Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

「住民福祉の向上」をめざして

素晴らしい景観の桧原村役場住民ホール1階の喫茶コーナー

今日は「西多摩地区議長会議員研修会」桧原村役場住民ホールで開催されました。

初めて訪れたホールは、まだ新しい建築で、景観の素晴らしい立地です。秋の深まりを実感するなかで、西多摩地域の自治体議員が一同に会しての研修です。

テーマは「議会改革の現状と展望〜議会の権能強化のために〜」で、講師は山梨学院大学教授 江藤先生でした。

S邸では、種を沢山植えることで、葉っぱが何重にも高くなって

特に印象に残った話は、議会改革目的地域民主主義の実現行政改革の目的効率性を図る。ここを間違えてはいけないこと。

二元代表制のなかで議会に大きな権限を与えられています。調査、研究も大事でしっかりと学んでいかなければならないことや、

O邸の畑から頂いた、香り高い菊の花です。

.

.

.

.

.

.

住民のためにその権限をどのように使うのかを学ばせて頂きました。

また、議員はボランティアでいいのではないか」との声がありますが、海外では日本ほど生活全般を取り扱っている国は無いこと。

ボランティアでは、条例を作ることもできない。また、多様性が無く、お金持ちしか議員になれず、本来の議会の目的である「住民福祉の向上」は図れないなど、議会の役割の重要性を学びました

その後、ボランティアサークル羽村市チューリップGの話し合いが行われました。いつも、エコキャップの回収ありがとうございます。


コメントは受付けていません。