Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

上空を飛ぶ「C130型大型輸送機」

小作駅

今朝は、小作駅での駅頭では、とても冷え込んだ朝でしたが、朝日はありがたい。沢山着込んで寒さは感じません。通勤中のある方から、立川の国立公園で拾われたという銀杏を頂きました。ごはんに混ぜて炊いてみようかな?
さあ、いよいよ戦いの始まりです!

最近市民の方から、横田基地の輸送機が夜遅くまで飛んでいるという騒音の苦情を数件頂きました。私も夕方、大きな輸送機が同じ上空を何度も旋回しているのを目撃しています。今日も1日中飛行機が飛んでいました。

素晴らしい雲に足が止まりました

さっそく市に問い合わせをしたところ、C130の大型輸送機が、輸送のためでなく、離発着訓練をしているとのこと。

横田基地の近隣5市1町の連絡会で、以前から何度も要請活動を行い(地元横田基地の軍属の責任者のところと、国防省に、沖縄でのオスプレイ導入の際や、暴行事件、住宅への侵入事件がある度に)地元の騒音の問題もその度に要請活動し、

また、羽村市市長、副市長が横田基地を訪問される際にも、その都度騒音への配慮など直接要請しているとのこと。


紫紺野牡丹がとても美しい伊藤邸

「国防上の行為であり…」との連絡があるだけで、国として、対等に交渉した形跡は見られないようです。

日米協定によりますと、夜10時〜朝6時までの間は、差し控え時間となっていて、禁止にはなっていません。市内にも2カ所の騒音測定器が設置されていますが、少ないですが、飛んでいる状況です。

一番の問題は、今月からオスプレイが日本全国の基地に配備され、離発着訓練が始まることです。市民の方からも「あの輸送機を撃ち落としたい」との思い詰めるまでの負担を訴えておられるなかで、その比ではなく日本全体が落ち着かない状態になるのではと心配です。

小さくて可愛い「ピアス草」

簡単ではないと思いますが、今後、国または防衛省は外務省を通じ、米国と対等に話し合いを持っていけるような体制への努力が求められます。

今日は、配布物を持って外を歩きながら。途中市民相談を1つ1つ、前に進めさせて頂き、夕方は義母のお見舞いに両親と共に行ってきました。

コメントは受付けていません。