Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

9月議会は4項目の質問に挑戦!

本日は早朝より「議会運営委員会」が開催され、議案、陳情などについて審議され、24年度第3回羽村市議会の会期は、9/6〜9/28までの23日間と決定。私の一般質問は、9/7の午後一番目と確定しました。

.

私の一般質問の通告内容は4項目で下記の通りです。

羽村市動物公園内のビオトープです

1. 重症化予防対策等で国保事業の医療費適正化を

(1) レセプトを活用したジェネリック医薬品の差額通知の現状と目標はどうか。

(2) 今後さらに国保のレセプト分析から医療費適正化や健康増進を図る対策推進を。

(3) 国の助成金を活用した「重複・頻回受診者への訪問事業」と「生活習慣病重症化予防に重点を置いた取り組み」などを行ってはどうか。

(4) 呉市のような重症化予防などの国保事業により、健康増進とともに医療費適正化が大きく図られると考えるが、市の考えを伺う。

(5) 市民に健康手帳を配布されているが、活用は図られているのか。

.

2. 安心して子育てできる環境整備を

(1)  これまで質問してきた、ゆとろぎや図書館、スポーツセンターなどでの子育て支援の目線を入れた取り組みは、その後どのように推進されているのか。

(2)  子育てママのサークル活動などを支援する、情報交換の場の提供は、その後どのように支援されているのか。

(3)  実施計画のなかで「幼・保・小の連携推進懇談会」の運営について交流会の推進などつながりを意識した対応に取り組むとなっているが、現状と課題について伺う。

(4)  保育園の待機児童数は、今年度当初と年度途中はどのような変化があるか。

(5)  市における保育園、幼稚園保育料の自己負担額の平均は、1人の場合と2人の場合それぞれ、いくらか。

(6)  保育園同様、幼稚園に通う3人目以降の保育料も補助金で無償化してはどうか。

(7)  今ある公共施設を活用し、新たに子育て支援の機能を持たせた「子育て支援センター」として有効活用を図ってはどうか。

自ら、実のならない栗は今落ちるのですね!

.

3.はむらんのさらなる利便性の拡充について

(1) はむらんの利用者の状況について、全体での各年度ごとに伺う。

(2) はむらんの乗降調査について、いつ、どのような調査を行い、その結果をどのように反映させていくのか。

(3) 「はむらんの利用の仕方がよく分からないので一度も利用したことが無い」との声を伺うことがある。今後どのように推進しようと考えているのか。

(4) バスの時間に併せたイベントや企業巡りコースなど、はむらんを商工会や観光協会との連携で地域活性化につなげられないか。

(5) GPSをバスに付けて、現在地がわかり、それにより、携帯電話やパソコン等で、あと何分でバスが来るのかわかるようなシステムは、いつどのようにスタートしているのか。

.

4.学校でのがん教育について

(1)  小.中学校で「がんに関する教育」を取り入れ、生活習慣の大切さや、がん検診の重要さなど正確な知識を学ぶ機会としてはどうか。

以上です。

コメントは受付けていません。