Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

人と会話ができるロボット開発

本日は1日党の催しがあり、関係者の皆様には大変お世話になり、ありがとうございました。

福生市民会館のツリーです。

さて、宇宙に長期滞在している宇宙飛行士の心を癒やそうと、会話ができる人の形をしたロボットが、来年夏ごろに国際宇宙ステーションへ送り込まれることになったそうです。

ニュースに寄りますと、

東京の大手広告代理店が企画したもので、ロボットの開発には国内の複数の企業が共同で取り組んでいます。
高さ30センチ余り、重さ1キロほどのロボット本体は京都のベンチャー企業が開発し、宇宙飛行士の話を理解する音声認識の機能は大手自動車メーカーが担当しています。
完成は来年2月ごろの見込みで、夏ごろに宇宙輸送船で国際宇宙ステーションに送り届ける予定です。
順調にいけば、来年12月、国際宇宙ステーションで2度目の長期滞在を始める若田光一さんと日本語で会話し、若田さんの心を癒やそうという計画です。
ロボットの開発を企画したプロジェクトチームは、「宇宙ステーションで長期間を過ごす宇宙飛行士は、さまざまなストレスがたまるため、ロボットとの楽しい会話で癒やしを感じてもらいたい」と話しています。

とのこと。そういうロボットが開発されれば、1人暮らしの方や、介護にも利用できるようになりそうです。


コメントは受付けていません。