピザをごちそうになったり、町内会のあることで色々アドバイス頂いたご夫妻など、本日も多くの方との触れ合いに感謝の思いで一杯です。

臨時議会とイルミネーション

今日は、午前中は臨時議会。午後から12月議会に向けての会派での打ち合わせ

夕方暗くなって歩いていると、今日からイルミネーションを飾られたお宅に出会いました。まだ、完成はしていないそうですが、その見事さに圧倒されました。

いよいよ、イルミネーションの季節なのですね。

その迫力を伝えきれませんが..。羽村駅そばの森邸です。回りが暗いので、とってもきれいです。

立ち止まって見ていると、ワクワクして、楽しく幸せな気持ちになりました。夢があっていいですね!

市内、森邸のイルミネーション

<羽村市自然休暇村からのお知らせ>

忘年会特別プランのご案内
12月28日まで

一年の締めくくりは、休暇村の‘宿泊付特別プラン’はいかがですか?

八ヶ岳棟・お一人様 5,500円 (市民料金摘要の方)
ご宿泊+夕食宴会+朝食付き

飲み放題 お一人様 1,500円 (別途料金・2時間まで)

  • 3日前までにご予約ください。
  • 市外のお客様は、問い合わせてください。

羽村市自然休暇村

フリーダイヤル(無料)  0120-47-4017
携帯電話の方はこちら  0551−48−4017


花いっぱい運動と環境展の出展者募集

今日は市内いっせい美化デーで朝7時から、近隣の方と共に清掃活動。2つの袋に草が一杯に。その後、花いっぱい運動で、町内会でのチューリップの球根植えがありました。我が家も90歳の父を初め3人で参加。

地元の町内会ではいつも花いっぱい運動では最優秀賞を頂いています。しかし、前回は残念ながら逃しました。それが直接の原因かどうかは別問題ですが、前回は、お花泥棒にあい、30本近くのお花が抜かれています。

誰がどういう目的で盗まれたのかは分かりませんが、人の善意を踏みにじる非常に残念な行為です。

さて、上の写真で、球根が入っている枠が分かりますか? 早く球根を100個数えるための枠を、今回町内会の方が手作りされています。きれいに植えるための手作り道具など毎回工夫があり増えています。

我が家の椿の花

そういうチューリップへの思い入れが、町内会に根付いていて、団結に繋がっています。その団結はかけがえのない地域の財産だと思っています。楽しく参加させて頂きました。

皆様大変お疲れさまでした。

.

<愛の献血>が始まります。ご参加を!

日時: 11月16日(金)市役所正面玄関前

10時〜12時、13時15分〜16時(16歳〜69歳)

<環境フェスティバル出展者募集>について詳しくは下記へhttp://www.city.hamura.tokyo.jp/0000005183.html



青少年健全育成と子どもフェスティバルが盛大に

本日は羽村市では、「青少年健全育成の集い」「子どもフェスティバル」が開催されました。

育成の集いでは、表彰やポスターコンクール入賞者表彰と大島.子ども体験塾の活動報告。

子どもフェスティバルでは、子ども達が中心に、チョコバナナや焼きそば、クレープなどを全テントで子ども達が作って売っていました。陰で大人の方々に支えられて。

この催しは大々的で、拠点の生涯学習センターゆとろぎ館内では、お化け屋敷やダンスワークショップ、手作りおもちゃ教室、かみしばい、プラパン作りなど2日間で30種類のコーナーがあり、晴天のもと盛大に開催され、大いに盛り上がりました。
関係者の皆様大変お疲れさまでした。明日も10時〜15時まで、模擬店以外は開催されますので宜しくお願いします。


今日も市民相談4件のことで、色々と動き、語り合わせて頂いた1日でした。