Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
羽村市 西川美佐保
nmisaho@yahoo.co.jp

社会保障の負担と受益の「見える化」について

市民の方のお庭に南国風のお花と打ち水のあとが....やはり涼しかったです。

今日も早朝からの羽村駅での駅頭では、ただ立っているだけで汗が出てくるような暑さ。今日の駅頭は3人で。

終了後、帰宅してしっかり体調を整えた上で、今日も市内を歩きました。

夕方、数軒のお宅で涼をとるために行われていたこと。それは、打ち水です。あるお宅では打ち水されたお庭に風鈴が鳴っていて、そこのお宅を通る時、周りは本当に涼しかったです。

さて、今日は、竹谷とし子議員の参議院特別委員会での発言などで、「国民の皆さんに自分の社会保障費にどれだけかかっているのか知って頂くことが大事」と感じ、以下抜粋させて頂きます。


.

..

<竹谷とし子議員のFacebookへの投稿から一部を抜粋>

参議院特別委員会の質疑で、社会保障の負担と受益の「見える化」を提案しました。

政府支出で一番大きいものが、社会保障費です。政府によると、平成24年度の年金・医療・福祉の社会保障給付費予算は、約110兆円。負担額の内訳は、保険料よる負担額は、約60兆円、税と借金による負担額は約40兆円、その他積み立て金等の運用収入、となっています。

現在の消費税収入の約13兆円(地方分含む)を全部充てても不足、再来年以降、5%から10%に上がっても約27兆円ですので、全額社会保障にあてても、まだ不足する状況です。しかも、毎年一般会計分だけでも約1兆円、社会保障費が増えています

給付が増える以上、負担はやむを得ないと思いますが、肝心の給付について、国民の実感が薄い、納得感がない、それが大きな問題だと思っています。

厚生労働大臣の答弁によると、平成21年度の社会保障の給付額は1人当たり平均80万円ということでした。80万円といわれても、「そんなに?」と感じる方が多いのではないでしょうか。
65才以上の方で、平均240万円、それ以外(65才以下)の方で平均約30万円だそうです。しかし、65才以上の方の中でも、「そんなにもらっていない」という方が多いでしょう。

S邸のお花が太陽の光に当り、きれいでした。

たとえば、介護が必要な方が、要介護度4で特別養護老人ホームに入った場合、自己負担を除いて、平均で年間約380万円が施設に社会保障給付費として支払われているのですが、これは保険料と税金と借金で賄われています。
事業者に直接支払われるので、多額の社会保障給付を受けていることを、利用しているご本人や家族でさえ、感じることがないのではないでしょうか。

先日、税と社会保障についてご婦人のグループと懇談したおり、親御さんが要介護4で特養に入居しているということだったのですが、自己負担額以外で、年間約380万円を納税者全体で負担していることはご存じありませんでした。

政府からきちんとお知らせしていかなければ、税金の使い途への理解はしてもらえないと思います。

福生市内から夕日を臨んで


しかも、介護職員の方にお話を伺うと、給料が低すぎるという声が多いのです。それを引き上げるには、…保険料引き上げか、税金・借金の投入が必要ということになります。

こうした財政的な事実を踏まえて、社会保障の給付内容がこれでいいのか、…目を背けずに冷静に議論しなければならないと思います。

しかし、いちいち政府に要求しなければ、こうしたデータが出て来ない、しかも、時間がかかります。これではいけません。
納税者のお金を預かる以上、政府には説明責任があります。
その責任を果たさせていきます。

コメントは受付けていません。