Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 10月

「中国での日本企業の復興劇」と「漆芸展」

今日は月がとてもきれいでした。

昨日の夜の番組「ガイアの夜明け」で、中国で奮闘する平和堂の戦い、反日暴動で、約30億円という大変な被害を受けながら、立て直しを図る社長と従業員の戦いは涙無くして見られませんでした。

中国にも大きな貢献を果たしてきた日本企業に壊滅的被害の惨状。撤退という選択肢もあるのに。

なぜ..という許せぬ思いと現地従業員の思いをしっかり受け止める社長の姿、現地従業員の寝る間も惜しむ復興への45日の戦いには、ただただ敬服しました。がんばって欲しいと心から祈ります。

「光 彩なす」の冊子より

さて、本日より並木恒延 漆芸展」日本橋三越本店本館6階にて開催中です。

恒延氏の作品は何千年も前からあるに、金粉や細かく砕いた貝、卵殻を貼っていくという気の遠くなるような作業を繰り返されて、出来上がった大きな大作は、見るものの心を強烈に引きつけ感動を覚えます。

漆の質感は大変高貴な雰囲気を醸し出しています。写真では本物のすごさは伝わりません。11月6日まで開催中ですので、多くの方に見て頂きたいと思います。

瑞穂斎場組合議会の開催に向けて

M邸のお庭に、ステキなカボチャ..ではなくダンディなハロウィンの飾りです。

<10/29>

本日は、地域防災訓練でお世話になった方々の所にご挨拶回り

そこに参加された方から、「とっても勉強になって良かった。ご近所の方と防災訓練が出来て心強い。楽しかった」とのお声を頂きました。

私も「地域の方の団結が深まった」と感じた時は、感動しました。町内会長さんからも、新たな課題に繋がる関連資料を頂きました。

.

<10/30>

本日は朝の羽村駅での駅頭、手がかじかむ寒さ。体はヒートテックで防寒対策。羽村第2中学校の生徒さん達が校外授業に参加のため、駅には学生さんで溢れていました。

午前中は「瑞穂斎場組合議会」の11月議会に向けての打ち合わせに足を運びました。

11月8日に斎場組合議会が開催されますが、5つの自治体議員で構成されており、議会の細かい規則が各自治体に寄って違いますので、おおむね瑞穂町議会の規則に準じています。

しかし、陳情が提出されても、斎場組合には委員会は設置されていないので、瑞穂町議会での規則が参考にならないケースも。陳情も一般質問もこれまで体験させて頂き、毎回が勉強しながらの議会運営となります。

本日、都議会議員より先日お願いしていた都の問題でのご相談の件、進捗状況など報告して頂きました。こういう連携はありがたいです。夜は妹が我が家に来てくれて、久しぶりの少しの間の懇談を。

ちょこちょこと両親を心配し、食事の支度をしてくれたり、顔を出してくれますが、私は会えない時もしばしば。今日は少しの懇談や情報交換ができ、お互い刺激を受けて、新たな活力に。妹の細やかな配慮に感謝!

市民の声で「地域限定. 防災訓練」が開催

今月に入り、ある市民の方から、「いつも自分はお店で地元にいるが、目の前の道路に消火栓があっても、いざ火災が発生した時使えない。あの消火栓を利用して使えるように講習会を持ってもらえないか」という市民相談を頂きました。

ご要望通り本日午前中、雨のなかではありましたが、消火栓を使っての防災訓練とAEDや心肺蘇生の講習会を開催させて頂きました。

ご相談者の地域と道路の反対側にある消火栓のある場所とは、町内会が違います。

そこで二つの町内会の会長さんに承諾を得て、消防署や市役所への手配。こちらで作成したご案内のチラシを会長さんにお届けしたところ、近隣の組長さんから、回覧板を回して下さいました。

私もご近所の方のところをご案内に歩かせて頂きました。いざ、訓練が始まると、さすがはご近所同士。消防署の方に教

心肺蘇生とAEDの使い方

えて頂きながら「AさんとBさんはホースをお願いします。Cさんはお水を出してください、私はその間の連絡に走り声をかけます」など、声を掛け合われる団結の姿に感動。心がひとつになる瞬間を感じました。

雨の対策も合わせて進め、ご相談者の方の軒下の駐車場を利用させて頂きました。

10名位の予定が20名以上集まって下さり、有意義な地域限定の防災訓練が無事に出来てホッとすると同時に、
ご協力頂いた多くの皆様に感謝の思いで一杯です。大変ありがとうございました!

羽村第三中学校の30周年記念式典

今日は「羽村市立羽村第三中学校の30周年記念の式典」が開催されました。

校長先生のこれまでの三中のキャリア教育や、小中一貫教育、吹奏楽部の活躍などのお話に学校の歴史を感じ、「学校、保護者、地域の三つの力がプラスされた協育について」のお話は印象的でした。

第二部の記念講演に、卒業生で29歳の面打師、新井達矢氏が能面作りの実演も兼ねて講演がありました。

小さい頃、町内会のお囃子の踊りに興味を持ち、彫刻刀と木が身近にあったこと。7歳より、面を彫り始め、故・長澤氏春氏に師事。沢山の作品を作ることが出来たことなど。

ひたむきに作品に取り組まれ、2005年に最年少で国民文化祭ふくい 2005「新作能面公募展」において最高賞「文部科学大臣奨励賞」を受賞されています。

このお面が女性だったとは、怖いです。

在校生にとっても、身近な先輩の活躍の姿は良い刺激になったのではないでしょうか。ここにも、羽村の素晴らしい人材がおられることに大変誇らしく、喜びを感じました。

また、ご相談を頂いていた方のご主人とお会いし、心配していた行方を伺い安心しました。

多くの皆様がそれぞれに関係者の方々と交流が図れ、子ども達を回りで支えて下さる皆様の暖かみ溢れた記念行事の式典となりました。

関係者の皆様、大変お疲れさまでした。その後、ゆとろぎに足を運び、「コールひまわり」さんのコーラスを聞かせて頂きました。



「東京都立 羽村特別支援学校」の公開授業と発表会

今日は「東京都立 羽村特別支援学校」(本年3月に校舎が新築)で午前中は公開授業が開催。午後から「自閉症教育」「特別支援学級と特別支援学校の連携による専門性向上プロジェクト」の推進についての発表会が行われました。

全国から学校の見学に集まって来られています。玄関に入ってまず驚いたことは、下駄箱の間など至る所に椅子が設置され、しかも全体が見通せる高さ、廊下の全てに手すりが。教室の中はキチンと整理整頓されています。

1階が小学部、2階が中学部、3階が高等部と別れ、定員は1クラス小中学級は6名、高等部では8名までで編成。高等部では、男子と女子で分かれて職業訓練を。

言葉だけでは想像ができなかったり、理解ができない生徒さんに対して、言葉に手話のように手で表現を加えたり、で表現を加え繰り返すことで、理解できるような指導です。

見学させて頂き、高齢者の認知症の方への対応にも、活用できることを発見。きっと認知症の方だけでなく、5人に一人が何らかの障がいがあると云われる現代。全ての教育にも通じて行くのでしょう。

充実した施設と指導に、ここに入学できる方は幸せだと感じました。子ども達の成長を祈ります。午後は市民相談の事で、市内を歩かせて頂き、夜は会合に参加させて頂きました。

保育の現状と課題についての話し合い

今日は早朝より、小作駅での街頭。その後10時から、厚生委員会のメンバーと市の「こども家庭部」の職員の方との懇談会を開かせて頂きました。

本年4月と7月に市の私立幼稚園協議会、私立保育園協会の皆様とのそれぞれの懇談会を行わせて頂いた際のご意見、市の考えも含め意見交換する目的でした。

懇談を通し、感じたことは ===

市の私立幼稚園は枠が余り、私立保育園は足りない現状があります。

国でも子育て3法が通り、今後子育て支援にも拡充が図られていくものと思いますが、子育てに関するニーズを的確に捉え、そのニーズに答えていける魅力ある幼稚園、保育園経営に変えて行く、まずは民間の努力が大切だと感じました。

ゆとろぎの外階段に

同時にワークライフバランスの考え方はあらゆる所に必要で、

保育に関わる全ての皆様にも、単なる女性の働き方だけでなく、男性も女性も、子育ても、仕事も楽しめる社会を築いていくことの理解とその浸透を図ることの重要性も痛感しました。

市との情報交換のなかで、認識を新たにできたこと、共通の認識を確認できたことは大きな前進と思います。

これまで保育園、幼稚園から出されている課題と新たな課題をどのように乗り越えていくのか、今後の行方を注視してまいります。

社会保障と税の一体改革、年金について

富士山がとてもきれいに

今日は10時から議員全員協議会が開催され、市役所へ。「任期満了に伴う羽村市選挙管理委員と補充員の選挙について」の件等、承認されました。

朝から晴天で抜けるような空。他の議員の方から「今日の富士山は1年の中で一番きれい」という声が耳に入って来ました。

確かに議員控え室の4階から見てみると、遮る雲が無くすっきりはっきりとした富士山でした。

夕方、ヘリコプターが飛び回りやけにうるさいなあ〜と感じていましたが、どうやら青梅市で強盗事件が発生し、若草公園に犯人が逃げ込んだらしいとの情報。最近ぶっそうな事件が多いですね。

.

ゆとろぎでの文化祭の様子

<社会保障と税の一体改革、年金について>

さて、先の国会で成立した社会保障と税の一体改革関連法では、「年金、子育て分野」に公明党の主張が大きく反映されました。

無年金者対策では、これまで年金保険料の納付期間が25年以上払っていないと年金をもらえませんでした。

今回これを10年に短縮(2015年10月実施予定)、

低年金者対策として、最大5000円の「年金生活者支援給付金」を支給(15年10月)、

基礎年金の国庫負担割合をそれまで3分の1を2分の1に恒久化で、これまでの公明党の100年安心プランの完結がなされます(14年4月)、公務員らの共済年金と会社員の厚生

年金を一元化(15年10月)、

パートの厚生年金適用拡大が図られ、短時間労働者も厚生年金に加入できるようになります。

今後の行方をしっかりと見守ってまいります。

中学生の職場体験

羽村駅にて

本日の朝方まで降っていた雨ですが、羽村駅での駅頭の時は止んでいました。雨に濡れる事無く、今日は3人で無事に終えることができました。

ぞろぞろとリュックを背負い駅に向かわれるご年配の皆様は、山に登られるのでしょうか。お気をつけて、行って頂きたいと思います。


今日は、新聞の整理や書類の処理、雑用を済ませ、市民相談のことで、現場を確認し、なるほどこれは確かに…危険。市への連絡や警察へ足を運び、都のことを都議会議員と連携を図らせて頂きました。

今週は、様々なお店や、商工会、消防署などで羽村第一中学校の生徒の職場体験が行われており、働いている中学生の姿をよく見かけます。

何もご協力できないので、昨日は中学生を受け入れているお店で食事をさせて頂きました。3名の男子がエプロンつけて、1つ1つお店の方に教えて頂きながら、やや、ぎこちなく?働いていました。

受け入れて下さっている多くの市内の商店の方など、大変ありがとうございます。

職場体験の一会場

今日のお天気は、秋雨前線で大変不安定で、降ったり止んだり時々強い嵐のような雨。四国などで被害が出ている模様。被害がこれ以上出ないよう祈ります。

未来の女性の起業家たちへ

<原点を見つめ>

午前中は2つの会合。そのなかで学ぶ人間学。常に自身を向上させ、大きな目的に向かうことの大切さを学びます。忙しい雑事のなかで、ともすると見失いがち。

歴史を学び、先を歩まれた先輩方の思いを、時代の開拓者の思いを決して忘れてはならないと思い起されます。原点をしっかりと確認しながら、自分の課題に挑戦します。

午後から会派の打ち合わせ、その後、数件の市民相談のことで歩かせて頂きました。

<未来の女性の起業家たちへ>

「生活の中での気づき」をヒントに起業される、女性起業家を支援されているWWB/ジャパン(国連や世界銀行が支援する女性のための世界銀行)代表、奥谷京子さんについて書かれた記事に目が止まりました。

起業するうえで、女性ならではの強みとは「戦後の婦人の活動のように、焼け野原になり、なにもかも失ってがっくりきても、女性は翌日から花を売り始める。強さと元気がある」と。

そして「生活密着型で女性ならではの気づきがある。自分が困っているものだったらそれを形にして、みんなで幸せになろうと考える人が多い」こと。

「未熟児で生まれた我が子の病院の肌着がぶかぶかで看護師にサイズが合っていない」と訴えると、「大きくなるまで待って」と云われ、それはおかしいと女性は立ち上がり、肌着で起業された方など。

私の知っている方も、市の離乳食の教室が一杯で、参加したいけど参加できなかった方が立ち上がり、自分たちで離乳食の教室を立ち上げられた方も。

日頃、ヤングママさんから、数々のご相談を頂きます。改善できることと、なかなか改善できない問題もあります。日常のなかで、とても悩んでおられますが、そのなかに、大きなヒントが隠されていると思います。

女性の日常に感じる不満の解消のなかに、新たなビジネスチャンスがあると思うのです。世界的な発見も、ついでにやってみた実験や、常識にとらわれない強い思いから実現しています。

女性の視点での、どうしらたいいのか?悩む事は決して無駄にはならないと思います。

第27回ふれあい福祉まつり

はむすぽジュニアチアダンス

今日は「第27回ふれあい福祉まつり」が福祉センターで開催されました。短時間の開会式のあと、はむすぽジュニアチアダンスによるダンスが披露。(メンバーは小学生を中心に幼児部も合わせて52名)

来年の国体のPRのダンス、「ニッコリファイト」も披露。ユリート君も一緒です。その後、中庭ではお餅がつかれ、それを購入するため長い行列が並んでいました。

会場では、高齢者疑似体験、車いす体験、アイマスク体験をやっていて私も挑戦。

お餅つきの体験を

今回アイマスク体験で感じたことは、目が見えなくなったら、

大変なことに変わりありませんが、一緒に歩いて下さる方の誘導で、回りが想像できること。声をかけて下さる方の声で、誰が声をかけてくれたか分かります。

賑やかな声に雰囲気が伝わってきます。そして、風を感じ、おいしい匂いも伝わってきます。

階段の手すりがあると、階段も上がるのか下がるのかが分かりこんなに安心できること。見えないからこそ、別の感覚が目覚めることも感じられ、発見がありました。

マッサージコーナーも500円で、またお餅つきも少し体験させて頂きました。様々な模擬店でお買い物もし、舞台発表も行われていました。年々福祉祭りが充実しているように感じました。

今日は市民相談を数件頂き、夕方、そのことで歩かせて頂きました。