Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

東京都が自転車安全条例(仮称)の制定へ

東京都が自転車安全条例(仮称)の制定へ

東京都議会が本年度第3回定例会を開会され、
昨日9月25日は各党代表質問、公明党からは野上じゅんこ都議が代表質問に立ちました。
その質問に答える形で、東京都自転車対策懇談会の提言を受けて、「都として自転車の安全走行を目的とした条例の早期制定をめざす」との答弁。

この条例化は、平成23年の第一回定例会での代表質問で公明党が「条例化」を提案し、一貫して自転車問題に取り組んできたものです。
.
.

~悲惨な事故を二度と起こさない~

全国初の自転車安全利用条例を設置されたところは板橋区です。板橋区内での死亡事故の発生が契機でした。事故の内容は、次のようなもの。(板橋区ホームページより)

「横断歩道を渡っていた女性(38)に、坂道を下ってきた男性(31)の自転車が衝突し、路面に頭を強打。女性は救急車で病院に運ばれたが意識不明のまま2日後に頭がい内損傷により死亡した。

男性はペットボトルを持ったまま片手で自転車を運転、下り坂をスピードを落とさずに走ってきた為、女性を避けきれなかった。警察は、男性を道路交通法違反(歩行者妨害)と重過失致死容疑で送検した。

女性は幼稚園児から小学校高学年までの4人の子供をもつ母親であったが、男性には支払能力がなく、賠償保険も未加入だったため、遺族には何の補償もなかった。」これをきっかけに、

板橋区では、自転車事故ゼロ目標を全国的に布告し、戦いを開始されました。

===

自宅付近から見る夕日がとてもきれいでした。

自転車を安全に運転するために、自転車の整備・点検を行い、同時に保険の加入、TSマークの自転車保険が大切です。「TSマーク」は「安全な普通自転車」であることを確認して貼付するもので「傷害保険」と「賠償責任保険」がそれぞれ付帯されています。

自転車購入時、加入する保険ですが、1年たったら継続して点検を行うことで保険も継続されます。自転車利用者の方に是非活用して頂きたいと思います。以前の議会質問に対しTSマークについては羽村市でも推進する」との回答で、市の推進する意向は確認しています。

昨日、羽村高等学校にもお願いさせて頂いた危険箇所。坂道から降りて来たところの交差点ですが、本日小学生の2、3人が自転車に乗って、やはり全く一時停止しないで通り過ぎて行きました。そこは以前、自転車と人がぶつかり死亡事故があった場所なのです。

なかなか徹底は簡単ではありませんが、被害者も加害者も作りたくないと思います。

コメントは受付けていません。