Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

Archive for 2012年 7月

ゆとろぎ映画劇場「育子からの手紙」

栄町の緑のアーチのお宅です

今日は昨日に引き続きなんと涼しい1日だったでしょうか。寒いくらいでした。午前中は通信配り。

午後は、ゆとろぎ映画劇場「育子からの手紙」を鑑賞

滂沱の涙が。足にできた骨肉腫と戦う13歳の女の子「育子」と、隣のベットに入院していて足に炎症を起こしたおばさん

そのおばさんの激励により、育子は片足を失うなど失望のなかを何度も立ち上がり、そのおばさんは夫の仕事の都合で、仙台に行きリハビリに励むことに。

市民の方のお庭に

手紙での交流と深い絆。そして、育子が家族と仙台のおばさん家族を訪ねた時は仙台の七夕祭りの日盆踊りと花火のシーンなど。

私が昨年の夏、調度仙台の知人を訪ねた時、たまたま仙台の七夕祭りの前日で、花火大会の日。

以前ご近所に住まわれていた知人はご夫妻で私たち夫婦を歓迎して下さり、映画のシーンとだぶり、花火などまさに見たことのあるシーンで、懐かしいような不思議な気持ちで、映画の世界に引き込まれていきました。

最後は主人公は亡くなるのですが、最後まで前向きに必死に生きる姿に、いじめ問題等で悩んでいる方々など多くの方に見て頂きたいと感じました。命の尊さを実感できる映画でした。

また、ゆとろぎでは西多摩医師会の写真展も開催。どれも本格的な写真で、豊かな感性に、刺激を受けました。

その帰りに昨日市民相談を頂いた方を訪問。夜は町内会の盆踊りが数カ所開催されていて、その1カ所にお誘い頂いており、踊りで参加させて頂きました

今日は雨も降られず、涼しい1日で何だか得をした気分でした。

エコキャップのご協力ありがとうございます

本日は昨日までとは信じられない涼しさで、動きやすいお天気でした。

市民の方のお庭に

市民の方のお庭にものすごい数のキウィが..

午前中は、会派の打ち合わせ。その後市民相談で動いた後、セブンイレブンに設置されたエコキャップの回収ボックスにキャップが入りきれず、45ℓの袋に2袋分溜まっていました。

回収し、本日中間業者に運びました。少しづつ、そこのセブンイレブンでも回収事業が浸透してきたようです。

最近は、エコキャップの回収のメンバーが3人から9人に増えて、当番制で回収事業を行って頂いています。私の出番は少なくなり、ありがたいような、申し訳ないような感じがしますが、久しぶりの回収でした。

この回収事業には、市民の方でキャップを届けて下さる方(多数)と、各回収拠点から中間業者に届けて頂いている方(9名)と両方のボランティアの方で成り立っています。そして、保管場所の提供も。いつもご協力ありがとうございます。

これまでの皆様のご協力とエコキャップの回収により、発展途上国の子ども達の約2,331人分のポリオワクチン代(総合計)となっています。今後も更なるご協力を宜しくお願い致します。

今日は夜も市民相談を頂きました。これから、動いていきたいと思います。


グリーンカーテンの輪

早朝より駅頭に立ちました。とにかく暑い。新しい旗のもと、新たな気持ちで発信させて頂きました。

その後、通信配りに歩かせて頂きました。

.歩いていると、市内で今年は例年から更にグリーンカーテンの輪が広がっていることを感じます。見つけると嬉しくて足が止まります。

栄町のグリーンカーテンのお宅です

.お昼近くに帰宅前に青梅市の農協に向かって車を走らせていると、ステキな南国風のショップに目が止まりました。

汗をかいて喉もカラカラで、吸い込まれるように、気づいたらお店でシークワーサーのジュースを飲んでいました。ちょっと酸っぱいその味は、初めて沖縄を訪れた時を思い出され、ひとときの時間を満喫しました。

そのお店で嬉しく思ったことは、オープンガーデンの天井に黒の農業用遮光ネットを活用され、その上に白い布が張ってありエコに取り組まれていました。農業用遮光ネットは、私も推奨させて頂いているエコ商品の一つです。

天井に農業用遮光ネットを使用されて

午後から、書類や新聞の整理。夕方から再び、通信配りです。今日は facebook 友人からファックスを頂き、エコ関連の情報を頂きました。いろいろな繋がりができて嬉しいと感じた1日でした。

市内福祉作業所の視察を実施

今日も暑いなか、午前中は通信の配布。午後から会派の調査活動の継続です。福祉作業所 ひばり園に訪問。社会福祉法人 そよかぜさんのお話を伺ってまいりました。

ベアリングの仕事です

これまで、障がい者の方の仕事として、どうかと直接ひばり園さんや担当部署等に何度か具体的に提案をさせて頂きました。

しかし、その度に仕事が沢山あり、やる余裕がないとのことでした。

3、4年ほど前、リーマンショックで景気が低迷し、市内企業の売り上げも下がった時、障がい者の方の仕事も減っているとの話を伺って、仕事を何とかしなければとの思いで考えたり、見つけた仕事でした。

アケビのグリーンカーテンの市内U邸

しかし、仕事があるということは良いことだと思っていましたが、本日お話を伺い、この目でその状況を見させて頂き、納得でした。

市内企業の方のご好意で、様々な形の雇用が実現され、仕事も安定して順調。22年度の1人当たりの収入は東京都のなかで第4位。大変恵まれた環境を作っておられ、夢がありました。

このまま順調にご発展されることを祈ります。

その後、そよかぜさんの福祉作業所 スマイル工房にも伺いました。精神障がいの方の唯一の施設です。今後の需要を考えると、更なる課題を感じました。


羽村市立保育園協議会との懇談会

<羽村市立保育園協議会との懇談会>

今日は1日スケジュールが一杯で、朝の遊説も短時間。

9時30分に市役所へ。10時から厚生委員会羽村市立保育園協議会の皆様との懇談会が開催されて

市内8園の保育園の園長先生方が保育園協議会として構成されておられ、委員長としては初めての開催となりました。

園長先生から課題など伺うなかで、多くのお声は、保育園の耐震化が終わっていないあと7園(市立を含め12園中)に対し、ソフト面は今頑張っているので、4園の保育園の民営化とともに、

「安心こども基金」があるうちに、ハード面を1日も早く市でしっかり整えて頂き、安心して保育ができる環境を整えて欲しいなど。

また、保育園でも幼児教育に力を入れていることを知って頂きたいとの思いも伝わってきました。

私も以前富士みのり保育園さんを視察させて頂きました。

その時、死角の無い建物とともに、子ども達の能力を最大限伸ばす取り組み(体操、書き取り、音楽など)に感動しました。

また、震災以降、都が食の安全確保のため創設された「都食品衛生自主管理認証制度」を東京都で初めて認定されています。他の保育園でもそれぞれ取り組まれています。

今後厚生委員会として、本日頂いた課題などに取り組んでまいります。


.

.

<多摩都市モノレール(株)さんへの視察>

点検中のモノレール

午後からは、羽村市多摩都市モノレール建設推進特別委員会の視察。

立川にあります多摩都市モノレール(株)さんに伺い、車庫棟や総合指令棟など見学させて頂ました。

平成10年の開業から13年7ヶ月で乗車人数5億人を達成されました。

その間一度も事故を起こされていないことに、日本の新幹線もそうですが、安全に対する取り組みに敬服致します。

大変お世話になり、ありがとうございました。


人の記憶はどこにあるの?

昨夜は、夏祭りにお招き頂いていた町内会に少しだけと顔を出させて頂いたところ、懐かしい息子の野球のコーチにお会いして、話しが盛り上がりました。

2年後にお庭の完成を目指されるステキなお庭のお宅から

今日はなんと暑い1日だったでしょうか。朝は市民相談から始まりました。温度は朝から33度。クーラーをかけないで印刷の作業をしていたら、滝のような汗が。通信を配っても汗だくで、本当にめまいがするような1日でした。

午後からご無沙汰していた昭島の主人の実家に義母に会いに行きました。この暑さで参っている様子。

.

ところで、人間の記憶はどこにあると思いますか。人間の脳の海馬のあたり?

もしかしたらクラウドのように、記憶は別のところにあるのでは。

本日の日没

内に住むテレビを見ていた子どもが突然行ったことのない外国のある地方を見た時、

そこに以前住んだことがあるという詳しい情報。調べて見たら本当にそんな所があった。

そういうことが沢山あったという事例を通し、過去世があると論文を出された助教授がおられ、大反響。


本当に暑い1日でした

(それが本当だと仮説して)もし、人間の脳に記憶があるとしたら、人間が死んだら記憶も終わることに。

ということは過去世のことを覚えているということを説明できません。

もしかしたら宇宙のどこかに全てを記録されたところがあり、無意識のところで脳はテレパシー?を使って、常時交信ができ必要な時、過去の記憶を取りに言っているのでは。

パソコンの中身は空っぽで、情報のあるクラウドにネットワークがつながっていて、アクセスして情報を取りに行く仕組みが人間の脳の世界でもあるとしたら…? 飛躍しすぎですね!

脳には未だに分からないことが沢山あります。皆さんはどのように考えますか?

日本のものづくりを通して

日本人には、卓越した技術と、もの作りの底知れない可能性を秘めていると思います。

ある高校生は13歳の時からクルーザーを自分一人で作り、今は木の自転車を作られているとのこと。

製作された方は、東京の新木場で工房を構えている、船大工佐野末四郎氏です。

佐野さんのご実家は江戸時代から230年も続く和船造りの8代目。あの世界最高レベルのオランダの王立造船所へヨット造りの修行に出かけ、

帰国後は木造船作りのかたわら、後継者を育てておられます。
佐野さんはこれまで小型のヨット〜大型船まで数々の木造船を作られて。

今回は船ではなく、新たに作られた木製自転車が、世界をあっと驚かせました。その高度の技術のすごいところは、軽さと丈夫さ。総重量が7.2キロほどというから驚きです。
佐野さんは、2009年にドイツで行われた世界最大級の自転車ショー
『ユーロバイク』に“木製自転車”の出品を。

200万円という高額でも、初日に3台の注文が! それからヨーロッパを中心に注目を集め、今度は逆に日本でも評判に。

===

今、世界はGDPという経済指標を基準とした成長を続けています。ここでそれらを問い直し、数十年後を見るのではなく、数十万年先の持続可能な社会を作るために今見直していかなければならないのではないでしょうか。

「環境提言」について解説されたS新聞の記事に目が止まりました。

「生物学でも、たとえ同じ餌を食べ合っていたとしても、お互いが違う方法で競争すれば、かえって繁栄し合うことが分かっているとのこと。

人類も互いを排除し、一握りの存在だけが勝ち抜けるような競争に知恵を絞るのではなく、どうすればお互いが競争的に共存できるのかに知恵を絞るべきであろう」と。

日本のものづくりを通し、市民自ら考え行動を起こし、その人ならではの力を発揮し、地域を変え、共存共栄の道を探っていくことが大切なのではと考えました。

「少年少女球技大会」と「スマートグリットの講演会」

キックボールの試合

今日は早朝より、24年度第48回少年少女球技大会が開催されました。

会場の富士見公園に近づくに連れ、大きな歓声が上がっていました。

ソフトボールとキックボールの部に分かれて、それぞれ2試合づつ開催。

キックボールのように足で蹴る方が点数も多く稼ぐことができます。

低学年の子供たちも大きな声を上げ「どこでもいいからかっ飛ばせ」と声援。どこでもいいなんて、いいですね!

地元のソフトボールチームの勝敗よりも、そのチームが参加できたことに良かったと思いました。明日も試合は続きます。

今日は公園で、クワガタ、カブトムシ、カナブンを探している多くの子ども達に出会いました。一緒にいると、同じ仲間になったように、虫の説明をしてくれます。小さい博士たちの成長を願います。

夜は、沢山会合が重なっていたのですが、以前から申し込んであった「これがスマートグリットだ」のセミナーに出席しました。出席者はほとんどが男性でした。一般の方のセミナーにしては、学者さんの話は難しい。

2時間の講演のなかで、スマートグリットが社会に浸透することで、どういうメリットがあるのか、どういう未来が開けるのかそこまでの話を要求するのは難しいのでしょうか。

今回6月議会で地産地消の電力を推進するスマートシティを取り上げさせて頂きましたが、今回学んだなかで、送電網の電力のロスがいかに多いか。やはり電力の地産地消をどう築けるのかは重要であることを確信しました。


北杜市視察2日目

北杜市の太陽光発電所

今日は北杜市の2日目。午前中は「太陽光発電 実証の杜 北杜サイト太陽光発電所」を見学。

平成18年から平成22年までの5カ年を、北杜市と(株)NTTファシリティーズがNEDOの委託事業として国家プロジェクトを行われていた施設。

実証実験が終わった平成23年4月から新たに市営「北杜サイト」をスタートされています。

北杜市役所にグリーンカーテン


この大規模さは、現地を歩いて見て実感。

水力発電所の(クリーンでんでん)

.

午後から村山六か村堰水力発電所を見学させて頂きました。

街全体が斜面となっており、その斜面に沿って川が流れ、それを利用して複数の水力発電を設置されています。

斜面を流れる水の勢いと水量の豊かさを存分に活用されて、本当に市にあった発電所を作られていることを感じました。

.

.

.

.

.

.

羽村市では、同じことはできませんが、大変ヒントになりました。

2日間、U議員には大変お世話になり、ありがとうございました。

夕方6時過ぎに帰宅。その後、夜の会合に参加させて頂きました。

ホースセラピーについて

数日前はセラピードックを取り上げさせて頂きましたが、今日はホースセラピーについて。自然休暇村での調査活動が終わったあと、姉妹都市である北杜市の同じ会派の議員の方より、小須田牧場に案内して頂きました。

お目めが可愛いね!

心の健康に大変効果があると言われている馬と初めて触れ合う機会を持たせて頂き、よても良い勉強になり、人生観が変わりました。改めて、子ども達など多くの方に馬との触れ合いを経験して頂きたいと思いました。大変、お世話になりました。

体験学習では、馬のお世話も全て含まれています。